2018年6月14日木曜日

焼き肉パスタ

あんバターサンド
卵サンド
トマトとタラゴンのパン
アイスカフェオレ
注文して待っている時間が無かったから、「ピーターパン」でプレーンのコッペパンを買ってきた。
これを使って今朝は、自作で「あんバターサンド」。
 
朝起きて常温に戻しておいたバターと、自然食品屋で買ってきた美味しそうな粒あん。両方おしみなくたんまり挟んだのを1本。もう1本はしょっぱいのが良いなと卵サラダサンド。
 
津田沼パルコの地下で買ってきた、フランスパンのお店のトマトとタラゴンのパンもスライスして、これは軽くグリルで焼いた。好みでバターを塗りつつ、もぐもぐ。
 
バターたっぷり塗ったあんバターサンドは正義。ほんと正義。
昨夜の前菜盛りの残り
イベリコと水菜のパスタ
コーンスープ(インスタント)
麦茶
ここ数日御馳走続きで、今日は息子と2人の夕御飯。
さらっといきましょうということで、スパゲティにした。使ったお肉はイベリコだったけども。
 
しゃぶしゃぶ用のイベリコバラが1パック冷凍庫に入っていて気になっていたので、これを解凍して薄切りにんにく、新玉ねぎと共にフライパンでカリッと焼いて。塩胡椒して「焼き肉のたれ」入れて、茹で上がったパスタとざく切り水菜と合わせるだけ。うずら卵も1人2個。
 
焼き肉のたれ味のパスタは、東京メトロの情報誌で見かけたレシピ。
材料は適当に変えてしまったけど、「そうか!その手があったか!」と、いつか作ってみようと思っていた次第。
 
もうちょっと厚めの豚バラとにんにくの芽とかにらとか、あとアスパラあたりも似合いそう。
息子も「これいいな!アリだな!」ともりもり食べていた。うん、案外良いよね、美味しいよね。
この手の味だと焼きそばかうどんかになりがちなところ、パスタというのが、また悪くなかったりして。
 
我が家は冷蔵庫に「ジャン」を常備しているのでそれを使ったけど、他のたれでもきっと美味しい。塩だれとかも絶対美味しい。

2018年6月13日水曜日

21回目の結婚記念日

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「カトランベーカリー」の
 チーズパン 1/2個
 クリームパン
湯田ヨーグルト w/いちごジャム
アイスカフェオレ
買ったタイミングが良かったのか、それともじわじわと人気上昇中なのか。
 
昨日の午後、津田沼パルコ地下にパンを買いに行ったら、私の大好きな「カトランベーカリー」のクリームパンが4個も棚に並んでいた。そのうちの2個を買ってきて、「やったー」とだんなと私で1個ずつ。同じお店のチーズパンも買ってきて、それは温めてから半分こした。
 
私の買ってるそのパンコーナーは、各パン屋が店頭の一角を間借りしている風な形で、幅50cmほどのそれぞれ割り当てられたブースに各パン屋が適宜補充に来ている感じ。開店直後の朝イチに行ったら良いというものでもないし、そして商品数も多くはないけれど、でも美味しいパン屋の選択肢がそう多くないこの町には非常に有り難い存在だったりする。
 
大好きなこのクリームパン目当てに、パルコに行く頻度が相当に上がっている私なのだった。
「Bistro Como 食堂」の前菜盛り
カプレーゼ
牛タンと和牛もも肉の低温調理
 w/トリュフ醤油、シークワーサー胡椒、わさびetc
バゲット
 w/バター、ぶどうとポルト酒とスパイスのジャム
ワイン(PICCINI BRUNELLO DI MONALCINO 2011)
今日は私たちの21回目の結婚記念日。
 
だんなは夕飯合わせで帰ってくると言ったけれど今日は平日だし、最近ちょいちょい外食続きだし……ということで、家でお祝いしましょうか、ということに。
 
でも、私一人で御馳走を支度するのはちょっとめんどくさいので、低温調理肉とカプレーゼだけ用意して、前菜盛り合わせは外に頼むことにした。
 
テイクアウトメニューも扱っている地元のビストロ「Bistro Como 食堂」、頼んだらやってくれるのではないかしらと、昨日の昼間に手持ちの大皿持って、「これに盛ってくれますか?」とお店で相談してきたのだった。
 
自宅で3人でいただきたいんです、その日にある前菜類と小さめカットで良いのでキッシュもつけてください、全部内容おまかせで。
でもローストビーフは自分で作ってしまうから外してくれると嬉しいです……と。
 
相変わらず人気の店で、夜に通りかかって覗いても、ほぼ満席であることがほとんど。笑顔で引き受けてくださって、その値段も驚くほど安かった。
 
「じゃ、〇〇円で」
「いやいやいやいや、3人前ですよ?倍くらい取っちゃってくださいよ、だってお皿、大きいよ?」
「えー……じゃあ〇〇円で」
「全然増えてませんけど!?」
 
やいやい言いつつ、お客の方が値を吊りあげるという不思議なやりとりの結果、それでもやっぱり安かった。
ちなみに、通常価格の前菜盛り合わせ(2人でもりもり食べられるくらいあると思う)は1200円、鶏もものコンフィは800円、日替わりキッシュは600円。
ほんと、どれも美味しくて幸せなので、津田沼の住民はもっとこの店を利用するべき……。テイクアウト、じゃんじゃん利用してあげてください。
 
野菜もたっぷりのプレートは、レバーパテのブルスケッタ、鴨の燻製、パテ・ド・カンパーニュ、枝豆のキッシュ。
キャロットラペ、オリーブのタプナード和え、枝豆のガーリック風、ポテトサラダ。
 
緑に黄色にオレンジにとカラフルなトマトが散らされて、茗荷入りのサラダやアボカドも。すごく綺麗ですごく豪華だった。
 
低温調理肉は、US産牛タンと、和牛もも。
今回、温度設定を間違えてしまって(56度設定のはずが、65度設定にしてしまったみたい……馬鹿……)ちょっとウェルダン気味になってしまった。
 
せめてもと、肉バルの「トリュフ醤油」を作ってみたのだけど、これは案外美味しくて、他にも調味料色々用意したのに息子がこのたればっかり添えて肉を食べていたりして。
ちなみに、トリュフ塩をだし醤油を合わせ、甘みづけにメープルシロップ加えたもの。これ、美味しかったからまた次も用意してみよっと。
 
そしてワインはブルネッロ。
 
4月下旬に赤坂見附の成城石井のセールで買ってきたそれは、「イタリア3大赤ワインセット」7990円の1本だった。
 
ロヴェルシ バローロ(通常価格3490円)、ロヴェルシ バルバレスコ(通常価格3290円)、ピッチーニ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(通常価格4290円)だそうで、本来価格2本分の値段で3本買えてしまった感じ?最近我が家はブルネッロが大好きすぎる。これも美味しかった。
 
料理は少しばかり余ったくらいのほどよい分量。
どうやら一番の売れ筋は牛タンだったみたい。またブロックで手頃な価格のがあったら買ってきて低温調理にしましょうか。

2018年6月12日火曜日

ゴーヤーチャンプルー

「神戸屋キッチン」の
 ちぎれるハムチーズ
湯田ヨーグルト w/はちみつ
アイスカフェオレ
錦糸町、駅改札近くにあった「神戸屋」は「ASANOYA」になってしまった。
 
舌打ちしたくなるくらいには、正直、ASANOYAの方はあんまり好きではなくて(味相応以上に値段が高いと思うのね、あそこのパン……)、そして神戸屋は移転(?)して、駅ビル「テルミナ」の地下に小さな店舗を構えている。
 
昨夜、「お店とは逆方向なんだけど」と、店に向かう前、小雨降る中そちらのビル下に寄って買い物してきた。
 
私の今朝のパンは「ちぎれるハムチーズ」。
ちぎれるとは?と思ったのだけど、確かに、数ヵ所でひねった風なパン生地がそこでうまい具合にちぎれて食べやすくなっていた。
 
季節商品にレモン系のパンも色々あって気になったのだけど、昨日はなんだかしょっぱい系のを食べたい気分だったのよね。おいしかったー。
骨なし炙りてびち(缶詰)
ゴーヤーチャンプルー
豚汁
牛すじ飯
ビール(サントリー 東京クラフト ベルジャンホワイト)
数日前に見切り品の島豆腐を買ってきていたところだったので、今日は「それならこれだよね」とゴーヤーチャンプルー決行。
 
一体どんな電波が通じてしまったのか、だんな、今日のお昼は沖縄そばだったそうで。
「ゴーヤーチャンプルーと相当迷ったんだよー」
とのことで、下手したら2食続けてゴーヤーチャンプルーになってしまったかもしれないのを、ぎりぎり回避したらしい。夫婦間の電波が良いのか悪いのか、わからないこの感じ。
 
そう熱心に沖縄料理にはしなかったけれど、そういえば沖縄で買ってきた缶詰も色々あるのでした、と、ビールのアテに「島つまみ 骨なし炙りてびち」も出してみた。
 
このシリーズの缶詰、なかなか凝っていて美味しくて、都内でも普通にわしたショップあたりで買えたりするのだけど、いつの間にか新商品に「ヤギテキ」「中味イリチー」なんてものまで出ていて、「たいへん、買ってこなくちゃ」と思った私。ヤギとかモツとか、割と挑戦的な品だと思う。ちなみに「てびち」は豚足。こっくり味で美味しかった。
 
ゴーヤーチャンプルーは、多めのサラダ油で島豆腐とランチョンミートを焼き付けて。
 
事前に塩と少量の砂糖で揉んでから水にさらして苦味を少し抜いておいたゴーヤーをそこに加えて炒め合わせ、塩と少量の顆粒鶏ガラスープで風味づけ。溶き卵を回しかけて、蓋して軽く火を通したら全体混ぜて、鰹ぶしもばっさー加え和えたらできあがり。
 
ゴーヤーが苦手な人でも、ポークと卵と豆腐で比較的マイルドに食べられるこの料理、息子も「にがーい」と言いつつ、しっかり食べてくれるのだった。
「言っとくけどね?相当ゴーヤー、嫌いだけどね?」
って息子は言うけど、でも食べはするんだから。上等上等。
 
そしてご飯は目先を変えて、じゅーしぃではないけれど、牛すじご飯。
出かけ先でみつけて「なんか美味しそう!」と買ってきた、「福岡名物『地鶏飯』のよかろう 牛すじ飯の素」は、炊きたての2合分のご飯に混ぜて食べるもの。
 
割と汁っぽい具だったから、炊飯の水はなるべく控えて炊いたのだけど、それでも少し、水っぽくはなったかな。
でも牛すじごろごろ、こんにゃくやごぼうが入る具材はこってり濃厚でなかなか美味しかった。
 
このお店はむしろ「地鶏飯」がメインらしいので、今度は地鶏飯の素を見つけたら買ってきてみようかなー有楽町のアンテナショップで買えるかな。

2018年6月11日月曜日

十四代飲み比べ!!

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「ピーターパン」の塩バターロール
ヨーグルト(バニラヨーグルトあまおう)
アイスカフェオレ
今日は月曜日~……で、だんなと息子にはウィンナー炒めて目玉焼き作って、私はそれは抜きで塩バターロールだけお揃いの朝御飯。
 
あちこちのお店の塩バターパンを口にしたけど、今のところ、値段とか味とか食感とか諸々安定してお気に入りなのが「ピーターパン」のもの。今日も美味しかったですもぐもぐ。
錦糸町「LITTLE SAKE SQUARE」にて
 日本酒たんまり
 「角上魚類」の
     刺身晩酌盛り
     あじのなめろう
     こだわりベーコンビッツ入りポテトサラダ
     揚げ茄子の葱醤油かけ
 スティックきゅうり
 うずら卵(燻製&塩)
 生ハムのような食べる削り節
 いかなごのくぎ煮
 
自宅にて
 「角上魚類」の
     4種のり巻き詰め合わせ
 豚汁
 麦茶
月曜日から痛飲するのはいかがなものかと思いつつ、今日1日だけの限定イベントだったので「十四代飲み比べイベント」、これは行きたいすごく行きたいと、だんなを誘って錦糸町の「LITTLE SAKE SQUARE」に行ってきた。
 
参加費は5000円、前回と違って、今日は料理の提供は無し。
リストにある十四代は19時から次々開栓、店長が注いでくれ、参加者全員に行き渡ったら飲み放題解禁、冷蔵庫無内のおよそ90種類の酒もいつも通りに飲み放題……という感じ。
 
食べ物は持ち込み自由で、電子レンジと紙皿とお手ふきと割り箸、あと醤油くらいは会場にあるのを使ってどうぞという風になっていた。
 
で、お店にも6種類ほどのフードメニューがあって、「にぎり寿司8貫」は500円、玉子ポテトサラダ、きんぴらごぼう、春雨サラダなどは250円と良心的なお値段。今日は持ち込んだものでかなりお腹一杯になってしまった。
 
酒の肴をいろいろとね。 だんなもめでたく開栓の19時前には到着できて、そしていそいそと酒の肴を並べてみる。
 
やっぱりお刺身かなと、地元の「角上魚類」でお刺身と、あとサラダ類をちょいちょい購入。
 
家から持参したのは、スティックきゅうり、うずら玉子、いかなごのくぎ煮、そして「生ハムのような「食べる削り節」」。
 
この削り節、素晴らしく「酒の肴」で、とーっても美味しい。
以前青山の酒イベントに行った時に売店が出ていて、試食して「なんじゃこりゃ美味しい!」と買ってきてみたもので、酒の肴にちょいちょい出してはつまんでいる。
 
卓上は、なかなかに良い感じに御馳走が並んで、お酒の進みも捗った。
 
というわけで、今日飲んだもの、こんな感じ。
 
  • 山形 高木酒造 十四代 本丸 秘伝玉返し
  • 山形 高木酒造 十四代 角新 純米吟醸 出羽燦々
  • 山形 高木酒造 十四代 中取り純米 無濾過
  • 山形 高木酒造 十四代 純米吟醸 赤磐雄町
  • 山形 高木酒造 十四代 中取り純米吟醸 播州山田錦
  • 山形 高木酒造 十四代 純米大吟醸 極上諸白
  • 山形 高木酒造 十四代 純米大吟醸 龍の落とし子
  • 山形 高木酒造 十四代 純米吟醸 龍の落とし子
     
  • 長野 尾澤酒造場 十九 Polaris
  • 長野 尾澤酒造場 十九 Diciannove 火入
  • 栃木 飯沼銘醸 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町 T-ND3
  • 香川 川鶴酒造 讃岐くらうでぃ(70度お燗)
  • 和歌山 平和酒造 鶴梅 夏みかん
 
他にも、店長が燗をつけてくれたものや熟成酒を味見させてくれたりのものがあったりして、月曜日からかなり良い感じに酔っ払った。
 
十四代、多分後半に飲んだものはあんまり自分じゃ買えないものじゃなかろうか(十四代自体、あんまり酒屋で見かけないしね)。
 
全部美味しかったけど、一番ツボだったのは出羽燦々かなぁ……次に赤磐雄町。播州山田錦は優等生すぎて、直前に飲んだ雄町に比べると、ちょっとつまんない味に感じられたのが面白かった。
 
最初に飲んだ「本丸」がいきなり透明感のある綺麗な味わいでびっくりだったり。
 
会場はおよそ30人くらいのお客さんだったかな(当然のように満席)。うち女性は5人くらい。飲み比べイベントじゃなくても冷蔵庫には魅力的なお酒がいっぱいで、目移りしながらも十九などはしっかり飲んできた。姿の雄町が最高に好みだったり。
 
あと、面白かったのが「ヤクルト休憩」ってお燗で飲んだ讃岐くらうでぃ。
このお酒、マッコリみたいな乳白色の甘酸っぱい低アルコール酒なのだけど、お燗にすると甘さが抜けてキリッと酸味が尖る喉越しになる。これがたいそうすっきりしていて良い感じで、「ヤクルト休憩」という表現もまた秀逸で。
 
十四代の方が飲みたいと諦めたけど、火曜日以降は「新政」飲み比べだそうですよ。
 
4時間たっぷり満喫して、帰宅してから、会場では食べられなかった(食べ切れなかった)海苔巻きつまみつつ、昨日作った豚汁を。
至福の美味しさだった。

2018年6月10日日曜日

ぐでたまとコロッケと

「アンデルセン」の
 ミルクフランス
アイスカフェオレ
今日の朝御飯は、みんな大好き「ミルクフランス」。
だんなが東京駅内の「アンデルセン」で買ってきてくれたもの。
 
クリームが、夏冬で微妙にレシピを変えているそうだけど、夏モードになったのかしら。なんとなーく、口当たりが軽くなったような気が……しないでもない。今回たまたまだったのかもしれないけれど。
 
今日は台風が近づいて来ているそうで、天気はたいそう不安定。
でも風が強いから、雨がばらばら降ってきても植木鉢の土は案外と早く乾いてしまうので、1つずつ鉢を確認しながら水やりを軽くしてやったりした。
 
バジルも青じそも、タイムもセージもミントもローズマリーもパセリももしゃもしゃ育ってます。
友人が苗をくれたトマトとサニーレタスも。
「マクドナルド」にて
 たまごダブルマック
 マックフライポテト
 ファンタグレープ
 マックフルーリー ぐでたま
私、マクドナルドに行きたいんです「マックフルーリー ぐでたま」が気になるんです……ということで、買い物ついで、家族揃ってスーパー建物内にあるマクドナルドでお昼御飯。
 
なのに店頭についてみたら機械調整中とやらでシェイク系が頼めなくなっていて、しょんぼりしていたら食事中に直っていた。
タイミング悪かったねと、セットメニューを買ってしまった後、改めて「ぐでたま」を注文。
 
公式アナウンスが「ぐでたまをイメージしたスポンジケーキと程よい甘さの2種類のソースが絶品の、混ぜて楽しむひんやりスイーツです。」とあるだけで味の詳細が不明だったこのスイーツ。
 
シェイクというよりはソフトクリームに2種のソースとスポンジを混ぜたようなもので、プリン味かな?という印象だった。茶色くソースがほんのり、ほろ苦。
 
そしてバーガーもキャンペーンで「食べて投票!あなたが選ぶレギュラー争奪オーディション」なるものを開催中。
息子はマックリブ、私とだんなはたまごダブルマック。
 
人気なのは残った選択肢の「てりやきチキンフィレオ」だったらしいけど、我が家ではそれは人気最下位の模様だった。久々に食べたダブルバーガー、なかなか食べ応えがあったのねこれ。
「新宿さぼてん」の
 アジフライ
 北海道コロッケ
千切りキャベツ
マカロニサラダ(スーパー総菜)
豚汁
羽釜御飯
ビール(プレミアムモルツ)
「今日は台風だね」
「じゃあコロッケじゃない?」
「コロッケか……いいな……」
 
というわけで、夕飯は、コロッケ。
揚げるのはめんどくさかったので、「新宿さぼてん」の売店で買ってきた。だって、肉厚で美味しそうなアジフライも季節商品で出ていたんですもの。
 
私はコロッケ1個とアジフライ1つ。
キャベツはだんながざかざか刻んでくれて、手間無しにスーパーのマカロニサラダも買ってきてしまった。
でも、汁物はたんまりたっぷりの豚汁を、これは私が。
 
いつも通りの、豚肉・ごぼう・人参・大根の4種類の具だけを使う我が家の豚汁。食べ際に刻み長ねぎを多めに散らす。
 
これがとっても美味しくて、台風が来ている割にやけに涼しい今日の気候にはぴったりの美味しさだった。
 
明日は夕飯外食で、でもお酒がメインで食べ物は持ち込みだから、帰宅して食べられる豚汁があるというのは、とっても幸せ。

2018年6月9日土曜日

船橋海南飯

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「ピーターパン」の
 ウィンナータコス 1/2個
 北海道ミルクパン
アイスカフェオレ
今朝は「ピーターパン」のパンで朝御飯。
 
「なんか、見たことのない美味しそうなパン売ってるー」
と買ってきてみたのは、「ウィンナータコス」。
 
フランスパンのホットドッグに、チーズやトマト入りのスパイシーなソースをトッピングした風な、けっこうボリュームのある品だった。
これは温めて、だんなと半分こ。
 
少しだけ甘いパンも欲しいなと、ちょっと小ぶりなミルクパンも買ってきた。バタークランチがトッピングされてる風な、ほんのり甘い美味しいパン。
 
冷蔵庫の飲料が乏しくなったからと一気に色々支度したのだけど、冷蔵庫のドアポケットにずらりと3リットルの麦茶、1.5リットルの水出しコーヒー、1.5リットルの烏龍茶、1リットルの紅茶が並ぶのはなかなか壮観。
 
ペットボトル飲料は、私にとっては「外出時に飲むもの」な感覚、ゴミとかの問題もあるけれど何より味が自分で淹れたものの方が美味しいし、幸い茶葉は大量に買い置きがあるし。
 
紅茶は大体アッサムかウバ、でも真夏になったらダージリンも美味しいかな。冷たいプーアル茶というのも、とってもとっても美味しいので、これもレギュラーメンバー。
船橋「MAE963」にて
 パクチー水餃子 \300
 シンガポールチキンライス \780
 生ビール(伊勢角屋ヒメホワイト) \698
今日はどうにも蒸し暑くて、
「なんかさ、海南飯みたいなのがお昼に食べたい。……ロイヤルホストで、フェアやってなかったっけ?」
と、調べてみたら、フェア開催中ではあるけれどたいそう値段が良い感じ。
 
そうじゃなくて、もっと安くてお手軽な感じのがいい、と探してみたら、船橋に「アジアンバルMAE963」というお店があった。
 
船橋で買い物ついでに行ってみますかと、初めてのこのお店に。
 
小さなビルの4階にある、小さなアジアンレストラン。
嬉しいことに国産クラフトビールが生で数種類いただけて、だんなも私も「伊勢角屋」のビールをいただいた。私はホワイト、だんなはペールエールだったかな。
 
中も外もパクチーたっぷり「パクチー水餃子」。たれには豆豉。 ビールのお供にこれも欲しいよと、3個300円の「パクチー水餃子」も注文。
 
ピリ辛ソースに、むちむち皮の香菜たっぷり水餃子。
 
脇にもこんもり香菜が添えられて、たれには豆豉がざくざく入ってた。
 
すごく……良いです……♪
 
そして海南鶏飯にも、皿とスープに香菜が。もう、料理全部が香菜風味。嫌いな人にはしんどいかもね。
 
鶏はふっくら美味しくて、でも添えられた3種のソースは、赤いのがスイートチリソースだったから、それはほんのり悲しかった。
違うのよ、スイートチリソースは違うのよ。
白いソースは生姜塩だれという感じ。黒いのは中国醤油よりも粘度と甘さのある、海鮮醤っぽいもの。
 
ジャスミンライスが風味濃厚で美味しくて、クラフトビールの幸福さもあいまって、満足ランチだった。
シンガポールで買って来た、海南鶏飯の専用だれ類が有能すぎて、使い切る前にまたシンガポールに行かないと。直近では8月に台湾を予定してるから、台湾で買うこともできるかな。できると良いな。
シーザーサラダ(デパ地下総菜)
だんな特製ボンゴレビアンコ
ビール(サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー)
船橋では東武デパートで奄美沖縄フェア開催中だった。ちらりと覗いたけれど夕飯のヒントは得られず、そのまま東武のデパ地下に。
 
「……なんか、"肉"って気分じゃないね夕御飯」
と売り場をさまよい歩き、魚屋を通ったところで、
「あー、ボンゴレ食べたい、かも」
と閃いた。
 
ボンゴレ良いね季節だしねと、あさりを買ってきて、手間無しでサラダ屋さんのシーザーサラダも200g強。
ベランダで栽培してるパセリとイタリアンパセリをがっつり使って、だんながボンゴレビアンコを作ってくれた。
 
塩味ぴったり、ほどよくオイリー。
私や息子からしてみると、辛く見積もっても80点台は余裕の美味しいボンゴレだったのに、だんなは「まだまだ、このくらいだと70点台前半」だそうで。
 
オイルが足りなかったかな、お店のものって相当オリーブ油使ってるんだねーなんて話しつつ、やっぱり80点台余裕だよね?と思いながらつるつる食べた。

2018年6月8日金曜日

ごちそう肉サラダ

「ランチパック」の
 コロッケとたまご(のコロッケ側)
 りんごジャム&ヨーグルトクリーム
アイスカフェオレ
だんなと息子が早出の今日、ささっと食べられる朝食を……ということで、今朝はランチパック。
 
ビーフカレーは1切れずつだんなと息子に。「コロッケとたまご」は1切れを半分こして出し、あとは好きに食べてねと「りんごジャム&ヨーグルトクリーム」、「ダブルミルク(大阿蘇牛乳入り)」。
 
で、まあ残った開封済の2種類を適当に数時間後に食べたのだけど。
 
「あれ?これ、コロッケだけで卵入ってないぞ?」
と思ったら、「コロッケとたまご」の方は、「コロッケ・ソースとたまごフィリングをそれぞれサンドしました」という品だったのね。
 
うっかり、だんなと息子に「ただのたまごサンド」を食べさせてしまったことに気付いたのは、もう遅すぎる頃合いだった。
 
りんごジャムの方は、とってもあるあるランチパックな味わい。
なんかこう、ちょっと、駄菓子っぽいところも嫌いじゃないのよ。
ポテトサラダ(スーパー総菜)
生鱈のポワレ 海藻バター
低温調理イチボを添えたほうれん草のサラダ
バゲット w/パテドカンパーニュ
赤ワイン(ロッソ ディ モンタルチーノ)
今日は歯医者に行って、帰りに「ロハル」でお買い物。
 
調味料とか乳製品あたりはいまいち弱い感があるけど、肉と魚と野菜果物は悪くなくて、というか、むしろ安くて良い感じなので最近気に入っている。
 
で、真空パックの和牛イチボ肉の前で、悩む私だった。
「ぬぅ、3割引……魅力的……でもちょっと御馳走に過ぎるかな……」
今日はだんな、帰ってくると言ってたし。美味しい夕食支度したいし。 でもちょっとこれは豪華すぎ……?と思ったけど、3割引で2000円台のブロック肉なら、まあ、そんな贅沢でもないよねと籠の中に。
 
メインディッシュにするには心もとない分量だったから、サラダのトッピングにすることにした。
 
メインは、「エシレの海藻バターがあるから、これ、使ってしまわなきゃ」と生鱈の切り身を購入。粉をはたいて焼いてから、仕上げに海藻バターで風味づけ。
 
じゃあ飲み物は赤ワインかな、瓶詰のパテ・ド・カンパーニュがあったよなー……と、だんなに帰りがけ、バゲットを買ってきてもらってそれも食卓に出した。
 
御馳走かな?御馳走だな。
 
滅多に買わない(買えない)クラスの和牛の低温調理は、外食で食べるその手の料理に全然負けてないリッチな美味しさ。
サラダほうれん草とトマトと合わせ、ベーコンを使った温かいドレッシングは、ベーコン炒めて酢と醤油と砂糖を加えたもの。簡単だけどこれがとても良い感じ。
 
鱈も美味しかったけど、肉の美味しさでかすんでしまったかな……と思いつつ、ワインは春あたりにデパートで買ったロッソ ディ モンタルチーノ。ちょっと冷やした方が良いかと夕方から冷蔵庫に入れておいたのだけど、これ、入れない方が美味しかった気がした。思っていたよりもライトな口当たり。

2018年6月7日木曜日

豚とアスパラ

イングリッシュマフィンのBLTサンド
湯田ヨーグルト w/はちみつ
アイスカフェオレ
今日の朝食は、イングリッシュマフィンサンド。
レタスもトマトもあるしということで、ちょっとリッチな感じにした。
 
半割にして片方にはチーズ乗せて焼いて、刻みベーコン炒めて、卵はスクランブルエッグ。あとはレタスとトマト、レタスの上にマヨネーズ。朝からボリュームのあるサンドイッチができた。満足。
ズッキーニのラブパクチーソース
アスパラと豚ロース肉のピリ辛醤油炒め
かき玉汁
羽釜御飯
麦茶
季節が限られるホワイトも普通のグリーンのも、どちらも私の大好物のアスパラガス……なのだけど、この野菜、ハズレを買うと表面の皮をそこそこ剥いてもやたらと繊維っぽかったりしてがっかりな事もままあったりする。太ければいい、細ければいいというものではないのもまた難しく。
 
「でも、これは美味しい気がする!多分だけど!」
スーパーの5品498円だかだった野菜特売コーナーに置かれていた細めのアスパラは北海道産?だったかな?なんとなく「これは美味しい」という天啓を受けて、2束買ってきてみた。これを使って、今夜は豚肉アスパラ炒め、ちょっとだけ中華風。
 
アスパラはにんにくと共に塩炒めにして除けておき、にんにくをソテー。香辣脆と紹興酒、砂糖、醤油、オイスターソース、次々加えてざざっと炒め、最後にアスパラを合わせればできあがり、と。とっても簡単。参考にしたのは豚肉ではなく牛ひき肉を使った炒め物のレシピだったけれど、豚肉でも遜色なくおいしくできた。同じ味付けで鶏肉+カシューナッツとかでもきっと全然おいしい。
 
昨夜のズッキーニの炒め物のあまりも出して、白飯の進む夕御飯。
 
そしてアスパラは繊維っぽくなく、期待通りのシャキシャキ食感で大満足だった。
そうそう、こういうアスパラ炒めが食べたかったのよー……ということで、今日のメインは豚というより、むしろアスパラ。

2018年6月6日水曜日

いわしを蒲焼き

「麻布十番モンタボー」の
 北海道牛乳パン
ヨーグルト(チチヤス 瀬戸内レモン)
アイスカフェオレ
これが最後ですよの「麻布十番モンタボー」の牛乳パンが今日の朝御飯。
 
「けっこうイオンモールとかに入ってるらしいんだよね……うちの地元にも来てくれると良いのに」
なんて話しながらもぐもぐ。ちょっと甘めではあるけど、たまに食べる分にはその甘さが好ましい。
 
で、割とどのフレーバーでも安定の美味しさのチチヤスヨーグルト、今日は瀬戸内レモン。これもまた安定の美味しさ。
(バニラヨーグルトの黄金桃が、なんというかもう、なんでお前これ作ったしと訴えたくなるくらい、好みじゃなくてですね……)
ズッキーニのラブパクチーソース
いわしの蒲焼き
牛肉じゃが
なめこの味噌汁
羽釜御飯
ビール(ヱビス 華みやび)
水曜日は夕飯合わせで帰るよとだんなに言われていたので、今日は肉料理魚料理、あれこれ揃えて真面目に料理。
 
お値打ちいわしは魚屋で開きにするところまでしてもらって、蒲焼きにしてみた。粉をはたいて両面こんがり焼いて、醤油と味醂で甘じょっぱく煎りつけて。仕上げに白ごまと、刻んだ青じそ。もしゃもしゃとベランダで育ち中のしそなので、多めに刻んで乗せてみた。
 
アメリカンビーフの切り落としは息子好物の肉じゃがに、ズッキーニはにんにくとオリーブ油で炒めて、「LOVEパクチーSAUCE」とマヨネーズを半々で合わせたものを脇に添えて。
 
そしてなめこの味噌汁も用意した。
うん、今日の私、そこそこ頑張ったわ。この頑張りを毎日は……無理なんだな!(いや、だんなが毎日夕飯合わせで帰ってくるなら頑張るけども)
 
ビール飲み飲み、今日の夕飯は割とこう「日本の家庭料理」風。いわしも美味しく焼けていた。そしてビールには、例のパクチーソースが素晴らしくお似合いで、あ、やっぱりこれ買って良かったわ、なんて。
 
どこで買えるのかなと調べたら、DEAN&DELUCAとかPLAZAとかで買えるそうです。なるほど、確かにそういう方向のお店に似合うアイテム。

2018年6月5日火曜日

ジンギスカン風

「麻布十番モンタボー」の
 サフジュチーズ \204
 北海道牛乳パン 少し
アイスミルクティー
ヨーグルト(バニラヨーグルト 黄金桃)
まだまだあるよの「麻布十番モンタボー」のパン、今朝はチーズクロワッサン的な「サフジュチーズ」。
 
これ、店頭で焼きたてのを試食販売していて、それがおっそろしく、美味しくて。
 
さすがに冷めてしまうと焼きたてのあの美味しさとは違ったものになったけど、それでもカリッと温めてみえばなかなか美味しくて。チーズゆえか更にバターも入ってるのか、噛むとじゅわっと乳脂肪が染み出てくるようなリッチな味わい。
 
ほの甘くてしっとりふわふわの、みんな大好き牛乳パンもちぎって食べつつ、今朝はアイスコーヒーを切らしてしまったので濃いめに淹れたアッサムをミルクティーにして。
玉子豆腐
人参とニラのジンギスカン風
なすの味噌汁(アマノフーズ)
羽釜御飯
麦茶
羊が食べたい。あーもー食べたい……となんだか無性にムラムラして、今日の買い物でラム肉を買って来てみた。
あいにくと冷蔵の薄切りは無くて、冷凍のを解凍した丸い整形済みの薄切りしかなかったけど、それが安かったしもうそれでいいや、と。息子と2人の夕飯だったし、簡単にいくことにした。
 
今日はキャベツは足さずに、新玉ねぎと人参とにらを使って、あとは肉に添付のジンギスカンだれでざざっと炒めてできあがり。
ああ、美味しい生ラムジンギスカン食べに行きたいなー。ラムしゃぶも良いけど、今の気分は厚めカットのジンギスカン。
 
そう思いつつも、目の前の炒め物はそれでも案外、美味しくて。
 
アマノフーズのインスタントの茄子の味噌汁が、思った以上に茄子感が本物でこれまた悪くなかったのだった。
フリーズドライ味噌汁、セールでお安く買ってきたものだけど、またどこかで安く買えるかな……通常価格だと1杯100円くらいするんだよね。なかなかお高い。

2018年6月4日月曜日

ソーセージを煮て、御飯に

「麻布十番モンタボー」の
 窯だしふんわりロール コーン
炒めウィンナー&目玉焼き
湯田ヨーグルト w/はちみつ
アイスカフェオレ
麻布十番モンタボー」のパンをたんまり買って来たので、今朝はここの「ふんわりロール コーン」パン。
品名通りにふんわり食感のコーンパン。げんこつサイズにふわんと丸くてコーンたっぷり、良い感じ。
 
プレーンのヨーグルトに美味しいはちみつ多めに入れて、それも食べつつ。
はちみつはワッフルやパンケーキに添えるより、ヨーグルトに入れて食べるのが私は好き。あ、ラッシーも良い。
茹でとうもろこし
ソーセージと野菜のスープ煮
羽釜御飯
チューハイ(アサヒチューハイ果実の瞬間<青森あんず>)
今日は買い物に行かなきゃ夕飯の食材も無かったのだけど、どうにもやる気が出ず。
 
ありものでなんとかしよう、パスタか何か……と冷凍庫からドイツのソーセージ1袋取り出して、とりあえず解凍しておいた。なんだかこう、優しい味のものが食べたいなあと。
 
アーリオオーリオのパスタでも良いしと考えた結果、坂田阿希子さんの「ソーセージと野菜のスープ煮」を作ってみることに。これ、レシピがもともと「御飯にかけて食べる」趣旨のもので、その通りに作ってみた。ソーセージ、ざくざく小口切り。
 
にんにくと玉ねぎと長ねぎと人参(とレシピではセロリ……入れなかったけども……)を炒めて蒸し煮して、ソーセージと鶏ガラスープを加えて更に煮て、という感じ。セージを入れろとのことだったので、ベランダで絶賛増殖中の鉢からちぎってきて入れた。
 
セージの風味がちょっとよそゆきな感じで、更に鶏ガラスープの代わりに「Vegeta」を使ったから、ますますちょっと「日本の家庭料理」とは外れた風味が出てきて、おもしろ美味しかった。
 
セロリ1本買いに出かけるのがめんどくさいと止めたのだけど、これはきっとセロリ入れた方が美味しかったね。多分。

2018年6月3日日曜日

みんな大好きタコライス

「麻布十番モンタボー」の
 匠クリームパン
 コロッケコッペ 1/2個
アイスカフェオレ
昨日、南船橋のショッピングモールで昼食を摂ったら、その館内にちょっと懐かしいパン屋を見つけた。「麻布十番モンタボー」。
 
北海道牛乳パン」がとっても美味しくて、でも麻布十番では買い物したことは無い……と思う。よく買っていたのは、江の島近くの鵠沼海岸店。かき氷屋とセットでよく寄っていた。
 
懐かしいなあと寄ってみたら、1500円分の金券購入で牛乳パン1個プレゼントキャンペーンとのこと。
次にいつ来るかわからないしなぁと、1500円分のお買い物して金券で支払って、牛乳パンも貰ってきた。だからこれから数日の朝食は、モンタボー祭り確定。
 
今朝はクリームパンと、だんなと半分こしてコロッケコッペと。
 
食感ふあふあ系の柔らかなパン、クリームパンは(多分前にも食べた事あると思うけど)、これは普通な感じだったかな。
コロッケパン、しっとりふわふわコッペパンと重量感あるコロッケが良い感じのバランスでこちらはとっても美味しかった。
 
値段もまあまあ手頃だし、余所のイオンモールにはあちこち出店しているみたいだから、うちの地元にも来てくれると良いのにな。このパン屋さん。
マッケンチーズ
アイスカフェオレ
今日は予定のない一日で、家族揃ってのんびりと。
 
だんなは一人散髪に行って、その帰りに夕飯の食材を買ってきてくれた。
夕飯はさらっとらくちん「タコライス」確定で、さて昼御飯はどうしましょうか、と。
 
もうやる気ないままカップ麺レベルのものでよろしいのでは、という話になったのだけど、「久々にマッケンチーズはどうか」ということに(これもレトルトなんだけども)。
 
息子も乗り気で、買い置きの箱を取り出してただただマッケンチーズのみのお昼御飯になった。せめてソーセージ炒めるくらいしてみたら良かったかな。分量的にはマッケンチーズ(2箱)だけで十二分に満腹になった。
 
小ぶりのマカロニを茹でて、水を切ったらバターと牛乳、箱の中の粉チーズをマカロニと和えればできあがり。いかにもなこてこてのチェダーチーズ味で、それがある意味郷愁を誘う懐かしさ。
 
「うわー、懐かしい味がするー」
と、息子、大喜び。彼1人で1箱分くらい平らげていた気がする。
タコライス
ビール(グランドキリン WHITE ALE)
そして夕飯は、みんな大好きタコライス。
 
ロウリーズのスパイスミックスで合いびき肉炒めて、美味しいフルーツトマトとやっとこさ普通の価格になったレタスもどっさりと。あとはシュレッドチーズ。
 
昨日食べた「LOVEパクチーSAUCE」、これきっとサルサ代わりになるよね?とトッピングしてみたら、これがたいそう似合ううえにタコライスがなんとなくアジアな味になって面白い。
 
今日の夕飯がタコライスだと昨日のうちにわかっていたら、昨日の香菜、全部食べきらずに残しておいたんだけどな。残念でした。
 
合わせたビールは、「グランドキリン WHITE ALE」。
白ワインのようなビール、だそうで、なるほど、軽い。白ビールというのともちょっと方向が違うような……?
私の好みは白ビールでも、もちょっとスパイシーな方向のものだかた、これは少し物足りなく感じた。
 
物足りなくなかったのは、タコライス。
私もだんなもそこそこたんまり食べたはずだけど、それにしても、タコミート500g、御飯3合が綺麗に消えたのはなかなか壮観だった。息子がおかわりした分量が、私の一皿目の倍量くらいあったという。

2018年6月2日土曜日

餃子の王将~

「カトランベーカリー」の塩パン
ベーコン入りスクランブルエッグ
ヨーグルト(牧場の朝 ストロベリー)
アイスカフェオレ
息子は一日外出だそうで、今日は家族揃って朝御飯。
 
初めて買ってみた「カトランベーカリー」の塩パン(だったかな?正式名称失念)は、ちょっと笑いたくなるほどのバター風味だった。
ロールパン状に成形されたパンは中は大きく空洞になっていて、そこからはバターが染み出そうな程にバターの風味。
 
でも口当たりは軽く、食べやすく手頃なパンだった。これも美味しいな。というかカトランベーカリーのパン、おしなべて美味しいな。
 
切り落としベーコンをざくざく混ぜたスクランブルエッグを作って、それにはケチャップ添えて。
南船橋「餃子の王将」にて
 餃子 \259
 肉と玉子のいりつけ \561
 焼めし(ハーフ) \267
天気も良いし、今日は自転車に乗ってラーメンでも食べに行く?なんて話していたのだけど、自転車の空気入れが壊れたそうで。
 
これって不燃物ごみ?いっそクリーンセンターに持って行っちゃおうか、あとホームセンターで新しい空気入れ買って……という話になって、ごみを持っていくならとベランダを少し片付けることにした。引っ越し以来、置いてあったあれこれがベランダの隅にあって、ずーっと気になっていたのだ。いつか使うかなと思ったけど使うものでもなくて。
 
あれこれ車に詰め込んで、クリーンセンターやらホームセンターやらを梯子して、お昼はららぽーと隣接の「餃子の王将」に寄ってきた。餃子が食べたいねー、あと焼きめしも食べたいんだー、と。
 
専用アプリのインストールで餃子1枚無料になって、あとは適当に焼きめしと、なぜかグランドメニューから消えてしまった「肉と玉子のいりつけ(木須肉)」と。
 
メニューに無かったものの、
「肉と玉子のいりつけって……できますか?」
と聞いてみたら快諾して作ってくれたのだけど、なんだか私たちの知る料理とは別のものが出てきてちょっと悲しかった。
 
色が濃くてやたら醤油色が強くて、玉子少なめ、肉多め(なのは嬉しいけども)。
「な、なんか知らないムーシーローが出てきたね……」
と笑ってしまったけど、でもやっぱり、食べたかったのは記憶に残るあの味なので。
 
王将は店舗によってメニューが微妙に違うから、たまたまあの店だけの事だったのか、一瞬メニューから消えただけなのか。
無性に食べたかった餃子が食べられたのは何よりだったけど、元の味の木須肉、別の店でなら食べられるかな。
玉子豆腐
香菜 w/パクチーソース
鹿タンスモーク
かつおのたたき
新玉ねぎと豆腐の味噌汁
とうもろこし御飯
日本酒(秋田 新政酒造 新政 特別純米 No6 R-type 2015)
昼食後にスーパーに寄ったら、これという夕食のアイディアがまったく思い浮かばない。
肉……牛はステーキ食べたし、昨日鶏だったし。
 
鰹のたたきが安いのを見て、「これ!」と買ってきた。大きな新玉ねぎをスライスして、たんまり添えることにした。
 
じゃあ日本酒だねと、あとは玉子豆腐とか、買い置きの鹿のタンのスモークとか。
手間のないものを諸々揃えて、幸い、味噌汁もとうもろこし御飯も残っているし。
 
夕方からは、無料のweb謎解きイベント「100万円争奪謎解き大合戦!!!!!SCRAPからの挑戦状2018夏」が始まったものだから、その問題をプリントアウトして、ゆるゆると解き方に思いを馳せつつ、お風呂も済ませて、夕御飯。
 
開けた日本酒は、冷蔵庫に長らく入っていた新政のR-type。ラベルには「2015」の文字があるから、3年古酒ということになる……のかな??
 
ごくうっすら色づいた新政は、古酒の風格が少しばかり宿っていて、たいそう美味しかった。きりっとした新政らしい酸味もあって、ああ美味しいなー、と。
 
「案外日本酒に似合うんじゃね?」
と出してみた香菜とそれに添えた「LOVEパクチーSAUCE」が、この新政にまた似合っていたりして。
 
このソース、ファーマーズマーケットでたまたま見かけて買って来たもの。
じわっと辛くて酸味があって、味の方向としては「トムヤムクンペースト」。
 
材料はにんにく、エシャロット、レモングラス、ガランガ(生姜系のハーブ、トムヤムクンにも入ってるんだって)、唐辛子などなど。
エスニック系XO醤みたいな?……違うか。
 
とりあえず味を知るために、そのまま香菜に添えつつ食べたのだけれど、それだけでも充分美味しい。わざとらしい味じゃないし。
 
こうして野菜につけたり炒め物や炒飯、などの調味料として使ったり、あとカップ麺に入れるのもお勧めだそう。もやしナムルがまた美味しいのだとか。
 
「あ、これ美味しい。この調味料美味しい」
この手の調味料、興味を持って買ったは良いけどハズレであることもままある中、これは久々のヒットだった。

2018年6月1日金曜日

鶏大根と

「カトランベーカリー」の
 クリームパン
 ミニメロンパン
ミルクティー
私、このパン好きすぎだよね……と思いつつ、週に一度は食べている気がする「カトランベーカリー」のクリームパンもぐもぐの今日の朝。
 
同じお店の「ミニメロンパン」2個入りも買って来て、1個は息子が食べたのでもう1個は私がいただいた。
メロンパンは……まあ、美味しかったけどでも普通だったかな。クリームパンが、とにかく私の好みのツボで。
 
だんなと息子は早出の日だったので2人を送り出した後、私はのんびり紅茶を淹れて食べたのだった。
普段は大概コーヒーなので、一人の時くらいはと、一人の時は意図して紅茶を飲んでいる。
カプレーゼ
「魚久」の鮭の粕漬け・鯖の粕漬け
鶏大根
新玉ねぎと豆腐の味噌汁
とうもろこし御飯
日本酒(長野 尾澤酒造場 Pecora 19)
今日は夕飯合わせでだんなが帰宅できるとのこと。
 
何が食べたい?と聞けば、「鶏肉と大根をだしで炊いた風なのが食べたい」と言われて、そんな感じなのを作ったのだけど……随分こっくりこってり系のものになってしまったかな。もうちょっとあっさり系のものに、当初はするつもりだったのだけども。
 
時々地元の駅ナカで売られて、今月は買うことができた「魚久」の粕漬けも2切れ焼いて、スーパーの地産野菜コーナーで買ってきた美味しそうなフルーツトマトはミニブッラータと合わせてカプレーゼに。
 
そして今日寄ったスーパーで特売だったとうもろこしは、今シーズン初の「とうもろこし御飯」にした。とうもろこしのほの甘さとぷちぷちした食感が楽しめるとうもろこし御飯は、夏の定番メニューのひとつ。今年は登場が早かった。
 
シンプルな味噌汁は新玉ねぎ多めの豆腐も入れて、そんな感じの夕御飯。
 
酒用冷蔵庫がまたもみっちみtになっているのでちょっと飲まなきゃねと出したのは、十九の「Pecora 19」。
 
イタリア語で「羊」を意味するこのお酒、蔵の土地のシンボルである羊をラベルデザインにしているそうだけど、なんというか、素晴らしくファンキー。
サングラスをかけたイラストの羊が、エレキギターをかきならしている。
 
その羊、「僕ビール、君ビール。」の蛙と仲良さそうだなあ、なんて思ったりして。
 
十九らしい旨味と酸のバランスの良い、とっても飲みやすいお酒。このお酒だったら鶏と大根の煮物はもう少~し薄味でも悪くなかったかもしれなかった。カプレーゼのトマトの酸味、バジルの香りにお似合いで。