2018年1月19日金曜日

湯豆腐ちゃんこ♪

コッペパン つぶあん&マーガリン
ふんわりチーズブレッド
自家製ヨーグルト w/いちじくジャム
カフェオレ
年末だったか、冷凍庫を片付けていて、「あ、また豚まん残ってるじゃーん」と思って。
 
豚まんあるある大丈夫、と、先日一応パンも買ってきたけど、今朝はそれを蒸かして食べようと鍋に火にかけ、中国茶用の湯も沸かそうとして、そして気付いた。
豚まんだと思ったものが、ラードの塊だったということを。
 
なかった、豚まんなかった。1個も無かった……としょんもりしつつ、パンを買ってきたのはこの予兆もあったからかなと、そのままそれを食卓に。セブンホールディングマークのついた、ヨーカドーで買ってきたスーパーブランドのパンは、テーブルロールサイズのチーズブレッドと、ちょっと小ぶりのつぶあん&マーガリンコッペ。
 
なかなか美味しくて、コストパフォーマンスも良い品だったけど、でも、ああ、豚まんが食べたかった。
去年は2月に送料一律キャンペーンをやっていたみたい。今年もやってくれるかな。あんまんが買いたいです。
湯豆腐ちゃんこ
日本酒(長野 尾澤酒造場 十九 Snowflake 澱がらみ純米生原酒)
dマガジン」を愛用して、早や数年。
 
読みたい記事が読めない(あえてそこだけ切り取られてる)こともあるけど、読みたいものをつまみ食いするのに大変に便利。
図書館で借りて読んでいた『きょうの料理』『ELLE gourmet(旧ELLE a table)』あたりはほぼ全文読めるし、文春や新潮のスクープ記事も大体読める。
 
がっかりするほど削られてるのは、『dancyu』や『ねこのきもち』あたり。
『オレンジページ』『レタスクラブ』あたりもメイン記事が7割くらい削られていたりして。
 
……と、そんな感じだけど、月額数百円で複数台の端末からログイン可能というのはとってもありがたい。で、先日読んだ『オレンジページ』にとても美味しそうな鍋料理のレシピが掲載されていたのだった。佐渡ヶ嶽部屋の「湯豆腐ちゃんこ」(リンク先はNHK記事)。
 
たれに卵を使うのが特徴とのこと。
4~5人前レシピに「卵10個」と書いてあって軽く目を疑ったのだけど、でも、すき焼きすると卵1人2個くらいは使うから、納得の個数かなとも思う。
 
昆布だしでいちょう切りにした大根と鶏肉(鶏もものぶつ切りで良いらしいけど、だしが出るかなと骨つきのぶつ切りを買ってきた)を煮て、そのスープでつけだれも作る。他の具材は白菜、ほうれん草、今回入れなかったけど小松菜、しめじ、えのき、そして豆腐たっぷり。鶏団子が好きなので、鶏ひき肉も買ってきてすり胡麻入りの団子を作って投入した。
 
たれは、スープに醤油と酒、鰹節を入れて煮立てた小鍋を湯せんにかけて、卵の黄身をとろとろ入れつつ混ぜていく、というもの。最後に刻み葱も混ぜたらできあがり。
残った卵白は、塩と酢を入れた熱湯に垂らしてふわふわのかき玉を作り、それも適宜鍋に入れつつ食べる。
 
というわけで、こんな感じに取り分けて、もぐもぐ。
 
こってりした卵だれが、とても良い感じ。
 
スープに御飯入れて、このたれかけて食べる雑炊もまた格別だそうで。
 
結局、卵6個使って作ったたれが最後はちょっと足りない感じで、「次は家族3人分で卵10個使ってたれ作ろうと思います」と心に決めてみたりした。
 
湯豆腐大好きだけど、ちょっと物足りなさを感じたりもするわけで、これは目先が変わって良い感じ。普通の鰹醤油だれと2種類用意しても良いかもだ。
 
で、合わせたお酒は大好きな十九の「Snowflake」。
 
澱がらみの生酒、ふわっと甘くて微発泡、「お米のスパークリングワイン」という感じでくいくい飲める。
 
品質維持のために氷点下の外気の気温下で瓶詰めからラベル貼りまでするそうで、雪の結晶模様のボトルもとても綺麗。中がふんわり白く濁っているのもいかにも品名そのまんまという感じで。
 
で、一升瓶しか手に入らないこのお酒、ついつい杯が進んでしまって、だんなが止めてくれなかったら一升飲みきる勢いだった。
「次も美味しく飲みたいでしょ?ね?」
と諭されて、ようやく飲むのを止めたけど、もうとっくに5合以上は飲んでいたような。
 
一升瓶危険。すんごく危険。ていうか、このお酒が危険。

2018年1月18日木曜日

低温調理でラムチョップ

ハムエッグトースト
ヨーグルト(オハヨー おいしく果実国産みかんヨーグルト)
カフェオレ
昨日と同じ食パンを、昨日と同じ調理法にしてもね……と、今朝はハムエッグトースト。
 
マヨネーズ絞ってチーズを散らしたパンをトーストし、ハムは火を通さず、別途目玉焼きを支度して。あとはささっと重ねて組み立てたらできあがり。おかずとしてのハムエッグにはマヨネーズは添えないけど、トーストサンドにする時にはマヨネーズは良い「つなぎ」になってくれる。
 
で、今日のヨーグルトは市販品。
見慣れないものがあるなとみかんヨーグルトを買ってきたのだけど、口にするとみかんじゃない不思議な食感が舌に触った。馴染みのあるその食感はナタデココ。
 
けっこうな量入っていて、「えー、みかんとヨーグルトだけで良いのに。なんでナタデココ入れちゃうかなー。えー」と不満な私だった。もう買わない……。
いわし缶のフレンチ風ポテトサラダ
低温調理ラムチョップ
ズッキーニとパプリカのオリーブ油炒め
牛すじと大根の洋風スープ
羽釜御飯
ワイン(チリ テラ・ノブレ メルロー)
近年購入して、もっとも「買って良かった」と思っている低温調理器。
昨日に引き続き、今日もうっかり低温調理にしてしまった。年末の肉福袋に入っていたラムチョップを使い、「女子うけ抜群な男のラムチョップ」のレシピを参考に、ラムチョップに火を入れた。
 
レシピでは1切れずつにカットしたものを調理していたところ、手元にあるのはブロックのものだったので、かける時間は3時間ほどにして、温度設定は同じに。
 
食べる時間に合わせて火を入れて、最後、湯から引き上げたところで表面の脂身のところにだけフライパンで火を通す。カットして盛りつけて、赤ワインやバター、ケチャップ、ウスターソースなどを合わせたソースを添えた。
 
その下には、ハーブソルトとオリーブ油で炒めたズッキーニとパプリカ。
 
魚料理も1品欲しいなと、買い置きのいわし水煮缶を使って作ったのは「サバ缶フレンチ風ポテトサラダ」のいわし版。
茹でたじゃがいもと合わせて、オリーブ油と粒マスタード、塩胡椒で和えたもの。
 
残っていた下茹で済の牛すじは大根と共に洋風スープにして、
「この献立だったらワインじゃないですかね?」
と、年末に買ったチリのメルローを1本開けた。
 
ラムチョップも昨夜の鶏肉同様、「しっとり柔らかく、ジューシー」としか言いようのない素敵な食感。
 
難点はと言えば、「放置で調理できるからいまいち"料理をした"という感覚が得られない」ということと、「外食で低温調理肉が出てきても、感動が若干薄い」ということくらい?でも、家でも低温調理をするからこそ、外で食べた時にソースや食材の工夫が面白く、参考になることもあったりして。
 
豚スペアリブに比べると若干小さめに見えたラムチョップは、でも1人3本の分量があって、見た目以上に食べ応えがあった。少し甘めの手作りソースも食べやすい味で悪くなく。

2018年1月17日水曜日

鶏むねの低温調理

チーズトースト
みかんゼリー
カフェオレ
だんなと息子にはソーセージや目玉焼きを出しつつ、私はチーズトーストの朝御飯。
 
体調崩していた時にだんなが買ってきてくれていたみかんゼリーも1個冷蔵庫に余っていたので、これももぐもぐ。
 
ここ最近、またふんだんに使うようになったチーズは、送料無料キャンペーン中に通販で買った「無添加こだわる大人のとろける配合」のお気に入りシュレッドチーズ。
 
微妙にチーズ同士がくっついていたり、何より1kgパックだから到着直後に小分けして冷凍が必須だったりと扱いに手間はかかるけど、高いものではないし(gあたりにするとスーパーの大手メーカーのよりむしろ安いかもしれないくらい)、本当に重宝。チーズもりもりチーズトーストの幸せさよ。
豆苗のツナあえ
低温調理鶏むね肉のねぎしょうがソース
椎茸とスナップえんどうの中華風かき玉汁
羽釜御飯
ビール(ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール 初摘みホップヌーヴォー)
 
「BAKE」のチーズタルト
カフェオレ
今日は鶏むね肉を低温調理。
 
蒸し鶏のねぎしょうがソース」を参考に、鶏むね2枚に塩胡椒して葱、生姜、胡麻油でマリネして1時間ほど火を通してみた。
 
定番のたれでまずはいただいてみましょうかねと、レシピ通りに刻み葱に生姜や塩、胡麻油を混ぜた塩だれを用意して、あとはこんもり香菜もたっぷり。
 
葉もの野菜の価格高騰がまだ続いているので、安定価格の豆苗はさっと茹でてツナ和えに。調味料はすり胡麻と醤油少々。
 
中華風かき玉汁は、せめてもとスナップえんどうと椎茸を入れて、それでもまだまだ野菜が足りないなーと思いつつ……早く春キャベツあたりがごろごろお安くなる季節にならないかしら。ていうか白菜が安くならないかしら。スーパーの白菜のカットがどんどん細分化されていく……(1/4カットどころじゃなく、ついに1/8カットまで店頭に並んでるし……)。
 
副菜は「野菜!」とそれなりに頑張ったけど、食卓の中央に鎮座ましますのは、どーんと鶏むね2枚分の蒸し鶏風メインディッシュ。
ふわっと柔らかで肉汁たっぷり、「え、これほんとに鶏むねですか?鶏むねですね?」と確認したくなるほどに美味しかった。
 
今回は冬だし、温かいうちに食べたいなと夕食のタイミングに合わせて低温調理器にかけたのもよかったのだと思う。何度か作った鶏ハムよりも満足感が高くて、これは、ちょっと、二度と「サラダチキン」買わなくていいなと思えたほどの美味しさだった。
 
夕食後は、常温で食べた昨日と違い、今度は冷蔵庫で冷やしていただいた「BAKE」のチーズタルト。常温もひんやり冷たくして食べるのも、どっちもここのタルトは美味しいです。凍らせて食べるのもまた一興で。

2018年1月16日火曜日

今日のブリは幽庵焼き

「ミスタードーナツ」の
 ホット・スイーツパイ りんごとカスタード \216
 チョコファッション \129
カフェオレ
今日火曜日は、だんなと息子、早出の日。
ささっと食べて出て行けるものをということで、昨夜外食ついでにミスドにも寄ってきた。
 
お高くなって美味しくなったパイシリーズ、私は「りんごとカスタード」を。あと1個はお値打ち価格の定番好物、チョコファッション。
 
昨日大変な設備工事が入った我が家だけど、今日は一日断水なんですって。なんか、色々大変。
 
「一日断水なら、昼間は冬眠しているに限るね。……寝てよう」
と、固い決意で、朝昼兼用のドーナツを9時くらいにもぐもぐ。
 
中まで熱々になるまで温めたパイは、生地はさくさく、中のカスタードはとろとろで、期待以上に美味しかった。
 
さて。寝よう。
「銀座あけぼの」のチーズおかき
「へんこ」の胡麻豆腐
すじ肉とじゃがいもの煮物
ぶりの幽庵焼き
なめこ汁
羽釜御飯
ビール(FOSTER'S)
 
「BAKE」のチーズタルト
カフェオレ
「早起きの会」とかなんとかいう宗教団体の訪問勧誘を、「私、"シエスタ会"の会員なんです」と真顔で嘯いて撃退したことがあるのだけど、その言葉がすんなり出てきたくらいには、私は昼寝が好き。
 
今日は寝るぞと心に決めて寝たら、えらく長いこと、眠れてしまった。断水もちゃんと夕方には終わっていて。
 
夕飯のメインは、まだまだお手頃価格が続いているぶりの切り身を使って。
柚子が手元にあるので、事前に合わせ調味料に漬けてから焼く幽庵焼きにしてみた。味醂は加えず、さっぱり味。
 
焼いてからたれを絡める調理法よりかなり焦げやすいけど、でもその分味は染みて美味しくできた。
 
肉料理も欲しいなと、残っていたものに新しいのを買い足した牛すじは、じゃがいもと一緒に味噌で炊いた「味噌味肉じゃが」風のおかずに。味噌汁もこってり味噌味、こちらは赤だしのなめこ。
 
物産展で買ってきた「へんこ」の胡麻豆腐(すごく濃厚……美味しい……♪)と、そして、現在絶賛品切れ中の「銀座あけぼの」の「チーズおかき」も食卓に。
 
これ、アーモンド味、海苔味などと共におかきセットの中に含まれていたのだけど、想像以上にチーズの味が濃厚で、美味しかった。
 
「あ、これ、YOSHIKI様も手が止まんなくなるわけだわ」
「美味しい。海苔のも美味しい。ていうか海苔が美味しい」
などと皆で少しずつ分けつつ、味見するようにもぐもぐ。お茶請けとしても美味しいけど、ビールにも合うね、これ。
 
食後には「BAKE」のチーズタルトもあって、充実の夕御飯。
このチーズタルト、ほんとに美味しい……と呟く私は、どれだけチーズが好きなのかと。

2018年1月15日月曜日

工事の日。

「甘清堂」の生クリームあんぱん
「denish bar」のきなこもち
ヨーグルト(十勝ヨーグルト)
カフェオレ
土曜のボードゲーム会で、はるばる静岡から来てくれた人が、地元で評判なのだという「生クリームあんぱん」を参加者人数分、おみやに持ってきてくれたのだった。
 
ぽつぽつと、豪華なおやつを持ってきてくれるメンバーが居て(我が家は出張や旅行の土産がある時はそれを持参、という感じで)、先日も資生堂のクッキーがあったりおかきがあったりでたいそう幸せだった。で、結局あんぱんまでは当日食べきれなくて、私とだんなの分は持ち帰らせていただいた次第。
 
バターあんぱんも美味しいものだけど、生クリームあんぱんもかなり幸せな味だった。あんこと乳製品ってなんでこんなに似合うのかしら。
 
で、あんぱん1個じゃ足りないかなと昨日エキナカで買ってきたのは「denish bar」。だんなと息子の分はハムチーズなどのしょっぱい系だったけど、私はついつい「きなこもち」味を。これもあんこ入りでした。どれだけあんこ食べたかったの、私。
津田沼「マクドナルド」にて
 チーチーダブチ
 シャカシャカポテト(ダブルチーズバーガー味)
 スプライト
そして今日は、1日かけて屋内の設備工事。
 
家中のコンセントの前を片付けなければならなくて、でもそれが棚の裏だったりベッドの裏だったりで全てを片付けようにも「無理!」という感じで。当日に動かしながら片付けながらしかするしかないねと、だんなも休みを取ってくれた。
 
そして8時半からずーっと、工事。「ここやります」と言われたところをわちゃわちゃ片付け、そこが終わったらその一角に別の場所のものを移して……という感じで。ずっと停電だし、屋外工事があるから窓も全開だしで、思った以上に大変だった。猫はずっとベッドの下。
 
トイレの換気扇工事も入るので、養生だらけのトイレを使うこともできず、ものだらけで居所もなく、待機時間は寝室にちんまり籠もっていた。これは、想像以上になかなか大変な大工事。
 
がっつり午後までかかるということで、作業員さんたちの昼休みに合わせて、私たちも家を出てお昼ご飯。
 
ダブチを超えろ!」キャンペーン中ということで、マクドナルドでチーズバーガーを食べてきた。
 
通常メニューの「ダブルチーズバーガー」を超えるメニューをということで、「ピリ辛ダブルチーズバーガー(ピリ辛ダブチ)」に「チーズチーズダブルチーズバーガー(チーチーダブチ)」、「トリプルチーズバーガー(トリチ)」が期間限定で発売中。
 
「え、ここはチーチーでしょ」
「いやいやトリチでしょ」
と、それぞれ別のものを頼んでみた。セットのポテトも、1つだけ期間限定シャカシャカポテト「ダブルチーズバーガー味」にしてみたり。
 
チーチーダブチは「ジューシーな100%ビーフパティ2枚と、イエローとホワイト、4枚のとろける濃厚2色のチェダーチーズがたまらない一品」だそうで、確かにこれ、笑っちゃうほど容赦ないチーズっぷりだった。私はこれ、けっこう好きだなー通常メニューにしてくれても良いくらい。
 
トリチの方は「味としては、まあダブチだよね」ということで、確かに「肉っぽいダブチ」という感じ。
 
若干ケミカルな味のポテトも楽しんで、片付けに要り用のものを100均で買ったら、もう時間はほとんどなく。
午後もがんばりましょーと帰宅した。
津田沼「しゃぶ葉」にて
 牛&三元豚食べ放題コース \2159
 飲み放題 \1296
息子が4時過ぎに帰ってきて、そして工事が終わったのはもうすぐ5時になろうというところ。
 
バラした息子のベッドを組み立てたり、ぐちゃぐちゃになった台所を整理しなおしたり、現状復帰で1時間ほどかけると、もう夕飯を作るどころじゃないねーという事になった。結局家族で「しゃぶ葉」へ。
 
喉も渇いていたのでアルコール飲み放題にしてもらって、ビール飲んだりビール飲んだりサングリア飲んだりサングリア飲んだり。
 
選べるだしは「焦がし味噌バター」にしてもらって、家族全員、最後の味噌バターラーメンを堪能した。味噌スープだったらコーンもあると嬉しいのに、残念ながら野菜コーナーにコーンは置いてないんだなー。
 
じゃがいも煮たりキャベツ煮たり、もやしも入れたり、季節のスープを存分に味わってきた。あとはカレーもお寿司もスルーして、野菜と共にひたすらお肉をもぐもぐ。
 
2000円ちょいでこれだけ色々食べられるというのは学生さんも嬉しいみたいで、今日は高校生らしき制服グループや、大学生らしきグループなど、若い人が大変に多かった。私たちは早めに入店したからすんなり入れたけれど、帰る頃はほぼほぼ満席。
 
ワッフルコーナーも大盛況で、締めのワッフルは諦めた。
 
盛況なのは何よりだけど、それにしても、店員さんが訪れるたびに無愛想になっていく気がするのがどうにも気になる。
疲れてるのかなーブラックなのかなー。運ぶものが少ない分、フロアの店員さんは確かにいつもすごく少ないのだけど。
 
あと200円高くて良いから愛想の良い店員さんに過不足ない接客をしてもらいたいなー……なんて。

2018年1月14日日曜日

下北ランチと新宿飲茶

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「Boulangerie OPERA」の
 チョコクロワッサン
 チーズクロワッサン
カフェオレ
今日の朝御飯は、千葉そごうの催事で買ってきた、京都「Boulangerie OPERA」の2種類のクロワッサン。
 
三角形の、表面に角切りチーズをトッピングしたチーズクロワッサンは1個をだんなと半分こ、チョコクロワッサンは1人1個。
 
もちっとした、少し独特な食感のクロワッサン、チーズもたっぷりだしチョコもたっぷり。
 
「美味しそうなパンがあるよー」
と、通りすがりに買ってきたのだけど、大当たりだった。美味しかったー。
下北沢「RAINBOW」にて
 ジューシー煮込みハンバーグ(チーズトッピング) \1180
今日はゲーム仲間の仲良し面子でリアル脱出ゲーム。6人チームのうち5人は昨日も一日遊んだ人たちだという(残る1人も昨日たまたま来なかっただけの仲良しメンバー)。
 
だんなと2人、会場のある下北沢に赴いて、まずは皆で昼御飯にした。
下北沢で以前働いていたというKさんが「ここ、美味しくてお気に入りだったんです」と連れて行ってくれたのは、「RAINBOW」というワインバー。ワッフルのカフェメニューも美味しそうだし、ランチはオムライスやスパゲティを中心に、ステーキはハンバーグも。
 
他の全員がオムライスを頼む中、一人「肉が食べたい……」と煮込みハンバーグにした私。
しかも追加料金100円でチーズがつくと言うので、即決でチーズトッピング。
 
下北沢「RAINBOW」、牛スジデミグラスオムライスも美味しかったー。 だんなの「牛スジデミグラスオムライス」(880円)は、こんな感じ。
 
ボリュームたっぷり、容赦ないソースの量の牛すじソース!
 
この価格でサラダとスープ(私には更にご飯かバゲット)もついてくるのは、さすがの下北沢価格という感じだ。物価が安くて、面白いお店が多くて、学生時代はほんと、下北沢は大好きな街でよく寄り道していた。
 
煮込みハンバーグは、ずっしりみちっとしたジューシーなハンバーグに(ソースに隠れてさっぱり見えなくなっていたけど)フライドポテト、人参、コーンなどが添えられていて、ここにドミグラスソースとたっぷりのチーズ。
 
溶けたチーズがとろんとソースと絡まって、それをバゲットに乗せて食べるのがとっても美味しかった。ソースはきちんと手間をかけた味がするし、ボリュームもたっぷりだし。
 
そして午後から3時間ほどかけて、「リアル脱出ゲーム×名探偵コナン「チョコレート殺人事件」」に皆で挑戦。
 
食い違う証言から真相を紐解く「聞き込み編」
密室で起きた殺人事件のトリックを暴く「現場検証編」
家宅捜査に入った敵アジトに仕掛けられた爆弾を解除する「脱出編」
 
と3編に分かれていて、「それぞれの捜査で手に入れた情報や証拠を元に連続殺人犯の正体を突き止めろ」という最終問題はWEB上で楽しめる(だから帰宅後でもできる)もの。
 
「聞き込み編」は冊子を買って解くものなので、これも一人でできるもの。残り2つは6人のチーム戦で、下北沢のナゾビル内で挑戦する必要がある、そうで。
 
「すごく楽しいって聞いたんで、やってみたいんですー」
という昨日の卵女史に誘われ、「謎解きならいくいくー」と私とだんなも参加することにしたのだった。
 
最初は「現場検証編」でこれでもかと現場検証をして(すっごく!楽しかった……!)、1時間半ほどの休憩時間の間に喫茶店で皆して「聞き込み編」をクリアし、再びナゾビルに戻って最後の「脱出編」。脱出編は「実際に爆弾が仕掛けられた部屋に閉じ込められてしまいます。部屋の中にある謎や暗号を解き明かし、爆弾解除に必要な情報やアイテムを見つけ出します」という趣向で、これもなかなか大変だった。
 
この公演、クリアできなかった場合は追加料金を払って「10分延長」ができる課金制度があるのだけど、それを使うこともなく、ストレートにクリアできて、何より何より。
 
最後の謎は帰ってから各自頑張りましょうねと、とりあえずここで解散となった。
新宿「チャイナムーン(霞月樓)」にて
 蒸物点心3種盛り 2×\1404
 竹の子入り海老の蒸し餃子(4個) \950
 咸水角(4個) \917
 大根餅(4個) \950
 小籠包(4個) \950
 骨付きスペアリブの豆鼓蒸し \720
 特製肉焼売(4個) \917
 ニラ入り海鮮蒸し餃子(4個) \950
 チャーシューとエビの玉子チャーハン \1274
 果肉入りフレッシュマンゴープリン 2×\486
 当店自慢柔らか杏仁豆腐 2×\480
 生ビール 4×\734
 プーアル茶 \928
で、「夕飯も食べて帰りましょうか」というのが4人残り、でもその面子は下北沢にはさっぱり詳しくないし……ということで、新宿に移動して、駅近の中華料理屋さん「チャイナムーン<霞月樓> 」に。
 
この店、以前来て気に入って再訪したかったのに、一度は営業時間が変更になっていて行けず、もう一度は予約もできていたのにビルのトラブルで当日急にキャンセルに……と、どうも巡り合わせが悪かった店。
前回のどたばたで店長さんは私たちの顔を覚えていたらしく、「次から私の名前出して予約しちゃってください」と店長名刺を貰えてしまった。
 
新宿「チャイナムーン」にて。季節メニューのかわいい点心♪ 飲茶を、点心を食べたいのです……と、注文はひたすら点心。
 
あまり飲茶とか食べた事がない、という人がいたので、じゃあ私たちのお勧め、色々頼んじゃうね?と定番ものを色々頼んでみた。
 
写真は、季節メニューだった「季節の点心盛り合わせ」。
 
ほうれん草と海老と鶏の蒸し餃子
豆苗入り海老餃子
エビチリの金魚型蒸し餃子
 
の3個セットで、まず見た目からして綺麗。
エビチリ味もそれほど辛い!という感じではなく、どれも海老がぷりぷりとした食感で期待以上の美味しさ。
 
小籠包も文句なしのたっぷりスープだし、大根餅も焼きたてあつあつの旨味濃厚なものだし、何の気無しに頼んだ肉焼売もすごく美味しかったりで、脱出成功の祝賀会に相応しい美味しく楽しい夕飯になった。うん、やっぱりこのお店、すごく美味しい。すごく好き。
 
マンゴープリンも、最近は見ないこのレトロなスタイル。素敵。 「確か、マンゴープリンもすごく美味しかったよ。杏仁豆腐も」
 
仙草ゼリーや愛玉子もメニューにあるよーと、皆でメニューを眺めて、頼んだのはマンゴープリン2個と杏仁豆腐2個。
 
だんながデザートは少なめで良いというので、私がだんなの分の杏仁豆腐、5割方は貰ってしまったように思う。甘くて冷たくてぷるぷるしているものなら、割と無尽蔵に食べられる私。
 
果肉も入った王道のスタイルのマンゴープリンは、食感の心地よさも完璧だし、杏仁豆腐も杏仁風味濃厚な正しく「杏仁」豆腐。豆腐の甘さが控えめでシロップの甘さでいただく形なのがまたすばらしい。
 
昨日今日と活動的に動きまわり(ボードゲームは、あんまり身体は動かさないレジャーだけども)、身体はすっかり疲れたけれど食べたものはしっかり美味しく、そして何より楽しくて、大満足の2日間。
そして明日はあんまり歓迎の方向ではない、更なるイベントが待っているという。大丈夫かな。

2018年1月13日土曜日

ランチパック祭り!

「吉野家」にて
 焼魚牛小鉢定食 \500
 とん汁 \130
今日は月に一度の楽しいボードゲーム会。
 
今日は夜に唐揚げ弁当、昼にはパンの予定だったので、
「……となると、朝御飯はコメダは違うよね」
「先月入れなかったし、今度こそ吉野家チャレンジ?」
「それだ!」
 
というわけで、今日は移動中に吉野家に立ち寄り、朝定食。朝メニューには焼魚とかハムエッグとかあるんだよね。久しぶり。
 
牛丼は食べたいけど、他のものも食べたい……ということで、私は「焼魚牛小鉢定食」を。ご飯と味噌汁、焼き鮭と焼き海苔、そして小鉢に牛丼の具。追加料金で味噌汁をとん汁に替えてもらえるとのことで、私はとん汁にした。
 
1パックずつレトルトになっているらしい吉野家のとん汁だけど、これがなかなか、ちゃんと美味しい。肉もどっさり。豆腐や里芋、蓮根も入っていて、たいそう具沢山。
 
焼き魚傍らに白飯を食べて、後半はしっかり「牛丼」としても楽しんで、大満足の朝食だった。
 
さ、今日も全力で遊びましょー。
ボードゲーム会会場にて
 ランチパック祭り
午前中にやって面白かったゲームの一つが、この「Century:Spice Road」。
 
「スパイスの入手や交換を繰り返して目当ての商品の獲得を目指す拡大再生産ゲーム」ということで、この会で定番の宝石集めゲーム「Splendor」と方向は似てる……かな。
 
キューブ状のカラフルなチップは、黄色がターメリック、赤がサフラン、緑がカルダモン、茶がシナモン。一番価値が高いのはシナモン。簡単に手に入るのはターメリック。
 
プレイヤーは手元に「ターメリック2個とサフラン2個でシナモン1個と交換できる」といった商人カードをそろえていき、錬金術のようにスパイスを揃えていって最終的な勝利点になる「勝利点カード」を集めていく。
 
世界観がエスニックで良い感じ。やたらとカレーが食べたくなってきたりして。
 
けっこう頑張ったんだけどなー……勝てませんでした。
 
で、今日のお昼は「ランチパック祭り」。
地味に人気で、しかも安く済むこともあって、幹事的にはありがたいメニュー。
 
会場のある秋葉原の駅近くにある「ランチパックショップ」には常時50種類くらいのランチパックが置かれているので、そこで多種多量のランチパックを買ってきて、1袋を2つに両断して4切れにし、「1人8切れ(=2袋分)好きなのを食べてねー」という趣向。
 
1種類がほんの3口分くらいになるから、普段なら挑戦しづらいイロモノ系を買っても怒られないし、色々楽しく食べられるしで、今回もすごーく楽しかった。
 
手元のレシートによると、
 
総菜系の購入は
全粒粉シリーズ(新製品)ハンバーグ・ハム&チーズ・ツナ&チーズ・たまご
たまご&すき焼き×2、チキンナゲットてりやき×2、ハムカツ、ハムエッグ、コロッケ、ソース焼きそば&マヨ、カレー&チーズ、ラザニア風、たまご、ツナマヨ。
 
甘味系は
牛乳クリーム&ホイップ×2、あまおう苺ジャム&ホイップ、カフェオレクリーム&ホイップ、生チョコクリーム&ホイップ、チョコクリーム&板チョコ、メープル&マーガリン、小倉&マーガリン、ミルクティー風クリーム、ティラミス風、プリンアラモード、ピーナッツ。
 
28袋買って4000円……だったかな。
常連面子の20代女子が大の「卵好き」で、彼女と2人で買い出しに行ったら、思った以上に卵率が高くなってしまった感。自分で選んだ皿の上も、なんだか卵だらけ。でも、「たまご&すき焼き」はすごーく美味しかった。
 
あと、クリーム系も正義だよね。ミルクティーとかも美味しかったー。
ボードゲーム会会場にて
 「奥州いわい」の
     いわいもも
     ゆずから
午後に遊んで面白かったものの一つが、インディーズゲームの「独裁者はつらいよ」。
 
「圧倒的バッサリ感でお届けする、革命的カードゲーム」だそうで、プレイヤーは指導者。
 
「同志〇〇、将軍のカードをくれたまえ」と他のプレイヤーからカードを貰いまくって、4枚1組の「役」を作っていく。
 
でも、せっかく作った役も他人が揃えた「書記」によって粛正(シベリア送り)にされたり、「将軍」に拉致されたり。自国民に裏切られたまぬけな指導者には「馬糞トークン」をなすりつけられるというおまけつき。
 
私は見事馬糞をくらったものの、資産家と将軍を手に入れて、勝利したのでした。せっかく手に入れた書記は、哀れシベリア送り。
 
カードの絵面が「あれ?この人……」という感じな、ブラックユーモアさのある楽しいゲームだった。
 
そして夕飯は、ありがたくも届けてくれる、「奥州いわい」の唐揚げ弁当。
 
事前に皆にメニューを決めてもらって予約して、忙しくない時間帯に届けてもらっている。今回は「あんまり米飯は要らないのよねー……唐揚げだけをたくさん食べたい」と、柚子風味のと普段のとで2種類の唐揚げを注文した私。だんなが米飯入りの弁当を大盛りにしてくれたので、そこから少しご飯は分けてもらった。
 
食後も楽しくゲームして、今日も夜10時の解散までめいっぱい楽しんで、おしまい。
 
最近、だんながついに買ってしまった(それまでは他の人が持ってきたもので遊んでいた)「ドミニオン」を、私も少しずつするようになり、今日は初心者女子4人でドミニオン。なるほど、ファンが多いだけあって、これは楽しいかも。なかなかだんなには勝てないけど、女子に混じるとそこそこ強い私。精進します。

2018年1月12日金曜日

幸せ物産展

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
豚味噌うどん
麦茶
今朝は家族で豚味噌うどん。
 
息子はセンター試験対応で大学休み、だんなも仕事が休みで、家族揃って平日にしてはちょっと遅めの朝食になった。
 
まだ肉や白菜のかけらが残っていた鍋の残りなので、なかなかに具沢山。
七味唐辛子と黒胡椒と、両方かけながらいただいた。
千葉そごう 催事会場にて
 「日本橋お多幸本店」の
     とうめし定食 2×\981
     たまご \191
     ちくわぶ \191
     つみれ \250
 「木内酒造」の
     常陸野ネストビール飲み比べ 2×\1000
「今日、千葉に行くとね、551蓬莱が買えます」
「まじでか」
 
今週末は土日とも用事が入ってるから、買いに行くなら今日か週明けかなーと思ってたんだけどね、と、だんなに千葉そごうで開催中の「ご当地うまいもの大会」を見せれば、「お多幸も来てるじゃん!」とたいそう乗り気。
 
じゃあ、551ついでに色々見に行ってみますか……とお出かけしてみた。
 
舐めてたね。
551蓬莱の人気っぷりを、私たちはまだまだ舐めていた。
 
文句なしに催事場一番の人気コーナーになっていた551、行列は100人以上かな、という感じ。待ち時間は1時間以上だそうで。
 
「あかん」
「あんまんも食べたいし、おとなしく通販しよ……?」
 
関西出張もまたいずれあるんでしょ?なんて言いつつ、イートインコーナーを早々に目指したのだった。
 
「おでん定食」「とうめし定食」などと共に単品おでんも頼めるようになっていたイートインコーナー。
 
「とうめし定食」は、とうめしの他、「おまかせおでん」2品と赤だし、お新香つき。
おまかせおでんは文字通りおまかせだそうで、
「じゃあ、単品追加したら、それを外して組み合わせくれるかな?」
「絶対食べたいのは別に買おう」
と、たまごとちくわぶ、つみれを別注文してみた。
 
卵の色合いが大変にすばらしい、「日本橋お多幸本店」のおでん♪ 嬉しいことに、だんなと私の「おまかせおでん」は別々のものを盛ってくれ、全部で7種類のおでんを食べることができてしまった、嬉しいランチ。
 
だんなの皿には「大根・さつまあげ」、私の皿には「半ペン・ごぼうまき」(品名はメニュー表にあったものから)。
 
わーいわーいと全部を半分こして食べてきた。だんな曰く、ここのちくわぶは理想の中の理想のちくわぶなんですって。
 
小さめのご飯茶碗に口切りいっぱいご飯をよそって、その上にご飯と同じくらいの分量があるんじゃないかという豆腐の塊。だしもご飯にほどよく染みて、豆腐もろともご飯を食べるのがこの店名物の「とうめし」。
 
そこそこ混雑してはいたけれど、それでも本店の行列に比べるとかなりらくちんに、絶品とうめしを食べることができた。ああ、おいしい。幸せ。
 
千葉そごうの物産展にて、常陸野ネストビールもごくごく。 あとは、「へんこ」さんが来ていたので練り胡麻を買ったり、常陸野ネストビールさんも来ていたから、うっかり飲み比べセットを貰ってしまったり。
 
ビールイベントで飲んで美味しかった「賀正エール」「だいだいエール」の他、ホワイトエール、ラガー、アマリロ、ニッポニアもあったので、2セット買って飲み比べ。
 
「賀正エール」は毎年微妙に味を変えて作ってるんですって。
今年のものがこっくり濃厚で「飲むパン」そのものみたいな感じで、すっごく好み。
 
柑橘の爽やかさとほろ苦さを感じる「だいだい」もとても好き。
 
続々と551の白地に赤のロゴの袋を持つお客さんがフロアに溢れて来る中、やっぱりあの行列は勘弁だねと、あとは美味しそうなコロッケとメンチカツを買って帰宅することにした。
千葉駅エキナカ「いまでや」にて  日本酒(三重 木屋正酒造 而今 純米吟醸 八反錦 無濾過生) \500
エキナカに美味しい酒屋があるの、ほんとにずるいから……。 ……で、例によって、帰り際にぬるっとエキナカの酒屋に寄ってしまうという。
 
ほんと、改札の中に素敵な酒屋があるとか、ほんと、駄目だから。寄っちゃうから。
 
さすがに今日は酒瓶こそ買わなかったけど、それでも一杯だけ、バーコーナーで飲んできた。
 
だんなのも私のも、店頭メニューに無かったお勧めを店員さんに出してもらったもの……だったと思う。
 
私は而今(じこん)の八反錦 無濾過生、だんなは澤屋まつもとの「守破離 雄町×山田錦 生酒」(700円)。
 
どちらも米の味が乗った、とても美味しいお酒だった。瓶に白ペンで描いた風なワインボトル風の英語のラベル(?)もお洒落。「Omachi」のOの文字が犬の顔になっている。
 
口当たりが少しばかり微発泡な感じで、旨味と酸味の中にシュワッとした口当たりもあったりして、うん、これ、美味しかったなぁ……而今もすごく美味しかったんだけど。
「肉のたかさご」の
 たかさごメンチ
 やき豚コロッケ
千切りキャベツ
お吸い物(インスタント)
羽釜御飯
ビール(ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール 初摘みホップヌーヴォー)
今日は昼からおばあちゃん家に行っていた息子、夕飯も御馳走になってくると連絡があって、「じゃあ買ってきた君の分のコロッケは明日の夕御飯にしなさい」と返事して、だんなと2人で夕御飯。
 
「ここのメンチカツとコロッケ、すっごく美味しそうじゃない?」と催事で買ってきたのは、「肉のたかさご」のもの。住所は月島……と見て、思い出した。あった、あったね。バス通りに面したところに、ビルになってた大きな肉屋さん。
「あった、あったよ、そんな店あった」
と、20年以上前に住んでいたあのエリア界隈を思い出して、ちょっと嬉しくなった。
 
焼き豚がごろごろ入った重量感のあるコロッケに、それ以上にみっちり「詰まった」感のあるどっしりメンチカツ。
 
それとビールがあればもう充分だねと、千切りキャベツ添えて、吸い物はだんなの金沢出張土産の加賀麩「ふやき御汁 宝の麩」から2種類選んで。
 
「めっちゃ高かった~」と言いながら買ってきたこのインスタント吸い物(と味噌汁)、包まれた麩の中央を軽く破いてから椀に入れて湯を注ぐと、ふぁ~っと色とりどりの具が出てきて、たいそう綺麗。
 
綺麗な上に味もよく、それぞれちゃんと違う味がする。今日私が飲んだ「潮」はかき玉子やわかめが入り、そしてほんのり梅の味。
 
うっとりするほど美味しいコロッケとメンチカツに、これまた目にも美味しい吸い物で、簡単に済ませたのにすごく幸せな夕御飯だった。さて、明日からは怒濤のイベント続き。

2018年1月11日木曜日

根菜と鶏肉で

磯辺焼き
あべかわ餅
抹茶入り玄米茶
今日の朝御飯は、餅!
 
息子があんまり餅が好きじゃないということで、食卓に出す頻度はそう多くないけれど、私はお餅が大好き。
 
息子の大学も始まり「日常」が戻ってきたところで、平日昼間は餅食べ放題ね!なんて思いつつ、今日は朝御飯に餅を出した。
 
だんなと息子は磯辺焼き2個。きなこ好きの私は、磯辺1個とあべかわ1個。
 
先日ちらりと見たテレビ番組によると、岩手のとある地方は、すごく大量にお餅を食べるのだそうで。朝食でも昼食でもなく、夜の宴席とかに餅料理がずらりと並ぶんですって。
あんこに胡桃、納豆とか、雑煮まで。
 
「葱+海苔+鰹節+酢醤油」という組み合わせの「根深餅」、「シーチキン+醤油+味醂」の「シーチキン餅」がすごく美味しそうだった。
そのうち作ってみようかなー、と。
ロメインレタスのサラダ
鶏と根菜の煮物
五目魚河岸あげときのこのスープ
羽釜御飯
べったら漬け
ビール(ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール 初摘みホップヌーヴォー)
 
「エシレ・メゾン デュ ブール」の
 ガレット・デ・ロワ
カフェオレ
今日は鶏肉をどうにかして食べましょう……と、手持ちの根菜と合わせて甘辛煮。本当はこれ、厚切りの豚バラ肉を使うレシピだったのだけど、材料を見たら「これは絶対鶏肉でも美味しいよね」と鶏を使ってみることにした。
 
さつまいも、人参、蓮根は水と酒と砂糖で炊いていく。野菜が煮えたところで鶏肉入れて、醤油を数度に分けて加えながら煮含めればできあがり。仕上がり間際にさやいんげんも。
 
ちょっと甘めに仕上がったけど、コテッと良い感じに煮絡んで、おいしい煮物ができた。これ、椎茸も入れたら美味しかったかも。
 
ロメインレタスは、シーザーサラダ味の「TossSala」で和えて手早くサラダにして、あとは昨日のスープもあるしなぁと簡単に。
 
私は「じゃがいもスキー」だけど、さつまいももけっこう好き。
スイートポテトやパイなどの甘味系も良いけど、煮たり揚げたりでおかずとして食べるのも美味しくて、スープの具にするのも美味しいなぁと思う。
 
肉の脂と相性が良くて、豚バラや鶏もも肉とたいそう似合う。次は豚肉と煮るか炒めるかしてみようかなー。

2018年1月10日水曜日

ぶりてりー!

「エシレ・メゾン デュ ブール」の
 クロワッサン・エシレ 50%ブール 有塩
自家製ヨーグルト w/あまおうジャム
カフェオレ
昨日は無塩、今日は有塩のものを食べてみた、「エシレ・メゾン デュ ブール」のクロワッサン。
 
さすが使われた材料の半分がバターというだけあって、割としっかり塩味が舌に乗る感じ。
「……あ、こっちのが美味しいや」
「ね、こっちのクロワッサンの方が私も好き」
 
そんな事話しながら温めたクロワッサンをもぐもぐもぐ。
 
昨日も思ったけれど、このクロワッサン、脂の塊だけあって、すばらしく腹持ちが良い。
パンは米飯に比べると空腹になりやすい感があるけど、昨日も今日も昼御飯、ほとんど食べずに済んでしまった。
 
ある意味経済的……?
栗きんとん
牛すじのねぎぽん
ぶりの照り焼き w/ほうれん草のおひたし
五目魚河岸あげときのこのスープ
羽釜御飯
べったら漬け
ビール(サッポロ黒ラベル)
今日は魚が食べたいぞと強い決意でお買い物。
 
鯖と鰤の切り身が手頃な価格でどちらも美味しそうだった。悩んだ末、「ぶり照りだな」と、ぶりを購入。オージービーフのすじ肉もたんまりケースに並んでいたので、これも買ってきた。牛すじはいつもの「ねぎぽん」で。
 
正月商品の見切り品半額だった栗きんとんと、同じく正月用に買ってあったべったら漬けもテーブルに出し、吸い物はお気に入りの「魚河岸あげ」入りで、きのことさやいんげんもたっぷり入れて。
 
そこはかとなく正月感が残るものの、やっとこさ「いつもの食卓」な感じが出てきた今日の夕御飯。
 
ぶりの他に牛すじを出したのも良かったらしく、息子はせっせとおかわりしながら食べていた。 地元のヨーカドーには黒毛和牛と国産牛とアメリカンビーフとオージービーフのすじがそれぞれ値段違いで売られていて、我が家のお気に入りはアメリカンビーフ。でも、棚に並んでいるのが多いのはオージービーフ(今日のもオージービーフ)なんだなぁ。

2018年1月9日火曜日

豚味噌鍋とガレット・デ・ロワ

「エシレ・メゾン デュ ブール」の
 クロワッサン・エシレ 50%ブール 無塩
自家製ヨーグルト w/りんごジャム
カフェオレ
今朝は、だんなが並んで買ってきてくれた「エシレ・メゾン デュ ブール」のバターどっさりクロワッサン。
 
あまりに(カロリー的に)重いクロワッサンなので、1人2個買ってきてくれていたけど、今日は1人1個にしておいた。今日食べたのは、無塩の方。余熱した魚焼きグリルに入れて、表面がじゅわっとするまで温めてから食卓に出した。
 
相変わらず、なんというか、すごくバター。
だんなと息子にはソーセージや目玉焼きも出したけど、私はこれで充分と、クロワッサンの他はヨーグルトとカフェオレで。
 
「50%ブール」って、「クロワッサンに使われているバターのうち50%がエシレバター」という意味ではなく、「クロワッサンの原材料のうち50%がエシレバター」という意味だそうで、もういろいろと頭おかしい。
クオカのクロワッサンレシピによると、強力粉250gに水110mlその他卵や塩、砂糖等々加えて、バターの分量は135g。それを思うと、このクロワッサンの凄まじさがよくわかる。
 
すんごく美味しいけど、日常食べたい味というわけではないんだよね……。
特別な日の特別なクロワッサン、という感じ。
豚味噌鍋
日本酒(奈良 油長酒造 風の森 雄町純米吟醸 しぼり華)
 
「エシレ・メゾン デュ ブール」の
 ガレット・デ・ロワ
カフェオレ
週末用に買った豚肉や白菜、急遽夕飯を食べずに帰る面子がいたり、おもたせのおやつがたんまりあってそれほど夜にがっつり食べなかったということもあったりで、材料がけっこう残っていた。
 
これはもう一回豚味噌鍋をやるしかないねということで、今日は気温も全然低くなかったけれど、豚味噌鍋決行。
先日私が風邪をひいて以来、だんなも息子も微妙に不調だったみたいなので、あったかいもの食べて風邪治しましょうということで。めでたくも誰も派手に発熱することもなく、どうやらインフルエンザでは無かったらしいし。
 
ミニ白菜1玉と、3/4カットの白菜1個。豚肉は多分700gくらい。うどんも5玉以上残っていて、余裕で家族3人分の材料が揃っていた。
日本酒飲んじゃえーと、お気に入りの風の森雄町を出して、のんびり飲みながらいつもの味の豚味噌鍋。
 
でも今日はうどんを食べる量もそこそこで終わらせて、食後にエシレのガレット・デ・ロワを皆で食べた。
ここのは中にアーモンドを仕込んでいたりはせず、自分でフェーヴを埋めてねという形。
 
先日「DONQ」のガレット・デ・ロワで既に今年の王様はだんなと決まっていたので、ただ普通に食べることにした。
 
クロワッサンもそうだけど、ここの焼きもの系はしっかりめに火が通っていて、ほんの僅か、ほろ苦さも感じる大人の味わい。パイ生地もフィリングも文句なしにバターの風味が濃厚で、ややしっとりした口当たりもその風味に似合っていた。
 
DONQのものに比べると、2.5倍高くて、ちゃんと2.5倍美味しかった、という印象。
美味しうございました。しあわせー。

2018年1月8日月曜日

愛しのバターケーキ

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「ピーターパン」の
 あんバターコッペ
 とろ~りたまごの焼きそばサンド
カフェオレ
謎の筋肉痛&関節痛(他の症状一切無し)が続いている連休最終日、早朝に寝ていられなくなってもそもそと起き出してロキソニン飲んで、
「インフル……?違うよねぇ……?」
さっぱりわかんないー、とこたつでごろごろ。痛み止めが効いてさえしまえば、もう当たり前に動けるわけで。
 
朝食は、「ピーターパン」のお気に入りあんバターパン。店内のカウンターでお願いして、好みのものをサンドして貰えるもの。あんことバターが目下私とだんなのお気に入り。
 
あとは、半熟目玉焼きと焼きそばとレタスを食パンにサンドした、一風変わった焼きそばパンも1人1切れ。
 
焼きそばパンと言えばコッペパンだけど、この、食パンサンドの焼きそばパンも美味しいんだわ。
スパゲッティ ポバティ
コカコーラ
「今日がラストチャンスだから、エシレにお買い物に行こうと思います」
とだんなに伝えたら、「俺が定期持ってるし買ってくるよ」と一人、東京駅まで出かけてくれた。
 
目的地は、「エシレ・メゾン デュ ブール」。
 
ガレット・デ・ロワが期間限定販売とのことで、ずっと気になっていたのだった。販売期間は1月2日から8日までとかなり短く、お値段も相当なもの。でも、絶対美味しいんだろうなぁ、食べてみたいなぁ……と。
 
大人気のケーキ、「ガトー・エシレ」ほどの人気は無いだろうと、開店直後の到着タイミングくらいで行って貰ったところ、店頭には50人以上の行列ができていたらしい。結局その後、30分くらい並んで、ガレット・デ・ロワを買ってきてくれたのだった。
 
行列の人の目当ては「ガトー・エシレ」以外はマドレーヌやクロワッサンが主だったみたい。
1日10台程度しか焼かれないというガレット・デ・ロワはなんとかだんなのところまで残っていてくれた。
 
「あと〇人くらい」「〇台余ってるっぽい」「買えそう」
と実況メールが届くのを、はらはらしながら見守っていた私。
 
「クロワッサンは、とにかくお高いから、買えても無理しないでいいよー」
と伝えていたのだけど、
「クロワッサンがいい匂いすぎて辛い」
とメールが来て、「わかる、わかるよ」と頷いて。
 
結局、「せっかくここまで並んだんだから」の心理で、色々買ってきてくれた。ガレット・デ・ロワと同じくらい恋しかった、1カット売りのバタークリームケーキも買ってきてもらった。
 
アンシンメトリーなパイの模様も美しい、エシレのガレット・デ・ロワ。 というわけで、エシレのガレット・デ・ロワ、税込5400円。
 
アーモンドは仕込まれておらず、好みで添付のフェーヴを埋めてねというスタイル。金色の紙製王冠つき。
 
フェーヴはエシレのプレートをホルスタインが抱えた可愛いもので、これはここ数年同じものっぽい感じ。
 
これもエシレで人気のクロワッサン。値段が……値段です……。 「せっかく並んだんだし」の心理で買ってきてくれたクロワッサンは、手前が「クロワッサン・エシレ 50%ブール ドゥー(無塩)」、奥が「クロワッサン・エシレ 50%ブール ドゥミセル(有塩)」、どちらも1個432円。
 
包んだ紙袋に油の染みができるほどに、バターじゅくじゅくです。
 
こんなにバターしこたま入れてくれなくても良いんだよ、エシレ……(うれしいけども……)。
 
ボルディエに倣ってか、エシレでも海藻バターが。 そして、
「エシレでも海藻バター売り始めたんだってさ」
と、買ってきてくれた、20g378円(高いなー)の海藻バターも。
 
厳密に本国でどちらが先に扱っていたのかは知らないけど、「海藻バター」として日本で有名だったのはボルディエのが先だと思う。
 
エシレのも美味しいと良いな。
 
久しぶりに「貧乏人のパスタ」。胡椒がりごり。 で、お昼御飯は久しぶりに「ポバティ」、貧乏人のパスタ。
 
なんでも丸ビルの明治屋が閉店セール中だったそうで、「ペコリーノロマーノが半額だったー!」と、だんながエシレの帰りに寄ってきてくれたのだった。
 
その、買ってきてくれたばかりのペコリーノをがりごりたっぷり削る。
 
最初に半熟の目玉焼きを1人1個作っておいて、別途、オリーブ油を入れたフライパンの中で1人1個の別卵をわりほぐして、そこに茹でたパスタを入れて絡める。この段階でチーズを入れても良いのだけど、今日は、盛りつけた後から上にどっさり「セルフがけ」した。胡椒もたっぷり。
 
本来は、羊乳を材料にしたペコリーノじゃなく、パルミジャーノ・レッジャーノの下位互換とも言える、安価なグラナ・パダーノを使うパスタ。羊乳チーズでなんとなく風味が変わって、リッチな味のパスタになった。
「エシレ・メゾン デュ ブール」の
   ミゼラブル
カフェオレ
で、おやつに待望のバターケーキ。
 
行列に並んで買う「ガトー・エシレ」の方は、確かにすばらしく美味しいけれど、正直ちょっと濃厚すぎて、表面のバターをこそいでタッパーに入れたい(で、クラッカーとかにつけて食べたい)気持ちになってしまう。
 
「ショーケースに普通に並んでいる方のバタークリームケーキが食べたいのです」と「ミゼラブル」(756円)を買ってきてもらったけど、これでも夕食に響くくらいにもったりとお腹に溜まったのだった。ほんと、ここの食べ物は何もかもが、とっても濃厚。
 
スポンジではなく、アーモンド風味の生地(ダックワーズだそう)の層が4つ。その間に、ダックワーズ層と同じ厚さでバタークリームが3層。容赦なく、とってもバター。
 
写真の奥は、だんなの分の「ミルフォイユ」(864円)。バタークリームがあまり好きではない息子には「エクレール・ショコラ」(378円)。
 
ミルフォイユはパイ生地の食感がさっくさくで、ねっとりしたカスタードクリームには、これまたしこたまバターの存在感が感じられた。
とにかくバター。容赦なくバター。という感じで、バタークリームに飢えていた私は、もうすっかり充足できた。
 
充足できたは良いけれど、なんだか胃もたれしてしまって、夕飯の品数を全然増やせなかったという。
Tボーンステーキ
クラムチャウダー(キャンベル缶)
羽釜御飯
ビール(ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール 初摘みホップヌーヴォー)
コールスローでも作る予定だったけど、肉とビールの他はほとんど食べられる気がしないなぁ……と、夕飯は、年末の肉福袋に入っていた1kgサイズのTボーンを、ステーキにして。
 
早めに冷蔵庫から出して常温に置いておいた肉を、だんなが華麗に焼いてくれた。
いつも餃子を焼いているスキレットにあふれんばかりの断面積もさることながら、その断面積で厚さ4cmくらいはありそうな肉が、ものすごい迫力。
 
「こっちはヒレだね」
「こっちはサーロイン」
と、ナイフざっくり突き立てて、家族で分けつついただいた。なにしろ、骨つきとはいえ焼く前のサイズが1kgもあるわけだから、たいそうな食べ応え。
 
いつものバター醤油味でいただいて、ソースがおいしいものだから、最後にそのソースを少しばかり白飯に絡めながらいただいた。もうあとはスープを用意しただけで、すっかり満腹。
 
夜にガレット・デ・ロワを食べる予定だったけど、今日はもう全然無理でした。

2018年1月7日日曜日

七草粥と銚子丸

中華風七草粥
アイスプーアル茶
なんだろう、めっちゃ身体が痛い……なんかしらないけど痛い……という連休中日の、今日の朝。
 
頭も身体も重いけど、それは昨夜にけっこうな量の日本酒を飲んだからで。
そしてお酒飲むと肩凝りが悪化したりもするから、それの派手なやつだったりするのかなぁ……などと思いながら、昨日仕込んであった七草粥の鍋に火をつけた。
 
いつもの、中華粥風の、我が家の七草粥。
 
前の晩のうちに米に胡麻油を絡め、干し貝柱と共にたっぷりの水に浸しておく。
朝になったらそれに火をつけ、弱火でことこと1時間弱炊いて、最後に七草を刻んで混ぜ、さっと火が通ればできあがり。卓上には皮蛋、油条、香菜も。
 
香菜が入るから、七草じゃなく「八草粥」状態なのだけど、そのあたりは気にせずに。
 
ごく軽く塩気をつけて食べた粥は、今年もたいそう美味しかった。
白桃ゼリー
と、朝食までは元気だったのだけど、その後、立っていられないほどに具合が悪くなってきてしまった。
 
全身が筋肉痛及び関節痛という感じで、だるさもあって腕を持ち上げるのもしんどい状態。
二日酔いでこんな状態になったこともないし、かといって他の症状はさっぱりだからインフルエンザにも思えないし。
 
だんなが「お昼何か買って来ようかー」と聞きに来てくれたけど、「なんか、ゼリーみたいなものが食べたいです……」とだけ言って、午後になるまでひたすら寝ていた。
 
で、寝るのに飽きて、でも身体はまだ痛いしで、「もう痛いのに飽きた」とロキソニンを飲んでみたらあっさり回復。
 
本当に、ただただ痛いのだけが辛かったので、
「痛くなくなったら動けるようになりました」
と、ゼリーを食べた。
 
だんなが買ってきてくれたのは、いかにもな感じの、白桃ゼリーとみかんゼリー。
熱はないんだけど、弱ってる時には桃とかみかんとかパインが嬉しいよね。
「すし銚子丸」にて
 南船橋3貫
 中とろ炙り握り
 あじ握り
 金目鯛握り
 白子軍艦
 あんきも軍艦
 のれそれ軍艦
 まぐろ中落ち軍艦
 いくら軍艦
 煮穴子一本
 カスタードプリン
 お茶
「動けるようになったので当初の予定をこなしたいと思います。夕方にIKEAにツリーの木を返しに行って、そのまま銚子丸で夕御飯にしませんか?」
とだんなに提案して、午後にわさわさと、生もみの木のお片付け。そう、我が家、今日までクリスマスツリーがクリスマスツリーの状態で飾られていたのだった。
 
最後の1週間ほどは落葉が多くなったけど、それでも1ヶ月以上、葉は緑色のまま保たれていてくれたのだから、生もみの木、すばらしい。最後まで良い香りだった。
 
紐とビニールでぐるぐる巻きにしてIKEAに運び、返却するともみの木購入時のチケットが1000円分のお買い物券(有効期限あり)になる。それを使って少しだけIKEAで買い物して、IKEA近くの「すし銚子丸」で今年初の回転寿司。
 
まぐろも鰺も穴子も、全部全部おいしかったー。
 
これは、初めて食べた気がする「のれそれ」。
 
穴子の幼魚なんですって。半透明で平べったくて、方向としては白魚のような?
 
美味しいというより、とても綺麗な魚だった。
 
穴子はやっぱり穴子として食べた方が美味しいなーというわけで、最後に「煮穴子一本握り」をしっかり注文。
 
「南船橋三貫」というオリジナルセットはめかじき、真鯛、上赤身という組み合わせ。
 
今日は車だったのでビールは無しで、お茶を傍ら、ひたすらお寿司を楽しんできた。
 
いつの間にか、カウンターにタブレットが置かれてそこから注文できるようになっていた銚子丸。連休中日の夜も、なかなかの盛況ぶりだった。
すっかりお腹が空いていたから、気持ちとしてはもっと食べたかったけど、2人で13皿。食べられなくなったわ。悲しい。

2018年1月6日土曜日

友人来たりて。

津田沼「ピーターパン」にて
 きなこ揚げパン(ミニ)
 卵サンド
コーヒー
今日は友人4人が我が家に遊びに来る日。
 
昨日の体調が体調だったものだから、「まさかインフルエンザとか、ねぇ」と私も戦々恐々だったのだけど、今朝は特に寒気もなく、少しばかりの倦怠感の他は発熱も咳も無く……という感じ。大丈夫?大丈夫だよね?と、そのまま予定を決行することにした。
 
夕飯の食材購入に、だんなと2人、朝イチでお出かけがてら、朝食は「ピーターパン」で。
 
気温一桁半ばの店は、それでも屋外テーブル席で朝食を摂る人がちらほらと。
 
パンを買うとセルフサービスのコーヒーをいただくことができて、購入したパンの価格そのままで食事を楽しめるのが、このパン屋さんの人気ポイントの一つでもある。
 
私はミニサイズコッペパンの卵サンドと、そのコッペパンを揚げたきなこ揚げパン。
 
店頭にも並んでいるけれど、お願いすればその場で作ってくれる揚げパンは、給食で食べた懐かしの味よりも輪をかけて美味しいと感じる、幸せの味。
買って帰るのもありだけど、店頭で揚げたてを食べるのが一番だよねと、久しぶりのきなこ揚げパンの味を楽しんだ。砂糖がジャリッとした舌触りなのもいかにもで、幸せ。
「ピザヨッカー」の
 冬のよくばり4種 Lサイズ
 ミートミックス Lサイズ
 冬のチキンセット(フライドチキン4個)×2
 フレンチポテト
コカコーラ
オレンジーナ
そして昼頃に一同めでたくあつまって「あけましておめでとうございまーす」言いながら、まずは昼御飯。
 
手間なしにしましょうと、地元のピザ屋さん「ピザヨッカー 」の宅配ピザを頼んでしまった。大人6人で食べるからLサイズ2枚で良いよねと、具材は別のクォーターにして、1枚はパン生地、1枚はクリスピー生地に。
 
「味は8種類あるから適当に4種類選んでねー」
という形にして、冬季キャンペーンで無料でついてくるフライドチキン、ネット注文で無料でついてくるフレンチポテトも並べたら、なかなか豪華な昼食になった。飲み物はスーパーで買ってきた清涼飲料水。
 
久しぶりに食べたけど、クリスピー生地のピザ、お腹一杯になりすぎなくて良い感じ。そこそこ時間が経ってもカリッとした食感が続いていて、次に頼む時もこれにしようかなと思ったのだった。
 
で、人数集まって何をしていたかというと、「人狼 ザ・ライブプレイングシアター(通称:TLPT)」という人狼演劇のDVDを皆で鑑賞していたという次第。
 
プロの役者さんが集まって、その都度、役者さんたちも内訳を知らない状態で「人狼」を演じるというもの。役としての個人の設定は維持しつつ、アドリブで芝居をしていくこの集団、はまる人ははまるらしく、ゲーム仲間にも何人か、せっせと劇場に通うコアなファンがいる。私は一度、格安チケットで見に行っただけだけど、なるほどこれは、好きな人は好きだろうなーと。
 
私はどちらかというと、外から見ているよりも自分がやって楽しいと感じる性格だから、定価で劇場に足を運ぶことは無いかなという感じではあるけれど、でも皆でわいわいと、
「いや、最後の人狼はこの人でしょ」
「えー、占い師ってあの人が本物じゃないの?」
なんて話しながらDVDを鑑賞するのは、それはまた別の楽しさがあって面白かった。
豚味噌鍋
日本酒(栃木 小林酒造 鳳凰美田 BLACK PHOENIX)
日本酒(愛知 萬乗醸造 醸し人九平次 雄町)
日本酒(岡山 嘉美心酒造 冬の月 無濾過生原酒)
そして夜は、冬の我が家定番の豚味噌鍋~。
 
何しろ準備が簡単なので、こんな感じで。
 
今、日本酒が大変な事になっているんです手伝ってください、と、酒飲みの大人4人で、3合弱ほど残っていた一升瓶の鳳凰美田と、冷蔵庫から新しく出した四合瓶の醸し人九平次と冬の月を、飲み干した。
 
楽しくてはしゃいでいたせいか、今日のお酒はやたらと回ってしまって(量もけっこう飲んでたと思う……)、皆を見送る頃には、けっこうな酔っ払いぶりに。
 
基本的に引きこもりなお正月だったから、仲良しの顔を見てたっぷりおしゃべりできて、良かった良かった。楽しかった。

2018年1月5日金曜日

バターチキンケンタ。

バタートースト&バターロール
炒めウィンナー&目玉焼き
ヨーグルト(朝食いちごヨーグルト)
カフェオレ
パン1枚とか、バターロール1個とか、あとソーセージが2本とか、微妙な感じに残ってしまっている食材を諸々出して本日の朝御飯。
 
「朝食りんごヨーグルト」シリーズの「いちご」があったので、ヨーグルトはそれにした。
 
さて、明日は友人がどさっと遊びに来るので、気合い入れて掃除しなきゃいけないのだけど……気温を考えずにストーブもつけずに薄着で掃除して、挙げ句、半裸になって(服着たままだと服が毛まみれになるから……)猫のブラッシングをしたところ、尋常じゃない寒気が襲ってきて、その後、ダウン。
 
掃除より何より、風邪ひく方が皆に迷惑なので、風邪薬飲んでおとなしくしていることにした。
あー、でも、夜にはまた半裸になって(←習慣)トイレ掃除もしておかなくちゃ……。
納豆御飯
鶏肉とごぼう、舞茸の吸い物(ラスト)
麦茶
「微妙な感じに残っている」が他にも色々あって、息子との昼御飯も別のメニュー。
 
息子には残ったカレーと1玉だけあったうどんを使ってカレーうどん。
私は1杯分だけ残った吸い物と、昨夜の残りの白飯と納豆で、納豆定食。
 
だんなと私の、唯一と言っても良い、嗜好が合わない食品である納豆。
だんなは納豆が存在からして許せないらしく(だから納豆菌で発酵させる臭豆腐もたいそう苦手)、私は納豆大好き。なんなら御飯に乗せたりせずに「素食い」でいくらでも食べられるくらい。
 
見切り品のを「あ、これ、お安い」と買ってきた大粒の納豆は、元々が良い品だったようでたいそう美味しかった。連休が明けたら平日昼間は一人御飯だし、納豆買いだめしようかなー。
「ケンタッキーフライドチキン」の
 発酵バター入りビスケット&スープセット \690
     オリジナルチキン
     トマトクリーミーポタージュ
     発酵バター入りビスケット
 濃厚香味バターチキン \270
沖縄バヤリース (シークワーサー)
で、午後になっていよいよ具合が悪くなってきた私。
 
「さむいよー」と厚着して肩にショールかけてストーブ最強にするもなおも寒くて、でも実際気温も低いものだから、風邪なのかインフルなのか、単に体温調節がへたくそなだけなのか、自分でも判別できず。
 
明日は友人たちが遊びに来る予定だから、発熱の自覚が出たらすぐに皆に連絡して予定は取りやめにしようと思っていたのだけど、いまいちそんな感じでもなく。
でも、全身がだるいし、なんか筋肉痛みたいな痛みまであるしで、「インフルかなーいやでもなーそこまでしんどくない……」と思いつつ、
「ごめん!夕飯、買ってきてくれるかな?」
と息子にお遣いを頼んだ。だんなは今日、職場の新年会だったので。
 
そんな体調のさなか、食欲だけはばっちり衰えは無かった、という。
 
ケンタの新商品が良いです、新商品、と息子に頼んで買ってきてもらったのは、ケンタの「発酵バター入りビスケット&スープセット」と「濃厚香味バターチキン」。
 
飲み物は、沖縄旅行で買ってきてあった、沖縄バヤリースのシークワーサー。酸味がとても恋しかった。
 
「ぎゃー、めっちゃバターだー」
「そしてめっちゃにんにくだー」
 
そう、息子とぎゃあぎゃあ言いつつ食べられるくらいには充分元気だった模様。
 
うーん、美味しいけどこのバターチキン、1個食べればもう充分という感じ。これだけを2個食べるとかはなかなか難しい感じの、濃厚こってりにんにくバター味だった。
 
いつものビスケットよりはちょっとだけこってり感のあった「発酵バター入りビスケット」も美味しかったな。これ、通常ビスケットと2択で選べたりしたら、毎回発酵バター側を選んでしまいそうなくらいには気に入った。
 
夕食後は、「とりあえず、あっついお風呂に入って寒気を止めれば良いんじゃないかな!」と、寒気がおさまるレベルの熱々風呂を長湯して、しっかり厚着して布団二枚重ねで早々にベッドの中に。3時間ほど寝たところでだんなが帰ってきたのだけど、その頃には随分楽になっていた。少なくとも、寒気は全く消えていて。
 
「なんかねー、こりゃ駄目かなってくらいに具合悪かったけど、大丈夫っぽい」
 
と言いつつ、だんなが買ってきてくれたアイスのピノをもぐもぐ。
 
「今日、フランス赴任中の同僚が帰国してるから会ってきたんだけど、これ、貰ってきたー」
 
と、テーブルに置かれたのは、クリスマスイブに六本木で見たパリのトリュフ専門店のトリュフマヨネーズ。
 
それと、メタリックな格好良いケースに入った「Patrick Roger」のチョコレート。日本にはバレンタインデー時のイベントなどでの取り扱いはあっても、店舗は未だ国内に無いのだそう。
 
素敵な色々を台所の棚にひとまず置いて、明日の来客用準備はさっぱり進んでないけれど、「まあ、キャンセルしなくて大丈夫そうかな、良かった良かった」と眠りについた。今日はものすごく良く寝ていた一日。

2018年1月4日木曜日

生姜焼きとガレット・デ・ロワ

「Delifrance」のアップルケーキ
アイスチャイ
今日からだんなは平常営業。息子は連休明けまで冬休み。
 
月初めの早め出勤で早々にだんなは出て行ったので、私は一人、のんびり朝御飯にした。
福袋に入っていたアップルケーキを出してそのままかぶりつき、肉福袋に入っていた濃縮チャイの元に冷たい牛乳注いで、アイスチャイという、準備時間1分の朝御飯。
 
アップルケーキはパイではなく、デニッシュ生地っぽい薄焼きの生地にしっとり生地のスポンジとりんごの甘煮、という感じ。ほんのりシナモンの香り。シュトゥルーデルっぽいなと思いながらもぐもぐ食べた。
 
そしてチャイが本格的にしっかりチャイ味で、なかなか感動。
通常価格1100円(8oz)のこれ、買ってまで飲むかというと微妙だけど、どこか薬品瓶のようなかっこいいボトルと本格的な味はなかなかおしゃれではある。この原液を卵液に混ぜてフレンチトーストにしたり、色々楽しく使えるんですって。
チーズいろいろ・いちじくジャム・イタリアサラミ
フォアグラバター w/バゲット
黒キャベツ添えフォアグラ大根
豚肉の生姜焼き w/千切りキャベツ
鶏肉とごぼう、舞茸の吸い物
羽釜御飯
ビール(サッポロ黒ラベル)
 
「DONQ」のガレット・デ・ロワ
カフェオレ
年明けの週末前はそう忙しくなかったらしく、だんなはとっとと帰ってきた。
じゃあ今日はビールじゃー!と、夕飯も平常運転に……という割には、美味しいチーズやサラミ、フォアグラが出てきて、やっぱりまだ浮かれ年明け気分が続いているのだった。
 
火を通したのでそこそこ日持ちもする(なんなら冷凍もできるらしい)フォアグラバターは、こんがり焼いたバゲットの上に。
これが最後のフォアグラ大根(フォアグラは残ってるけど大根がこれでおしまい)は、オリーブ油とトリュフ塩で炒めた黒キャベツ(「ココノミ」で買った)を敷いてみた。
 
甘さが濃厚で少しだけほろ苦さのある黒キャベツ、油とたいそう相性が良いということでなるほど、フォアグラにもすばらしく良く似合う。
 
チーズ皿にはいちじくジャムも乗せて、風味の強いゴルゴンゾーラはジャムと一緒に。
息子が旨い旨いとトリュフ入りチーズからばくばく食べるのを軽く阻止しながら(なんでそんなにトリュフ好きなの……息子……)、こちらはいつもの味の生姜焼きを、テーブルの中心に。
 
炊きたて御飯も、やっとこさそろそろラストの吸い物も、美味しうございました。
 
そして食後に、「DONQ」のガレット・デ・ロワを。
 
いかにも「パン屋さんのガレット・デ・ロワ」という感じの、この店の品。
 
パイ生地も、アーモンド風味のフィリングも、安定感のある安心して食べられる美味しさだった。値段も手頃(2000円くらい)だし。
 
「6等分……は難しいね。8等分で」
「それを1人2切れってことで」
「え、そんなに食べるの」
 
などと話しつつ、結局、1人2切れをぺろり。
 
「1巡目」では誰もアーモンド入りに当たらず、「2巡目」でだんなにアーモンド入り1切れが回って、めでたく今年の王様はだんな、ということになったのだった。
 
ここの王冠は、箱に巻かれた紙を切り取って作るスタイルで、どこか北欧チックな白地に赤や青の模様がついた可愛いタイプ。
 
今年のエピファニーは明後日の6日ということで、一足早いお祝いケーキ。今年もめでたく食べられて、何より何より。おいしかった。

2018年1月3日水曜日

元旦搾りを買いに

「神戸屋キッチン」の
 フライドチキンとエッグポテトサンドイッチ
カフェオレ
今日は朝から私、ちょっとそわそわ。
 
「いまでや」さんの千葉エキナカ店の営業時間を調べて、通常は8時開店なところ、今日は祝日で9時開店と知り、8時過ぎに
「朝御飯にしましょー」
とだんなに声をかけた。
 
朝食は、昨夜だんながお出かけついでに買ってきてくれた「神戸屋キッチン」のサンドイッチ。閉店前で40%オフだったんですって。ハニーマスタードソースを添えたフライドチキンサンドが2切れ、卵サラダのサンドが1切れ、ベーコンとコーン入りのポテトサラダサンドが1切れ。どれをとってもなかなか幸せな組み合わせ。
 
「元がお高かったー」と言ってたけど、この内容だったら通常価格630円して当然だよね、という感じ。それが40%オフ。何より何より。
2日目のカレー
麦茶
そして9時になるのを待って酒屋さんに電話をかけて聞いたのは
「新政さんの元旦搾り(これ)入ってますか?」
というもの。
 
例年だったら、都内の酒屋には1月2日の夕方以降に届いて販売を始めるこのお酒。大晦日から準備して元旦に瓶詰めして発送するという、干支柄の瓶とプラスチック製の絵馬がいかにも正月らしいお酒だ。3年ほど前のこれがめちゃくちゃ美味しくて、以来、買える時には買っている。
 
千葉本店の「いまでや」さんも、東京の「はせがわ酒店」も予約は受け付けてくれないから、店頭に並んでいるタイミングに買いに行くしか無く。
幸い、「今朝から販売してますよー」という嬉しい一言を貰えて、だんなと2人、「千葉に行くぞー」とお出かけしてきた。
 
いまでやさんは、メンバーズカードを所持している人のみを対象にした販売で、1人1本限定。だんなが持っているしとメンバーズカードを作っていなかった私も、この機会にさくっと作って、合わせて2本買ってきた。
 
その後ちらりとエキナカを見て歩き、デパートが開くのを待ってから千葉そごうに。
YOSIKI様推しの「銀座あけぼの」のチーズおかきを買いに行ってみるもやっぱり早々に売り切れたらしく、せめてもと、チーズおかき入りのおかき詰め合わせを1つ買ってきてみた。あとは1月6日にエピファニーを迎えるということで(その前に食べちゃうだろうけど)、DONQの「ガレット・デ・ロワ」も。
 
息子は昼食後に出かけて夕飯も外で食べてくるそうなので、夕飯の算段もゆるっとしつつ、帰宅した。
昼御飯は、たんまり作った「2日目のカレー」を。
 
カレー……美味しいよね……。
ほうれん草のおひたし
ふろふき大根 w/柚子味噌
生湯葉
本まぐろ盛り・たこぶつ・板わさ
だんな特製なめろう
だんな特製あさりバター
お肉屋のチャーシュー
「古市庵」の豆いなり・鶏ごぼういなり
日本酒(秋田 新政酒造 新政 平成30年 新年純米しぼりたて)
息子が居ないなら日本酒ですか?日本酒ですよね?と、今日は早速、買ってきたばかりの新政元旦搾りを1本いただくことに。
 
日本酒に合わせて買ってきたのは、お刺身いろいろ、いわしも安かったので「なめろう」をだんなが作ってくれた。あと、だんなの提案で「あさりのバター蒸し」も。
 
フォアグラ大根はちょっと食傷気味なので、残っていたふろふき大根は、そのままふろふき大根として柚子味噌添えていただいて、「ココノミ」の美味しいほうれん草はシンプルおひたしに。
 
あまり手間なくと、「これ美味しそう!」と買ってきたチャーシューや生湯葉も並べて、シメは「おいなりさんが食べたい気分です」と、これまたデパ地下で買ってきたおいなりさんを。
 
早めにお風呂を済ませて、ぐだぐだしながらこたつで晩酌を楽しんだ。
 
新年早々でも本まぐろに鰺に鰤にと、普段よりは種類少なめながらしっかり鮮魚が並んでいた「角上魚類」は今日も素敵。
 
元旦搾りは、例年以上に酸が強かった印象で、とっても爽やかなな口当たり。正直、刺身にはいまいち合わない感があったけど、なめろうにはすごく似合っていた。あさりバターやチャーシューにも、なかなか。あと、なにげに、黒豆の甘さともお似合いだったりして。
 
元旦搾り、瓶の方はさすがに残していないけれど、絵馬は台所に置いている。年々増えていくのがちょっと楽しみ。
……で、ところで、日本酒冷蔵庫からとうに溢れている冷蔵推奨のお酒が、ベランダにごろごろ置かれてしまっているのだけど(一升瓶2本、4合瓶はワイン含めて10本……?)春が来る前に、ほんと、どうにかしないと。
 
幸い、ゲーム仲間の女子に日本酒好きが多いから、12月にも企画した日本酒会を、再びやろうかなーと目論んでいる。

2018年1月2日火曜日

正月カレー。

「Delifrance」の
 あんクロワッサン・クロワッサン
 チーズフランスパン
カフェオレ
お餅はお昼にしましょうかーと、今日の朝は、昨日パン屋で買った福袋の中に入っていたパンを、だんなと半分こしつつ。
 
あんこが巻かれた和風味のクロワッサンと、シンプルクロワッサン、あとは角切りチーズがトッピングされたフランスパン。
 
フランスパンは大きかったので適当に温めて切って食べつつ、カフェオレと共に。
 
やっぱり私は、パン朝食の方がちょっと安心するんだわ。冬のお餅は、それはそれで大好きだけども。
あんクロワッサン、美味しかった。
お雑煮
おせちの残り・かまぼこ
麦茶
今日は午後からだんなと息子はそれぞれお出かけ。
 
私は特に予定もなく、のんびり昼寝でもしましょうかという文字通りの「寝正月」だ。
 
お昼はお雑煮と、少し残ったおせちの残り。かまぼこも切って。
 
自然食品の店で買ってきた、少し柔らかなお餅はたいそう美味しい。日持ちはしなさそうなので、せっせと食べている。
 
まだお汁粉もきなこ餅も食べてないので、美味しいお餅が買える時期のうちに、また買ってこないとなー。
ポークカレー
牛肉コロッケ
コーンスープ(インスタント)
麦茶
だんなは夜に学生時代の同窓会で、息子も帰宅時間がいまいち読めず。
 
どうしよ、一人の夕飯だったら適当に夕御飯も餅で済ませようか……などと思っていたら、夕方に息子がさらっと帰ってきた。だんなも、飲み会はさらっと1時間ほど顔だけ出して帰ってくるとのこと。
 
じゃあ予定通りにアレ作りましょと、購入済みの豚バラブロックを冷蔵庫から出して、ポークカレーを作った。
 
圧力鍋を使えば、ものの30分ほどでカレーはできちゃう。
一口大に切って塩胡椒、カレー粉を多めに揉み込んだ豚肉を炒め、玉ねぎは半量、人参は全量カットして共に炒めたら、圧力かけて15分。圧を抜いたらじゃがいもと残りの玉ねぎ入れて、10分ほど煮込んだら市販のルウ溶いてできあがり。
 
インドカレーはスパイスばさばさ入れてイチから作るのが好きだけど、普通の「家カレー」は市販のルウの味が好き。
もうこれは、子供の頃からこのカレーを食べて続けてきたから、仕方がない。この味はきっと一生嫌いにならないなーという感じ。
 
今日使ったのは、S&Bの「とけ込むカレー」というものだったと思うけど、馴染みの「とろけるカレー」と比べて、若干物足りなさがあった感があったような。最後にガラムマサラと焼き肉のたれ、いちじくジャムを少しだけ入れて、なんとなく好みの方向に調整してみた。水分が少なかったというわけでもなさそうなのだけど。
 
で、「カレーは作ったよー」とだんなに報告したら、出かけ先の駅ビルで帰り際、コロッケを買ってきてくれた。だんなの分はメンチカツ、息子はコロッケとメンチカツ両方。
 
飲みさしだった紙パック入りのコーンスープも出してしまって、帰ってきただんなも交えて、ささっと軽めの夕御飯。
 
おお。今日はお酒、飲まなかったよ。

2018年1月1日月曜日

おせちとお雑煮

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
お雑煮
麦茶
元旦なれど、いつもとあまり変わらない時間に起床。
だんなと息子の起床をのんびり待ちながら、朝を待つ。今日も寒そうだねー。
 
我が家のお雑煮、芹と舞茸入り。 家族揃っての朝昼兼用の食事は、正月と言えばのお雑煮で。
 
自然食品屋さんで買ってきた角餅を焼いて、鰹だしの汁の実は、鶏肉、ごぼう、舞茸、そして芹。
 
舞茸はどうしてもつゆの色を悪くしてしまうので(ポリフェノールその他諸々の成分が湯に溶けやすく、黒くしてしまうそうで)、最初にごく軽く熱湯にくぐらせてから汁の実に。鶏も一度霜降りにしてからだしで煮た。
 
関東の雑煮風に三つ葉をあしらっても美味しいけど、やっぱり芹を入れた方が本来の味わいだなという感じ。
 
食後は、せっかく自宅年越しなのだからと、地元の初売りに行ってみた。
 
駅構内のDelifranceでパン福袋を販売していたので、通りかかったついでに、1つ購入。
税込1000円で、食パン・チーズフランスパン・あんクロワッサン・クロワッサン・アップルケーキ・500円分買い物券が入っている。買い物券入れて、1500円相当なんですって。
 
私たちの目的はもっぱら食品福袋。
 
津田沼パルコで「ナラシド♪マルシェ福袋」(1080円:習志野ソーセージ×5本)、「北野エースレトルトカレー福袋(1080円:五島軒函館カレー・銀座千疋屋のビーフカレー・人形町今半じっくり煮込んだ牛すじカレー・ベル食品北海道ポークカレー)を買い、次はイオン。
 
カルディの食品福袋はとうに売り切れていたけど、イタリアの赤ワイン「カステルノーヴォ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」が税込3000円だったのでこれを1本。
ついでにイオンの酒コーナーでも3000円の赤ワイン福袋を販売していて、大当たりは「オーパスワン」とのこと。
 
「イタリアのカベルネが当たれば充分なんだけどねー」
「こっちもこいこいブルネッロ!」
と買ってみたのだけどこっちは仏産のが当たったのだった。
 
初売りは、たいそうな賑わい。
普通に安いものもちょこちょこあって、結局なかなかの大荷物で帰宅した。
フォアグラ大根
「弁いち」さんのおせち料理
日本酒(秋田 NEXT5 THE HARVEST 2017)
おせち、下の段。肉団子だー!椎茸だー♪ そして早めの夕飯は、恒例の「弁いち」さんのおせちと共に、お酒は瓶からしておめでたい感じの、NEXT5「THE HARVEST 2017」。
 
建築士の田根剛氏とのコラボによる瓶は、もう瓶そのものが工芸品のような感じ。
 
表面に微細な凹凸が刻まれていて、これは「「米の精米歩合を下から上に上がるにつれて、玄米から40%までの酒米を表現している」のだそう。
 
栓までもがガラス製で、そして磨りガラス加工のように刻まれた「NEXT5」のロゴマーク。ああ美しい。
 
瓶に負けない感じで味もとても「綺麗」な印象。
口にした瞬間の印象は「ひんやり」「すっきり」という感じで、でもその直後、口の中に吟醸香がぶわわと広がる、深みと奥行きのある酒だった。酸の具合とか、とっても好み。
 
そんな美味しいお酒に、全く負けない美味しい料理。
 
息子の世代が「もっと食べていい?」とねだるおせち料理というのは、あんまり他に無いんじゃないかなと思う。
 
伝統的な田作り、数の子、昆布巻き、黒豆、栗きんとんなどなどに加え、サーモン千枚漬巻、たらこ白板昆布巻、慈姑オランダ煮、鮑大船煮、鰆西京焼、バルバリー鴨ローストなどなど。
 
「この数の子美味しい。食べちゃっていい?」
「俺は肉団子は譲れない」
「私!私、椎茸貰っていいですか!?あとねえ金柑!」
 
すべてが4切れずつあるから、我が家では全種類が1切れずつ余るわけで、それをもれなく争奪戦。
 
息子は「弁いち」さんの数の子を食べて「数の子っておいしいんだ!」と思うかもしれないけど、これはほんとにおいしい数の子だからね……そのへんでお安く買ってきた数の子が同じレベルだと思わないほうが良いよ。それは他のすべての料理に言えることだけど。
 
私の母も好きだった、たいそう立派な冬子椎茸の旨煮に、しっとり脂の乗った鰆。あと私は「なます」も大好き。おせちならではの「黒豆」も今年もうっとりする美しさ&美味しさだった。
 
大晦日、元日でも普通にスーパーやコンビニで買い物ができてしまうこの時代、「おせち」は形骸化している感もあるけれど、おいしいおせちなら、大歓迎。
 
そして流すテレビは、これまた元日恒例の「芸能人格付けチェック」。
 
ほぼほぼGACKT様を見るための番組を化しているここ最近、今日はGACKT様とペアになったYOSHIKI様もすごかった。この方、ずーっとカメラの前でまりまりと焼き菓子を食べ続けていらっしゃる。
このお菓子、番組中に特定されてtwitterに流れてきた情報によると「銀座あけぼの」の「チーズおかき」だったらしい。
 
買いに行くか……と、YOSHIKI様に踊らされる2018年のスタートなのだった。