2017年12月15日金曜日

かつどーん

バタートースト
炒めウィンナー&目玉焼き
自家製ヨーグルト w/バニラリンゴジャム
カフェオレ
昨日とほぼほぼ一緒の朝御飯。
 
でもヨーグルトのジャムは別のにしたし、ウィンナーも別メーカー、コーヒー豆の種類も違う……間違い探しのレベルかな、っていう。
 
現在、我が家のドラム洗濯機は数度目の故障中で、昨日から排水ができない状態。
 
昨日の朝にトラブルが発生して、すぐに故障修理を頼んだら、今日の日中には来てくれることになった。2日洗濯できてないのはなかなかのストレスで(しかも排水エラーだから、昨日の洗濯物はぐしょぐしょに濡れたまま……)、早く直らないかなーと修理時間の連絡待ちで落ち着かない今日。
「さぼてん」のかつ丼
味噌汁(インスタント)
麦茶
洗濯機はめでたくお昼頃に修理担当者さんが来てくれて、さくさくっと直してくれた。排水パイプへの衣類くずの詰まりだそうで……でもこれ、予防できるかというとできない気が。勝手に詰まってしまうんだもんなぁ。
 
ともかくも、無事に直った洗濯機を数度に分けてごんごんと回しつつ、今日はなんだかもう腑抜けてしまってやる気が無く。体調も少し悪かったこともあって、
「夕飯買ってきてくださーい」
と、だんなの帰宅が遅いのが確定なのを良いことに、息子に頼んでしまった。
 
なんでも良いよと伝えたら、息子の選択はカツ丼。
私の好物でもあるけれど、息子も大概カツ丼が好きなようで、献立をおまかせにすると、大抵こういうことになる。
 
良いよ良いよカツ丼で良いよーということで、夕飯は、「さぼてん」のカツ丼。私は普通盛りで、息子は大盛り。
 
地元には「まい泉」も「和幸」もあるのだけど、私はなんとなく「さぼてん」が一番好きで。息子もそれに倣ってくれてるのかわからないけれど、息子が買ってきてくれるお店もいっつも「さぼてん」。
今日のカツ丼も、いつも通りに美味しかった。

2017年12月14日木曜日

ハラミ&さつまいも。

バタートースト
炒めウィンナー&目玉焼き
自家製ヨーグルト w/いちじくジャム
カフェオレ
今朝はJohanの食パンでバタートースト。
 
美味しい食パンって本当に美味しい(←何の情報も増えてない)。
シンプルなバタートーストで食べると感じる美味しさはまた格別で、それだけでも御馳走感がある。
 
自家製ヨーグルトにラ・ベル・コンフィチュール・マサコさんのいちじくジャム添えて、これも上品濃厚な味で美味。
キャロットラペ
牛ハラミとさつまいもの炒め
ちくわぶ煮
羽釜御飯
麦茶
スーパーの見切り品コーナーで買ってきた、焼き肉風の味付け済の牛ハラミ。元々がけっこう良いお値段だったんで、ちょっと期待して買ってきた……ら、臭みもなくて、なかなかこれが美味しかった。
 
本当はニラとかにんにくの芽あたりと炒めたかったのだけど、にんにくの芽はみつからず、ニラはお高く。というか、ここ最近、野菜(特に緑色の)が軒並お高い。
 
なんとか手頃な食材をということで、結局、さつまいもと共に炒めることにした。焼き肉のたれ味とか肉じゃが味みたいな甘じょっぱい系の味付けと、さつまいもは良く似合う。彩りにスナップえんどうも少し。
 
実のところ、さつまいもはスイートポテトなどのお菓子系に加工するよりも、こうして野菜として使う調理法の方が好み。適度に甘くてほくほくで、芋好きとしてはその食感も心地好くて、私の皿には芋多めによそっておいた。
 
2枚ほどのさつまあげと、あとはちくわぶ、という"おでんのなれの果て"的なものを汁物代わりにして、あとは炊きたて御飯、作り置きのラペで。
 
ちくわぶは「鈴廣」で買ってきたもの。小麦粉の塊みたいなものなのだけど、大手メーカーのをスーパーで買ってくるよりも専門店で買うものの方が心なしか美味しい気がする。
いつもおでん種買ってる 「大阪屋」さんのものが、本当に美味しかったりして。

2017年12月13日水曜日

タコライス~♪

「ランチパック」の「ブラックとホワイト」
りんご
カフェオレ
「水曜も通学早いんだし、好きな菓子パン総菜パンを選ぶがいいよ」
と一昨日、息子と買い物しがてら伝えると、
「じゃあこれー」
とランチパックを2袋、籠にどさどさと入れてきた。
 
じゃあ私もランチパックにするかなと、1種類選んで籠に入れたのは、スターウォーズパッケージの「ブラックとホワイト」。
 
黒パン白パン2色のサンドで、
「ココア風味のパンには板チョコとチョコクリームをサンドし、白いパンにはミルククリームとホイップクリームをサンドしました。」
ですって。
 
チョコクリームはよくあるけど、「板チョコ」はなかなか斬新。ゴリッと歯ごたえのある、ちょっと薄めとはいえまさに「板チョコ」が詰まっていた。ミルククリーム系サンドも嫌いな方向のはずもなく、1袋で2種類食べられるちょっと嬉しいセットだった。
 
りんごも、もぐもぐ。
タコライス
オニオンスープ
麦茶
そして夕飯は満を持して(?)息子大好きタコライス。
 
先日、JALのバーゲンで買ってきたのは「5アイテム500円」のワゴンセールだったLAWRY'Sのタコスパイス。
市販価格は1袋250円ほどらしいから、これはけっこうお得だったのかもしれない。10袋買って来れば良かったかなぁ。
 
これを使って、本来1ポンド(≒450g)の肉を炒めるところ、650gの肉を炒めた。息子が食べるとなると、450gでは足らないだろうなと。
 
レタスは1玉、トマトは3個。シュレッドチーズも沢山。
そして、炊いた米は3合。
 
以前、息子が1人で夕飯にタコライスを作った時に、2合の米を食べきったと聞かされていたから、「これ、2合炊いても足りない……のかな?」と3合にしたのだけど、この御飯、全部食い尽くされた。私はタコライスの時にはせいぜい半合くらいしか食べないから、息子、2.5合の米を食べたことになる。
 
目の前で山盛りのタコライスを2杯、3杯と食べ進める息子。
確かにタコライスは美味しいけれども、それにしたって、この光景は大食いタレントのロケ風景でも見ているようで。
 
「……うぐ。見ていて気持ち悪くなってきた」
と呟いたら、
「いやぁ、そんなに褒められても?」
だそうで。
 
「褒めてない!褒めてないからね!?」
「いやぁ」
「なんで照れ笑いしてんの?わっけわかんないからね!?」
なんて漫才を繰り広げることになったのだった。
 
息子なら沖縄のキングタコスで、あの大盛りタコライスを2個くらいは余裕で食い切れるかもしれない。おそろしい。

2017年12月12日火曜日

鶏ときのこのペンネ

「木村屋總本店」の
 あんバターホイップ
自家製ヨーグルト w/いちじくジャム
牛乳
銀座には立派な自社ビルの「木村屋總本店」があるわけだけど、向かいの銀座三越にもしっかり売店は入っている。
 
ビルを梯子するのがめんどくさくて、先日はJohanで買い物がてら、並びの木村屋にも寄ってお気に入りの「あんバターホイップ」を買ってきたのだった。
 
バターの分量、粒あんの味、いちいち全てが好みど真ん中すぎて、私はこのパンが大好き。
 
早め登校の息子を送り出した後、のんびりタイミングで牛乳傍らにいただいた。けっこうこってりどっしりしてるから、2個食べたいかというとそうでもなく、「1個で幸せ」な感じがまた、素晴らしい。
キャロットラペ
鶏ときのこのクリームペンネ
オニオンスープ
麦茶
「あー……今日はタコライスじゃなかったかぁ……」
 
帰宅するなり、息子にがっかりされて、そんな息子にがっかりなお母さん。
タコライス作るとは言ったけど、「明日作る」とは言ってないし。とっとと食べたかったきのこと生クリームが冷蔵庫にあったから、それを優先しなきゃと思ったわけだし。
 
「まあ、それでも文句ない献立でしょうよ。クリームのパスタだよ?」
と、息子には私の皿の1.8倍くらいの量のペンネと具材をどさどさと盛りつけてやった。
 
バターで鶏肉ときのことスナップえんどう炒めて、ハーブソルトふって、生クリームと少しの牛乳注いで煮詰めたところに茹でたペンネを和える。
 
以前、手抜きしてペンネと一緒に具材を茹でたりもしていたけれど、具材はちゃんと炒めて、クリームのソースにその旨味を吸わせるようにちょっと煮た方が、ソースが断然美味しくなるなと学んでからは、そのくらいの手間はかけるようにしている。
 
まとめ買いした玉ねぎがまだまだどっさりあるのでシンプルオニオンスープを用意して、野菜が高い中、これはあまり値段の変化がない人参は干しぶどう入りのラペにして。
 
1品でもちゃんと副菜作ると、それなりに「料理したぞ」感が充足できるので(作るのが1品だけだと「手抜きでごめん」感がかなりある)、キャロットラペ1つでも、ちゃんと作るものだなぁと思いながら、たっぷり食べた。

2017年12月11日月曜日

てんやで鶏天

「Johan」の
 クリームパン
 銀座のコッペパン(練乳クリーム)
カフェオレ
欲望のままにパンを選んだら、クリームパン系2種類になってしまった本日の朝御飯。
 
ケーキがやたら食べたくなったりして、やたらとクリーム系の味が恋しい今日この頃、今日ネットで見たところによると、どうやら、やる気の無さとか諸々あわせて、私は冬眠したがっていたらしい……とか、なんとか。
 
おかしいな。我が家はそこそこ日当たり良いし、週末も積極的に出かけてるんだけどな。
 
確か銀座限定という札がついていたクリームパンは、パン生地がリッチ系のデニッシュ風のもの。
これまた銀座限定の「銀座のコッペパン」は、こってり食感の練乳クリームサンド。
 
クリームサンドの方は2本買って、それを3等分して家族で分けた。
 
高級印象のあるJohanでコッペパンを扱っているというのがなんだかちょっと面白いのだけど、見た目も味もちょっと素朴めで良い感じ。
津田沼「てんや」にて
 ふもと赤鶏天丼 w/半熟玉子 \730
……で、今日から数日、だんなは関西出張。
 
その間(というかおそらくは今週ずっと)息子と2人の夕御飯が確定していて、まぁ、適当に食材の買い物行きますかねー……とゆるーく構えていたら、ゆるーく夜になってしまった。息子に何かお弁当的なものを買ってきてもらおうかと思っているうちに、息子も帰宅してしまい。
 
「あー……。なーんにも買い物してないから、明日以降の食材買いついでに、外で食べる?てんやとか」
「てんや、良いねぇ」
「意義無し?じゃあてんやで」
 
前に別のメニュー食べたときに、これが気になっていたんだよねと、「天丼てんや」に赴き、期間限定メニューのふもと赤鶏天丼を息子ともぐもぐ。
 
お互いこの天丼を選んだけど、息子はミニうどんつきで。
私は小盛りに変更してもらおうとしたのだけど、
「御飯多い分は俺が喰うよ」
と言われて、並盛りにしておいた。で、御飯の1/3量ほどを息子に譲渡。
 
鶏天2枚、なんこつ入りつくね、れんこん、いんげんが盛られた鶏天丼は、その名の通り鶏肉たっぷり。ごろんと太く大きめな鶏天のボリュームが嬉しかった。夏あたりに食べた独特なたれじゃなく、普通のたれだったのも好印象。
 
「とーちゃんいない間、どっかでタコライスもしようか」
「おー、いいねぇ」
「だから荷物持ちよろしくね」
「はいはい」
 
「てんや」はイトーヨーカドーに隣接しているので、帰りにヨーカドーでお買い物。
肉はどっさり買ったけど、今日の牛乳は1本しか買ってない(買う時は3本くらい一気買いする。2日に1本ペースで無くなるし、自家製ヨーグルト作るともっとえらい勢いで無くなる)から、エコバッグの重量は、多分ほどほどで済んだと思うけど、それでもそれなりの大荷物で帰宅した。寒波が来るらしいし、明日明後日あたりは家に籠もりまくる予定。なんなら冬眠。

2017年12月10日日曜日

芝浦で海南鶏飯

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
チーズトースト
カフェオレ
昨日今日と息子はバイト(お歳暮時期は時給が良い単発バイトがあるそうでー)、私とだんなは昨日の疲れにも負けずお出かけ。
 
先に食べさせて送り出した息子と同じメニューは、シンプルチーズトーストとカフェオレで。
 
まだあちこちに昨日の荷物が散乱してるけど、それは見ないことにして、とりあえずお出かけ~。
汐留「威南記海南鶏飯」にて
 休日限定ランチセット 2×\2000
 マントウ 2×\100
 東方美人茶 \600
車でまず目指したのは東京流通センター。
 
JAL系のバーゲンがあるそうで、「ですかい」シリーズが安く買えるかなぁと行ってみることにしたのだった。
 
それほど大規模なバーゲンではなかったものの、だんなの形態安定ワイシャツが1枚1000円ほどだったり、定価3000円のスパークリングワイン(多分機内で出されてるやつ)が900円ほどだったり、何より、定価2000円の「ですかいシリーズ」が1200円。
 
他にも調味料や菓子類などがあれこれ安く、たんまり買うことができた。
 
お昼は銀座に車を向けつつ、道中に行きたいお店発見!と、シンガポールの海南飯有名店の日本支店「威南記海南鶏飯」(ウィーナムキー ハイナンチキンライス)に。
 
2人から注文できる「休日限定ランチセット」が素敵な内容だったので、これにしてみた。
 
・BBQポーク
・イカと空心菜のサンバルソース炒め または チリプラウン
・ベジタブルカリー
・チキンライス(スチーム&ロースト) 香り米・スープ付
 
やや分量控えめとはいえ、上記がセットになって2000円は、なかなかお値打ち。カレーと一緒に楽しむ用にマントウも1人1個つけてもらって、あとは中国茶と。
 
しっとり柔らかなBBQポークと、思いのほかピリ辛味でそれが良かったサンバル炒め 2人分が1皿に盛られて出てくるのを、取り分けつついただくスタイル。
 
ある程度注文が集まってから一気に作る部分もあるのか、途中やけに待たされたタイミングもあったけれど、出てくる料理はどれもおしなべて美味しく、とても満足。
 
青梗菜が添えられたBBQポークはジューシーで柔らか、空心菜の炒めはイカがたっぷりで、味つけはいかにもなマレー系のもの。
 
ツヤツヤなマントウも美味しかったー 艶のある、ころりとしたマントウは、ベジタブルカレーと共にもぐもぐ。
 
トマトなどが入ったベジタブルカレーは、ココナッツミルク風味がとても濃厚で、これはお代わり無料だった香り米にかけて食べても美味しかった。
 
そしてスチームとローストの2種盛りでやってきた海南鶏飯。
 
醤油だれが下に敷かれ、卓上には白い生姜ソース、赤いチリソース、黒い醤油ソースの3種類が置かれている。お店の人曰く、鶏には生姜ソースとチリソースを同量混ぜながらつけ、醤油ソースは好みで御飯にかけてどうぞ、とのこと。
 
鶏はある程度味がついているからそのまま食べても美味しかったけれど、ソースを絡めて食べるとまた格別。鶏スープで炊いた御飯も、シンプルな見た目のスープも、どちらもシンガポールが恋しくなる美味しさだった。ほんとに、海南鶏飯は、「鶏定食」として素晴らしいバランスだなと思う。
 
午後は銀座で買い物したり、ちまっとした用事を済ませたり。
アップルショップに寄るのも目的の一つだったのだけど、なぜか中国人観光客が山のように店に詰まって行列を作っていたので、アップルショップは断念した。なんで、今このタイミングにアップルショップが混んでるの……。もう……。
おでん
菜飯
日本酒いろいろ
夕飯は、昨日のおでん祭りのおでんを皆で手分けしながらいくらか持ち帰ってきたのと、今日買ってきた「鈴廣」のおでん種も追加して、具沢山にしたものを家族皆で。
 
買ってきたのは、「昆布、鶏肉、人参入りのすり身で包んだゆで卵」の「ばくだん」、「シャキシャキごぼうとふわふわあなごがぎっしり」の「小田原がんも <穴子>」、そして「ねぎまぐろ団子」。
 
値段は良かったけれど、さすが老舗のかまぼこ屋さん。ここのおでん種も素晴らしく美味しかった。特に、初めて食べた「ばくだん」が美味しかった。ゆで卵丸々1個がすり身に包まれていて、充実のボリューム。
 
ちくわぶも足して、あとは大根やらすじやらも皿に取りつつ楽しんだ。
 
お酒は、昨日持っていって、ほんの1合ちょっとくらい残った状態で持ち帰ってきた、「川鶴 讃岐くらうでぃ」。
 
「大人のカルピス」みたいな表現がぴったりな、白く濁ったまろんとした低アルコール酒で、香川の酒造会社が骨付き鶏に合う酒をと造ったものだそう。お酒を飲んでいる気分にはいまいちなれない(だってさっぱり酔わないんだもの、このお酒)けれど、とにかく口当たりが良くてくいくい飲める。女子向けっぽいねと買ったのだけど、実際、女子が喜んで飲んでいたお酒。

2017年12月9日土曜日

カレー祭り&おでん祭り

秋葉原「親父の製麺所」にて
 鶏からカレーうどん \580
 煮たまご天 \180
米よーし、おでんの材料よーし、カレーよーし。あと、そうそう、ゲーム類も、よーし。
今日はゲーム類以外のものを主にあれこれ詰め込んで、いざいざ、月イチのボードゲーム会へ。
 
朝食は、「昼がカレーだし夜はおでんだし」ということでうどんにしたのだけど、何故か私、カレーうどんを食べているという。そんなにカレーが恋しかったのかしら、私。
 
秋葉原駅構内のフードコートの店、「親父の製麺所」は、「めりけんや」と業務提携しているJR運営のうどん屋らしい。
 
ただしくセルフのお店で、うどんはカウンターから受け取り、レジ前の棚から好みの天ぷらは自分で取っていくスタイル。
 
「煮たまご天」なるものがあったので、これもつけてもらった。
 
唐揚げが2個乗ったカレーうどんは、思った以上にしっかり辛くて濃厚な味わい。
あんまり外でカレーうどんを食べることがないから、なんだか新鮮な気持ちで、美味しくいただけた。しっかり味のついた煮たまごの天ぷらも、うまー。
ボードゲーム会会場にて
 カレー祭り
今日も楽しく遊びつつ、今回は調理設備つきの集会所。
 
お昼の趣向は「簡単に、でも楽しいものを」ということで、カレー祭りということになった。
 
「各自、"これは美味しいぞ"もしくは"これは気になるぞ"というレトルトカレーを持参してください。皆で食べ比べましょう」
と通達したところ、ただしく趣旨を理解してくれた面々が、それはもう様々なカレーを持ち寄ってくれた。
 
並んだカレーは20種類近く。
 
おっそろしく辛いタイのグリーンカレーや、トマトカレー、函館カレー、会津地鶏カレー、中村屋、ドンピエール、熊本の海苔ごまカレー、三崎のまぐろカレー、山形のラ・フランスカレー。そして「アパ社長カレー」まで。
 
私たちが持っていったのは銀座デリーのバターチキンカレー(だんなチョイス)、フルーツたっぷりの千疋屋のビーフカレー(私チョイス)。
 
16人ほどが食べるからと、これなら足りるだろと2升の米を炊いたのに、あやうく足りなくなりそうになって笑ってしまった。夜用におにぎりを作る予定だったので慌てて1升追加で炊くことに。
 
これは思った以上に楽しい企画で、皆して
「ぎゃー!まぐろが、超まぐろ!カレーというよりまぐろ!」
「りんごカレーがめっちゃ美味しいよめっちゃりんご」
「やっぱりドンピエールは安定の味だよね」
などと盛り上がることに。
 
人数集まるから、少しくらいは真っ青なカレーというようなイロモノ系が混ざるかと思いきや、皆本気で美味しいカレーを持ってきてくれたのだった。
「これは自分で買って食べてみたい」というものもあったりして、楽しかったな。
ボードゲーム会会場にて
 おでん祭り
そして今日はお酒飲みますよ、ってことで、「BYOB(=bring your own bottle 自分の飲み分を持ってこい)ですよ」と伝えてあったのに、なぜかこの数の酒瓶が集まる事態になった、という。
 
日本酒一升瓶2本、4合瓶3本、貴腐ワインやフルーツ酒、などなどなど。
 
軽めの酒は昼から飲んでしまえとばかり、午後から早々に梅酒やフルーツ酒の蓋が開き始め、酒を飲みながらボードゲームをするという、大変爛れた感じになった。それもあって、今日は真面目に考える系ではなくてバカゲーばかりをしていたような。
 
そして午後から、おでんもしっかり煮えている。
 
巨大な鍋に2杯分。「大阪屋」で買った種を盛大に使って、1つの鍋は牛すじ串入り、もう1つの鍋は手羽元入り。
 
他の具材はおおむね2等分して、皆に人気のゆで卵や厚焼き玉子もたっぷり入れた。みんな大好き「魚河岸あげ」も。
 
あとは各自が持ち込んだおつまみだったり、追加炊きした御飯で菜飯おむすびも握ったりで、ちょっと早めの忘年会モードの本日の夕御飯。
 
女子が多いということもあって、りんご、メロン、ライチ、梅と色々な果実酒が楽しめて何より。ライチがクリーミーでどこかミルクっぽさもあって美味しかった。メロンも、濃縮メロンジュースみたいな感じで、素敵な美味しさ。
 
最後は半ば酔っ払いながら、「クトゥルフの狂気カードを混ぜた対面人狼」なる危険なゲームにまで興じてしまい、端から見たら大変怪しい一団に成りはてていたのだった。
私、占い師だったのに「囁き声でしか話せない」とか「皆と3m以上距離を取らないと話せない」などということになってしまって、なのに皆を説得しないといけない(偽占い師もいたから、信用勝負で勝たないといけない)、という。
 
そんなイレギュラーな、狂気溢れる催しなどもしつつ、今日も夜10時近くまでねっちりたっぷり楽しんだのだった。
楽しい一日でしたー♪

2017年12月8日金曜日

おでんの仕込み~

「LE BIHAN」の
 ドゥミバゲット・ラムレーズン
 ドゥミバゲット・ショコラ
 ドゥミバゲット・ミエル
     を、1/3切れずつ
 Xmasチキン
自家製ヨーグルト w/キャンベルジャム
カフェオレ
昨日、帰宅途中の息子に「どっかでパン買ってきてー」と頼んだら、新宿駅構内の「LE BIHAN」に寄ってきてくれた。
 
メールで
「どんなパンがいいの?」
と聞かれたから、
「おいしそうなのー」
と何の情報にもならない返事をして、
「ア、ハイ……」
と返されたお母さんは私だ。
 
まあそれじゃあんまりかなと、追撃で「そのパン屋ならミルクフランス系が美味かった気がする」「あとクリスマスパン出てるみたい、クリスマスチキンってのあったら、私ととーちゃんはそれで」と連絡しておいた。
 
で、首尾良く、リクエスト通りのものを買ってきてくれた息子。ありがたや。
 
ミルクフランス系のパンは、3種類が1本ずつ。
せっかくだから3等分して、家族全員全ての味を楽しめるように出してみた。
 
ラムレーズンと、ショコラ(ミルククリームにチョコチップ)、そして「ミエル」は、クリームチーズとはちみつのサンドだったらしい。ぱっと見は「ミエル」がノーマルなミルクフランスに見えたから、口にしてみてちょっと驚いた。この3つだったらチョコチップが一番好みな味だった。
 
クリームの味はアンデルセンの方が好きだけど、この店はハード系のパンがとても美味しいなと思う。この「ドゥミバゲット」の生地の味もとても好き。
 
そして「Xmasチキン」は、見た目がローストチキンのような総菜パン。中には桜島どりマリネチキンとクリームチーズを詰めているそうで、リッチな味わいだった。
パン屋のパンは、美味しいなー。
 
そして今日は朝イチでスーパーに赴き、予約してあった牛すじ1.5kgを受け取り、鶏手羽2パック、大根2本を買って、明日のおでんの仕込みをば。
 
うっかり竹串を使い切っていたのを失念していて慌ててもう一度買いに行ったり、ちょっと無理めな水量で牛すじを一気に下ゆでしたりと苦辛しながら、午前中たっぷりかけて支度をした。できあがったのを積むと、「お店ですか?」という感じ。20人前だと、このくらいになっちゃうよね。
 
そして夕方には15000円分購入したおでん種も、宅配便でやってきた。
 
これだけでは足りないかなと、追加でスーパーの大手メーカー製おでん種ももう少し買いに行こうかなという感じで、今日は家の中がなんとなくおでん臭。
津田沼「しゃぶ葉」にて
 牛豚食べ放題 \2159
 ドリンクバー \238
で、息子と2人の夕御飯。最後の買い物ついでに、もう外食でいいやと「しゃぶ葉」に行ってしまうことにした。
 
午後7時過ぎて、最寄り店は大混雑。テーブルには空きがあるようなのに、案内が追いつかなくて店頭に5組ほどのお客が待っていた。すぐに案内されるかと思いきや、結局20分以上待ってやっと着席。帰宅する8時半過ぎにも、まだ店頭に待ち客がいて、今日は気温の低さもあいまってか、見たことがないほどの盛況ぶりだった。
 
豚ロースと豚バラ、牛肉の食べ放題コースにして、季節の鍋だしの「生姜風味の豚骨もろみだし」を選択。ディナータイムはセルフサービスの野菜コーナーに冷凍の水餃子も置かれていて、これも食べ放題とのこと。せっかくだからと水餃子も食べつつ、でも私は握り寿司あたりはスルーで、野菜はちらっと食べつつ、とにかく肉を堪能してきた。
 
何皿くらい食べたかな……確か、2人とも、豚ロース、豚バラ、牛を4皿ずつは食べた気が。あと、鶏肉とつくねと、餃子もたくさん。
 
カレーはほんの2口くらい、デザートのワッフルもスルーして、最後はさらっとソフトクリーム(w/きな粉黒蜜)で。
 
息子も食べた肉の量はほぼ同じだったものの、彼はがっつり中華麺から寿司、ワッフル、ソフトクリームまで、フルコース楽しんでいた。これで1人2000円ちょっとなのだから、人気もあろうというもので。
 
どうやら今週の頭にAKB48が出るバラエティ番組で「しゃぶ葉」が紹介されてしまったらしく、それゆえの混雑というのもあったらしい。
 
閑古鳥で早々に閉店するよりかはずっと良いけれど、人気あるんだなぁしゃぶ葉。

2017年12月7日木曜日

豚トロきのこ。

IKEA風ホットドッグ
りんご
カフェオレ
最後に残った3本のドッグパンとソーセージで、今朝はIKEA風ホットドッグ。ピクルスとオニオンもりもりで。
 
IKEAのホットドッグセットってパンとソーセージが10本ずつのセットなのだけど、これ、12本だともっと便利だなと思うんだよね……3人家族でも4人家族でも割り切れる嬉しい個数。今回はお客さんと食べてちょうど良い感じに食べ切れたけど、10本だと最後の1本を毎回ちょっと持てあましてる。
 
そして、いただきたものの秋田県産りんごをもぐもぐ。秋田のりんごと言えば「ふじ」という印象があって、多分これもそう。甘さしっかりで美味しかった。
卵豆腐(市販品)
豚トロときのこの炒め
油揚げとキャベツの味噌汁
羽釜御飯
麦茶
で、結局昨日に引き続き、今日も家にお籠もり。
 
地味にやらねばならないことが多くて、ありものの食材が手元にあって買い物にも出ずに済んだのは結果的にはありがたい状況になった。にんにくの芽が欲しくて、息子に頼もうかとも思ったのだけど、帰宅遅めの息子にはパンの買い物を既に頼んだのでこれ以上増やしても悪いなーと、自重。
 
結果、「ありもので、なんとか」ということで、買い置きの豚トロと人参、セロリ、あとはどっさりの茸を炒めることにした。豚トロは既に塩ダレが揉み込まれているタイプだったので、あとは野菜に塩を少し足すだけでささっと炒め物。
 
きのこが思ったよりも縮まなくて、肉の分量はそこそこなのに、ボリュームたっぷりおかずができた。きのこは偉大だ。
 
キャベツも残っていたのでこれは炒め物ではなく味噌汁の具材にして、冷蔵庫から買い置きの卵豆腐も出して、最近の夕食の支度はちょっと腑抜け気味だなと思いつつ、至極簡単な夕飯で終わってしまった。簡単だけど味は悪くなくて、何より。

2017年12月6日水曜日

葱どっさり台湾風肉豆腐

「ピーターパン」の塩バターロール
炒めソーセージ&目玉焼き
ヨーグルト(チチヤス 瀬戸内ネーブルオレンジ)
カフェオレ
けっこう色々なところで「塩バター」系のパンを買って食べているけれど、1個129円というほど良い価格と味の良さでお気に入りの1つになっているのが「ピーターパン」のもの。表面はパリッとハードなのに、噛むとしっかりバターがじゅわっとなるのがとても好き。
 
今日はそれを温めて、Johnsonvilleのソーセージと目玉焼きで。ヨーグルトはたまには別のをと、チチヤスのオレンジ味。
 
Johansonvilleのソーセージは、1本出すだけでなんだか御馳走感があるのがすごい。実際、とっても美味しいし。
白菜漬け
台湾風肉豆腐
かき玉汁
羽釜御飯
麦茶
今日か明日かに買い物いかないとなーと思いつつ、地味に色々やることがあって、「ありものでなんとかしよう」ということに。だんなの帰宅も遅いみたいだし、品数も少なくて良いかなと。
 
で、作ってみたのが、豚味噌鍋用に残った豚肩ロースの薄切り使って、「台湾風肉豆腐」。残っていた香菜もたんまり乗せた。
 
枝元なほみさんレシピだったこの料理、胡麻油で八角と唐辛子から香りを出しつつ炒め、豚肉加えて焼き付けたら、味付けは醤油、砂糖、味醂などなど、普通な感じ。油葱酥を、煮る途中と、できあがりに散らすのがポイント。
 
レシピでは、最初に揚げ葱を作るところから載っていたけれど、手元に油葱酥があったので、それをそのまま使って手抜きした。思ったよりはあっさり味になった……かな?もう少し煮詰めてこっくりさせたら魯肉っぽくなりそうで、御飯に乗せても似合いそう。
 
あとは白菜漬けと、ささっと支度したかき玉汁。
 
今日か明日かに魚料理を作ろうかなと思っていたけど、どうやら金曜の買い出しまでは肉料理が続きそう。せめて一人のお昼に鮭フレークかけ御飯でも食べようかな……。

2017年12月5日火曜日

みんな大好き低温調理

「シロクマベーカリー」の北海道バターあんぱん
牛乳
2ヶ月ほど前に、津田沼パルコ内にオープンした「つだぬマルシェ」。ネーミングがなんというか、なんというか……なのだけど、あいにく、それほどには集客力が無いみたい。
 
私もあまり足を向けていないのだけど、この界隈唯一の「北野エース」があるから、それ目当てに先日覗いてきた。
 
店頭には、期間限定の取り扱いらしい、北海道「シロクマベーカリー」のパンが色々。「北海道バターあんぱん」が美味しそうだったので、3個入りのそれを1袋買ってきて、今朝はそれをもぐもぐ。
 
早出のだんなと息子にはチーズパンも出したけど、私は2人を見送ってから、あんぱんと牛乳でささっと終わらせた。
 
思ったよりはバター感は無かったけれど、しっとりふわんとした食感のパン生地は素敵な食感。見た目よりも重量感があって、詰まっていたのは粒あん。ねっとり系のあんこじゃない、ほくほくとした好みな塩梅のあんこだった。
 
ロールパンとかも扱っていて、それも美味しそうだったな。いつまで扱ってるのかしら。
3種盛りサラダ(スーパー総菜)
低温調理ローストビーフ
 レタス・千切り人参・玉ねぎ・セロリ・香菜
 バルサミコバター醤油ソース・トリュフ塩・トリュフマヨネーズ
クラムチャウダー(キャンベル缶)
羽釜御飯
ビール(FOSTER'S)
なんとやらの一つ覚えのように、ついついスーパーでブロック肉を探してしまう今日この頃。
そして、それを低温調理したくなる今日この頃。
 
だってねぇ、らくちんだし、間違いなく美味しいし。
 
今回は、800g弱のアメリカンビーフのブロック。
ハーブソルトとオリーブ油をまぶした肉を58度設定で3時間。最後に表面だけごく軽くフライパンで焼き付けたら、あとはスライスするだけ。
 
野菜を巻いて食べるのがとにかく美味しくて、スライスオニオンと人参、セロリとレタスをたんまり用意した。
自家製たれは、バルサミコ酢を少し煮詰めたものに醤油と溶かしバターを合わせたもの。あとはトリュフマヨネーズとトリュフ塩。
 
今日は体調が今ひとつで、メインの肉はほぼほぼ放りっぱなしで作れたし、スープは缶詰で手抜きした。あとは野菜を刻んだ事くらいで、
「サラダとか、買って帰るよー?」
と、今日は夕飯合わせで帰れただんなが、スーパーでマヨネーズ系サラダ3種盛り合わせを買ってきてくれた。ポテサラ、マカロニサラダ、めんたいこパスタサラダ。
 
お肉、全部切ったら、肉バルもびっくりな、さすがになかなかの迫力の分量。それでも数切れを残して、息子がこの肉盛りの4割以上は食べたと思う。
 
肉withたれ&香菜とか、肉野菜onレタス&トリュフマヨネーズとか、楽しみいろいろ。
今日初めて開けてみたオランダ産のトリュフマヨネーズはこくがあってちょっと甘め。万能性高くて、肉にも野菜にも合う味わいだった。
 
柔らかで口当たり良いものだから、低温調理肉はついついたっぷり食べられてしまう。危険。実に危険。

2017年12月4日月曜日

今夜はウイグルの炊き込み御飯

「新宿中村屋」の
 カリーパン
自家製ヨーグルト w/バニラリンゴジャム
カフェオレ
「新宿中村屋」に寄ると、ついつい買ってしまうピロシキ。
我が家においてはカレーパンよりピロシキの方が圧倒的人気なのだけど、たまにはカレーパンも買いましょうと、今回はカレーパンを買ってきた。
 
このカレーパン、もとい、「カリーパン」、レストランの「純印度式カリー」のレシピを元にしているそう。ひよこ豆なども入っているそうで、確かに濃厚だけどこってりしすぎず、口の中がネカネカしない感じがする。
 
「カレーパンofカレーパン」といった感じで、なんというか「過不足なく完璧にカレーパン」という感じの、このお店のカレーパン。やっぱり美味しいんだなぁ。
骨付きラムとにんじんの炊き込みご飯
じゃがいもと玉ねぎのスープ
麦茶
今日は息子と2人の晩御飯。
 
昨夜、帰宅前に少し買い物したくてついでにスーパーも覗いたところ、お肉屋のお高い肉が、軒並40%オフになっていた。タイイングが良いと色々な種類の肉が冷蔵ケースに並んでいるのだけど、昨夜は牛テール、味つけ済の豚ネック、あとはラムチョップ。
 
牛テールは半端な量だったので購入は諦めて、豚ネックとラムチョップを買ってきたのだった。これもそれぞれ、ちょっと微妙な量だったのだけど。
 
メインのおかずにするには少々心許ない分量だったこともあり、夕飯はこれを使って、一度作ってみたかった炊き込みご飯にしてみた。ウイグルで「ポロ」と呼ばれる炊き込みご飯だそうで、 『小薇流ひと手間で本格中華のおかず』(小薇 朝日新聞出版 2008.09)に掲載されていたレシピ。
 
塩胡椒したラムチョップを炒め、たっぷりの人参と玉ねぎも共に炒めたら、米を混ぜ、スープを注いで炊いていく。調味はクミンシード、あとはレーズン。ほの甘いレーズンが、なかなか良い仕事をしてくれた。
 
仕上げにゆで卵と香菜を乗せて。
 
米が炊ける間にささっと作ったポタージュ風のじゃがいもと玉ねぎのスープと、この具沢山のパエリア風炊き込みご飯で夕御飯。最後に少し鍋底が焦げてしまったけれど、なかなか美味しくできたと思う。クミンの香りがラムと人参に似合って、これは良いな。また作ろう。

2017年12月3日日曜日

うどんと脱出と中華の日

IKEA風ホットドッグ
「ピーターパン」のあんバターコッペ 1/2個
カフェオレ
今日は、昨日遊びに来た面子が2人被って、10人挑戦のリアル脱出ゲームの日。
気持ち悪いことに、先週がボードゲーム会で来週もボードゲーム会だから、3週連続会うことになる人がけっこういる、という。
 
交友関係が広いのか狭いのかよくわからなくなってるのだけど、でも、このゲーム関係の友好の輪ができるまでは「チケット1枚余ってるけど、誰か一緒に行ってくれる人!?」と1人誘う事すら困難だったから、こうして10人分のチケットを抑えてしまっても人数集められるのは、良いことなんだろうな。この年でそれだけの友人ができるのはほんとにありがたいこと。
 
で、今日も一緒に行動するRちゃんが、自宅が遠方で帰りづらいということで、我が家にお泊まり。
 
IKEA風ホットドッグと、昨日買ってきた「ピーターパン」のあんバターコッペ(すっかりお気に入り)を出して、息子もまじえて4人でもぐもぐ食べた。
あんバターコッペ、おいしい。バターたっぷりでほんとおいしい。危険。
 
で、午前中は、こんな、「日本酒を造るボードゲーム」で遊んでみたり。
 
その名も「酒魅人(しゅみじん)」。
 
米と麹を選んで、歩合などを各自決めて、よりよい日本酒を3年かけて作っていく。
 
日本酒自体の出来映えを毎年競い、最終的には熟成や金賞受賞などの別ポイントでの多少で勝敗を決める。
 
私が造った酒は「黒菊」「幻海」「吉ノ日」。なんだか焼酎みたいな名前の酒が出来たのだった。飲み込むまでルールがちょっと難しかったけど、わかったら俄然楽しく遊べそう。
新宿「麺通団」にて
 ひやかけ(小)
 半熟卵天
 げそ天
 おにぎり
脱出に合わせてちょっと早めに新宿を目指し、お昼御飯は久しぶりの「東京麺通団」。
 
今は骨付鶏が食べられたり、他にもカレーなどの丼ものまでメニューに載っていて、「うどんも食べられるけど、他にも色々居酒屋的にお使いください」的な感じにちょっと様変わりしていた。
 
でも店内の雰囲気は相変わらずで、だしはちゃんと美味しかった。うどんはなんだかちょっと不揃いなところがあったけど。
 
いつものひやかけと、定番の半熟卵天。かしわ天と悩んだ末に、今日はげそ天。あとお腹もすいたのでおにぎりも1個。
 
天ぷらは揚げたてではなかったものの、あとはおおむね美味しくて、満足。夜に来て骨付鶏も食べたいなー。
 
そして午後から挑戦したのは、「ある牢獄からの脱出2」。
 
期せずして男女比1:1。
 
絶対脱出不可能と言われた「アジト刑務所」
あなたは、そこから一度は脱出した。しかし、あの刑務所には、まだ解かれていない謎があったのだ。
どうやら、世界的に有名な悲劇の秘宝「楊貴妃の涙」が隠されているらしい。
あなたは一度脱出に成功したエキスパートとして、もう一度アジト刑務所に派遣される。
 
一方アジト刑務所では、陰惨な事件が起こっていた。
複雑に絡み合った物語の糸と糸が、アジト刑務所で交差する。
その謎を解き明かすのは、あなたしかいない。
 
陰惨!?「一部過激な表現があります」との注意書き?
 
と、前編とはまた違った緊張感を抱きつつ、今回も頑張った。頑張ったけど……私はいまいち、貢献できなかったような。
 
本当だったら「残り20分」でその段階くらいには居なければいけなかっただろうところ、残り10分でその段階に辿り着くというギリギリ感で、最後の10分は大変にドタバタな展開。これ、遠慮の要らない仲良しグループだったからその10分でなんとかなったけど、そうじゃなかったら諦めるしかなかったかも、という状況だった。
 
で、59分38秒(リミットは60分)という大変な感じで、無事、脱出成功。
 
1264組中、384組目の脱出成功チームとして、無事、脱出成功の3割側に食い込むことができたのだった。
新宿「中華茶房8」にて
 北京ダック
 水餃子(白菜・貝柱・豚肉&パクチー)
 焼小籠包
 豆苗炒め
 鮭とレタスの炒飯
 杏仁豆腐
 ビールなどなど
反省会ではなく、めでたく祝勝会となった、少し早めの夕御飯。
 
以前行って美味しかった飲茶のお店、「霞月樓」を予約していたのだけど、訪れてみたら建物入口には半分ほどシャッターが下りていて、何かと思えば設備トラブルがあったとのこと。
 
水道管の破裂とかで電気配線諸々全部飛んでしまったとのことで、このお店含めビル内の全店が急遽休業という状態になってしまっていた。
 
再訪しようとしているのになかなかできない、巡り合わせの悪いお店……。また美味しい飲茶食べたいのに、ねぇ。
 
と、店頭で宴会メンバー6人が溜まっていても仕方が無いので、だんなと2人、1分ほどで「あそこだね」と決めて、急ぎ電話を入れ、目指したのは北京ダックを安く食べられる「中国茶房8」。困った時の中華茶房8。
 
定番の北京ダックはもちろん注文しつつ、飲茶が食べられなかった悲しみに、せめてもと焼小籠包とか、水餃子とか。
 
焼小籠包を食べたのは初めてだったかも?
 
水餃子同様、ちょっと厚めのもちもち皮で、「理想の小籠包」とはちょっと違った方向ではあったけれど、スープはたっぷり。ちゃんと美味しかった。
 
北京ダックにはダック&もやしのピリ辛炒めとかスープとかもついてくるので、他に豆苗炒めや大盛炒飯などを注文して、皆でもぐもぐ。
 
お酒を飲まない人なら1人2000円くらいで余裕で食べられてしまう店なので、今日もそれなりに色々食べたのにたいそうお安く済んでしまったのだった。
 
それにしてもほんと、あの飲茶屋に一向に行けないのが、ほんと、悔しい。脱出成功は何より嬉しかったけども。

2017年12月2日土曜日

おうち飲み会♪

「ランチパック」のたまご
IKEA風ホットドッグ
小岩井ヨーグルト w/キャンベルジャム
カフェオレ
今日は朝から元気に活動。
家事諸々を片付けつつ、朝食後は一日お出かけという息子と3人で朝食にした。
 
先日IKEAで買ってきたホットドッグセット等々で、今度こそ、フライドオニオンをたんまり乗せてIKEA風ホットドッグを満喫。それと、買ってきてはあったけど昨日食べてなかったランチパックの「たまご」も家族で適当に分けつつ。
 
オニオンどっさりホットドッグは、やっぱり安定の美味しさ。
 
キャベツ入りも好きだけど、このピクルス&オニオンも、頻繁に食べたくなるホットドッグの味の一つ。
津田沼「てんや」にて
 生ビールセット \630
 あんこう天ぷら \150
 白子天ぷら \120
午前中は夕飯用の食材を車で買いに行き、買い足りないものを地元で購入ついでにお昼御飯にしましょ、ということに。
 
お昼は「天丼てんや」で。
 
米は要らないのよね天ぷらが食べたいのよねということで、夜もがっつり酒を飲む予定なのに、昼からビールを満喫してしまった。
 
海老やいか、いんげん、れんこんが盛られて生ビールがついてくるお得なセットを頼み、あとは季節メニューからあんこうと白子を1つずつ。
 
揚げたての天ぷら、値段を思うと充分美味しくて、しかも居酒屋メニュー的なもの(唐揚げとかチーズ天ぷらとか冷や奴とか、最近は合鴨ロースなんていうメニューまで増えた)があるのがちょっと嬉しい。
 
最後の買い物を終えて、スーパーで貰ってきた保冷用の氷をお酒用のバケツに満たして、いざいざあとはお客様をお待ちするだけ。
豚味噌鍋
手羽煮とか漬物とか海老せんべいとか
日本酒、果実酒たくさん
そして午後3時から続々と集まってくる、妙齢のお嬢様方、5人。
 
きゃっきゃうふふしながら、皆で持ち寄った軽いおつまみで飲み始め、夜のメインディッシュは「豚味噌鍋」。
 
4合瓶の酒が4本空になり、飲みかけになったもの複数、一升瓶も2種類少しずつ飲んだし、あとひれ酒も……と思うと、7人で4合瓶5本強は軽く空けたことになる?のかな。けっこう飲みました。
 
今日の写真は、お昼の天ぷら以外は写真を撮るのが趣味の女子大生Sちゃんが、ごっつい一眼レフで撮ってくれたのを貰ったもの。
 
構図の選び方とかがすごく上手くて、私はSちゃんの撮る写真が大好き。
 
今日も「え、これが我が家……?」と思いたくなるような写真を沢山撮っていってくれた。
 
左のお酒は、Kちゃんが持ってきてくれた、りんごの花酵母を使った、ふんわりピンク色の綺麗なお酒。すっきりとした酸味があって飲みやすかったb。
 
我が家からは「まんさくの花 純米吟醸 雄町」「まんさくの花 純米吟醸 愛山」「寫樂 純米大吟醸 赤磐雄町」「片野桜 山廃純米無濾過生原酒 雄町」「鳳凰美田 Black phoenix」「楯野川 子宝ヨーグルト ラ・フランス」、あとは秋田で買ったにごり酒など。
 
和梨のお酒「梨園」や、洋酒にダークラム、ジンなども並び、たいそう卓上は賑やかだった。
 
撮る人が変わると、いつもの豚味噌鍋もなんだか、いつも以上に写真映え感。
 
お世辞数割とは思うけど、皆が皆、「おいしー」と、すごく沢山食べてくれた。消費した肉は2kg弱、白菜は1玉、長ねぎ3本。
 
最後は「サンルイ島」の美味しいクッキーセットのおみやげと共に、急遽買ってきた(だんなが買ってきてくれた)バニラアイスに差し入れのラム酒をかけて、紅茶淹れて(だんなが以下略)、皆でへらへら笑いながら食後の甘味もしっかり満喫していたという。
 
散会は午後9時。
6時間、たいそう賑やかな集いだった。はるばる遊びに来てくれて、皆さんどうもありがとー。

2017年12月1日金曜日

チキンマカロニグラタン♪

クリームパン
「ランチパック」の小倉&マーガリン 1切れ
小岩井ヨーグルト w/キャンベルジャム
カフェオレ
今朝のパンは、OKストアで買ってきた、スーパー店内で作っているクリームパン。
味は、まあまあそこそこ、という感じで、値段お手頃。
 
このスーパーでは店内で揚げているカレーパンが人気らしいので、次はそれを買ってみようかな……毎回買おうと思いつつ、「なんか今はカレーパンの気分じゃないのよね」という感じで、カレーパンを食べられないでいる、という。
 
あとは、「あん&バター」の組み合わせが最近好き過ぎて、ランチパックの「小倉&マーガリン」も1切れ。
 
今なら、林望先生が提唱する「あんこまパン」も美味しく食べられるかな。
「食パンを薄く切って、そこに冷やしたこしあんとマヨネーズを挟んで食べる」というものなのだけど、でもなぁ、マヨネーズ……バターでいいじゃん?と思ってしまうのは、まだまだ私はその域には至れていないということなのかな。
青菜としらすの和風サラダ(お総菜屋さんの)
キャロットラペ(お総菜屋さんの)
トリッパビーンズ(缶詰)
チキンマカロニグラタン
玉ねぎと刻み野菜のスープ
ビール(ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール 初摘みホップヌーヴォー)
明日はお客さん、妙齢のお嬢様方が5人(!)我が家にやってくるので、今日は一日大掃除。窓も拭いたしトイレも綺麗にした。1人は泊まるので、お風呂掃除やお客様用ベッドまわりのあれやこれも。料理の支度はほとんど全くしなくて良い(豚味噌鍋食べて日本酒飲もうの会なので)のが幸いだけど。
 
で、夕食は、グラタンとスープを作るので力尽きた。
 
野菜料理が少し欲しいけど、時間的余裕がないーと、今日は帰ってこられただんなに帰り道、買ってきてもらった。青菜としらすの入った和風サラダと、キャロットラペと。
もう1品何か欲しいと「缶つま」のトリッパビーンズを開けたけど、それでも息子はグラタンのボリュームが不足だったらしい。
 
「……おかしい。マカロニ200g以上、鶏肉2枚入れてるのに……ベシャメルソースにも牛乳500cc以上使ってるのに」
実のところ、「これだけ材料揃えたら、いつものグラタン皿には収まらないだろうから、別皿にもう1つ作って」くらいに思っていたのだけど、いつも使っている耐熱容器は私が思っていたよりも大容量だったらしい。
 
口切りいっぱいに用意した具材は収まってしまい、「……4人分以上の分量はあるはずなんだけどね?」と思いながら、チーズとパン粉とパセリを散らしてオーブンに入れたのだった。それでも足りないのか。困ったなぁ。次回のグラタンは、家族3人でマカロニ230gくらいは必要かな……鶏肉は600g以上目安で。ちなみに玉ねぎとマッシュルーム(どっさり)も入ってます。
 
グラタンを作ったのは、数日前に食べたピザ屋のドリアの味がどうにも好みじゃなくて「これじゃなくて……これじゃなくて……」と思ってしまっていたから。
手抜きしがちな私だけど、ベシャメルソースだけはやっぱり自分で炊かないとなと思う。ローリエやナツメグも入れるけど、基本は牛乳とバターと薄力粉があれば作れるから、いつでも支度できるし(我が家は、牛乳2リットル以上の在庫は通常状態……最後の1本になると「やばいぃぃぃ!」とめっちゃ焦る)。
 
玉ねぎを柔らかく炒めて作ったコンソメスープも作り、それもなかなか美味しくできた。
そのうちラザニアも作りたいな。