2016年12月5日月曜日

北海道土産のにんにく味噌

チーズトースト
炒めウィンナー&目玉焼き
ヨーグルト(チチヤス 瀬戸内みかんヨーグルト)
カフェオレ
今日はぺろっとスライスチーズを乗せて焼いた、チーズトーストで朝御飯。お供は定番の炒めウィンナーと目玉焼き。
 
ここ最近、柑橘風味ヨーグルトをよく見かけるようになったけれど、チチヤスの「瀬戸内みかんヨーグルト」は良い感じのみかん感でとても美味しい。チチヤス特有の柔らかい酸味のヨーグルトの美味しさもそのままで、とてもお気に入りなのだった。
 
R-1ヨーグルトを種菌にしている自家製ヨーグルトの方が圧倒的に経済的だから、市販のヨーグルトは時々のお楽しみ。
 
たとえば、「みかんジャム」作って自家製ヨーグルトに混ぜたら美味しい「みかんヨーグルト」になるのかしら。……いまいちならないような気がするのよね……。
豚肉の生姜焼き w/千切りキャベツ
おでん(ファイナル)
塩鮭とじゃがいもの粕煮
ゆず白菜
白老牛にんにく肉味噌
扁炉の残りスープ
羽釜御飯
ビール(サッポロクラシック富良野VINTAGE)
家族揃っての夕御飯は、「残り物一掃」献立。
 
当初汁物として作った「塩鮭の粕煮」はすっかり煮詰まってしまったので、具材だけ取り出して副菜に。「扁炉」の残りは、逆に水を多めに足して味を調整してスープ仕立てに。おでんもちょうど1人3種くらい残っていたので、銘銘皿で出すことにした。
 
で、メインのおかずは生姜焼き用カットの肉を使った豚肉の生姜焼き。千切りキャベツを添えて、肉を焼いてから絡める生姜だれはおろしにんにくも少量混ぜて。
 
先日の北海道出張で、「見つけた!」とだんなが重い思いをしてお土産に買ってきてくれた「サッポロクラシック富良野VINTAGE」はホップ感が濃厚なコクとキレのある美味しいビールだった。生姜焼きにもお似合い。
 
そして食卓にもひとつあったのが、「白老牛にんにく肉味噌」。
 
北海道土産にこれお勧め!と友人が教えてくれたのだった。ネーミングからして御飯と酒に似合いそう、と、だんなが探して買ってきてくれたもの。
 
これがもう、想像を遙かに超えた「にんにく」感。
小指の先、いや、親指の先ほどのサイズの生にんにくがごろんごろんと入っていて、そのにんにくの隙間を埋めるような感じで白老牛のミンチと唐辛子、葱、味噌などが粗い粒状になって入っているような感じ。
 
たくさん食べたら翌日の口臭がえらいこっちゃになりそうな危険なシロモノだったけど、甘ったるさもなく、美味しかった。スティック野菜とか生のキャベツとかにつけて食べるのも美味しそう。あと冷や奴のトッピングとかにも。御飯に乗せて食べるだけであっという間に無くなりそうではあるけども。

2016年12月4日日曜日

インスタント家系

IKEA風ホットドッグ
カフェオレ
昨日一日遊び疲れてアンニュイな朝。
 
ささっと朝御飯にしますかねー……と、材料がまだあるのでIKEA風ホットドッグ。
 
結局今回買ったホットドッグセットは、どうやら全部IKEA風に食べて終わりになりそうな感じ。1回くらい、バター&カレー粉炒めキャベツを挟むバージョンで作れば良かったかなー。IKEA風、準備がらくちんな上に文句無しに美味しいので、ついついこれにしてしまう。
家系ラーメン(インスタント)
麦茶
で、お昼の材料も揃っているしと、午前中は家を出ずにのんびりすごし、買い物は午後にしましょということに。
 
お昼は、先週末に買ってあった、インスタントラーメン。
「あ、家系があるじゃん」
とスーパーで旦那が気付いて買ってきたのが、日清の「行列のできる店のラーメン横浜家系」。
 
「何入れるの?もやし?」
「いや、もやしは入れないなぁ。ほうれん草」
「なるほど」
 
あと叉焼?と言われて、ならばと水曜の「角上の日」のタイミングにお肉屋の叉焼を買ってきていた。値段はそれなりに良いけれど(と言いつつ、500gほどの1本買って1600円ほど)、文句なしに美味しい。今回はハーフカットの叉焼ブロックを買ってきた。あとは「焼き海苔」必須だそうで。
 
だんなが支度してくれた家系ラーメン、私のどんぶりは麺少なめで。息子は大盛り。
 
だんな曰く「ちょっと味が薄いかも?」ということだったけど、いかにもなとんこつ醤油味でなかなか美味しかった。我が町はそこそこのラーメン激戦区だけど、家系はほとんど無く(駅前ビルのフードコートに1軒あるけど、うーん……?という感じ)。
 
厚切りの叉焼の美味しさ効果もあって、幸せなお昼御飯だった。
……煮玉子も作っておけば良かったわ。
チーズインスナックトリプルチーズ味
鮭とば
おでん
ゆず白菜
羽釜御飯
日本酒(秋田 栗林酒造 春霞 純米大吟醸 雄町50 限定品)
昨日持ち帰ったおでん種がなかなかに半端な量。息子もおでんは大好きだし、具を足して今日もおでんにしましょうか、と、スーパーに行ってきた。ちくわぶは食べきってしまったので1本書い足し、あと餅巾着もまた作るでしょ?魚河岸揚げもまた食べたい……と、結局、けっこうな量に。
 
大根はどうする?と野菜売り場に来たところで「くばら」の「大根がおいしいおでんつゆ」というストレートだしと目が合ってしまい、これ、気になるねぇと大根1本と共にそれも籠に入れた。
 
で、結局、大根1本また煮てしまったという、本気のおでん仕込みになってしまった次第。さすがに牛すじは入れなかったけど。
 
当初の予定では、おでんは副菜にして、別途、豚肉の生姜焼きでもしましょうかという話だったのだけれど、煮えたおでん鍋を見て「これ、間違いなくメインディッシュですわー」という事に。
 
味が濃いめのおつまみを少し出しておきましょうと、「鮭とば」と、猫好き界隈で"大人用シーバ"と噂の「チーズインスナックトリプルチーズ味」も食卓に。ほんと、チーズインスナックは、本当に笑っちゃうほど外見が「シーバデュオ」にそっくりなのだった。しかも美味しい。
 
お酒は、秋田のお酒「春霞」の雄町。期待以上にとても雄町雄町している素晴らしい雄町っぷりなお酒で(何を言ってるのかわかりません)、
「あ、これ美味しい。すごーく美味しい!」
おでんにも合うねーと、上機嫌に輪がかかる私たち。
 
おでん、子供の頃はそれほどに好きじゃなかった(さつま揚げ系に全く興味無かったし、煮た大根も別に好きでは無かったし)けど、今はしみじみと美味しいなーと。
 
昨日の残りのタネの中には、レアアイテムの「餃子巻き」「焼売巻き」なんてのもあって、「わあ!テラ餃子!」「こっちも焼売まんまだ!」と盛り上がりながら適当に分けつつ食べたのだった。ちなみに息子、せっせとお代わりに立ち、トータルでおでん種15個以上は食べたのではないかと思われ。

2016年12月3日土曜日

おでん会!

秋葉原「いろり庵きらく」にて
 朝食そば \380
今日は月に一度のボードゲーム会。
 
荷物の多い今月は、折りコン(折りたたみコンテナ)におでんの食材詰めて、ゲームも詰めて、いつもの2倍量くらいの荷物で会場の秋葉原に向かった。
 
朝食はあったかいものが嬉しいねということで、JR駅改札にある「いろり庵きらく」で日本そば。
 
「朝食そば」は380円で、トッピングに山菜、わかめ、半熟玉子が乗るちょっとお値打ちな内容で、良い感じ。
 
今日気付いたのだけれど、「いろり庵」のある改札から出ると、目の前には「生そば箱根」というお蕎麦屋さんもあったみたい。朝からやってるみたいだし、今度はここでも食べてみましょうかねー。
「万世」の万かつサンド
カップスープ・お茶などなど
んで、会場の給湯室で、午前中からおでんの仕込み。
 
下茹でだけして持ってきた大根や牛すじをだしで煮込んで、1時間ほどしてから、練り物類も入れて数十分。午前中のうちにそこまで終わらせて、あとは常温に冷まして味を染みさせてみた。
 
今日の一番上の写真は、その冷ます直前におでん鍋。ツイン鍋体制にして、小さめおでん鍋の方に牛すじを入れておいた。牛すじが入ると、だしがケダモノ臭くなるから、嫌いな人は嫌いかなーと小さめ鍋の方にしておいたのだけど、牛すじ入りの方が盛況だったという。
 
このあと、食べる前の温め時にはんぺんと餅巾着を入れたのだった。
 
なんだかんだ15人近く集まる盛況ぶりで、お昼御飯は、秋葉原に本店がある「万世」名物「万かつサンド」。
 
お昼休憩になってからだんなが買い出しに行ってくれて、「お昼は自分で用意しましたー」という人や午後到着予定の人の分を除いて、10個近くの箱を抱えて帰還。
 
カップスープ入れてあったかい飲み物傍らに食べる久々の万かつサンドはうっとりの美味しさだった。
 
これは午後に遊んだゲーム、「ブロックス」。
 
2~4人で遊べるゲームで、4人遊ぶのが一番楽しそうな感じ。
 
テトリスのような形状をした、ドロップみたいに綺麗な色のピースを繋いでいく陣取りゲームで、「自分のパーツは"角と角"を繋げて置かなければいけない」というルール。
 
敵同士の辺は触れても良いので、角のところからどんどん敵が侵略してきて、なかなか難しいのだった。
 
上記写真では黄色のパーツが所持者のHちゃんのもので、なるほど、上手いなと。
 
ランダムで役職が決まる対面人狼では「人狼」の役職を久々に引いて、最後の3人(村人・村人・狼)まで生き残れたのだけれど、最後の最後に吊られて敗北。仲良しの人狼チームだったから、勝ちたかったなー。
おでん!
日本酒とかハーブ酒とか果実酒とか
そして、夜はいざいざ、おでん!
 
会場はちゃぶ台を自由に並べて使えるようになっているので、「おでん島」「飲み物島」「食事処島」と適当にテーブル並べてどーんと食べ物を並べた。
 
アルコールは「BYOB(bring your own bottle)」で。
 
うちからは日本酒「大阪 山野酒造 片野桜 雄町」の4合瓶1本を持参した。
 
他にも日本酒が2本、赤ワイン、貴腐ワイン、ハーブ酒、果実酒、ウイスキーなどなど、けっこう集まったねぇという品揃え。
 
案外と女子が酔っ払って、最後は色々と御機嫌な感じになっていた。
 
おでん、牛すじを入れるのは関西以西の文化で、でも関東民には必須の「ちくわぶ」はばっちり入れてある。前回、このボードゲーム会でおでんをやった時に知った美味しい種が、紀文の「魚河岸あげ」と、厚焼き玉子。
 
厚焼き玉子、おでんに入れるのがあたりまえな感じなのか、イトーヨーカドーでは普通にちくわなどと一緒に並んで売られていたのだった。コンビニおでんの具材として一般的みたいなのね。
 
結局、おでん種は最後10個くらい余って持ち帰る(汁は捨てて、具だけジップロックに詰めた)事になったけど、私が仕込んだ大根と牛すじと餅巾着は全部綺麗に無くなって、何より何より。
 
そして牛すじ串は圧倒的に大人気だった。好みが分かれるかと思っていたけど、そんなこともなかったみたい。次のおでん会も牛すじは必須ねと思ったのだった。
 
最後に遊んだ、酔った勢いでの「お邪魔者」も、カオスな感じでまた楽しく。「酔って楽しいゲーム」というのも色々あるから、たまにこういう宴会入れると捗ります。