2019年2月15日金曜日

2日目カレーと

塩パンとか、スティックパンとか
炒めウィンナー・目玉焼き
ヨーグルト(明治みんなのヨーグルト)
カフェオレ
今日も美味しいパンで朝御飯。
軽く水吹きして魚焼きグリルで温め、美味しいバターもちらりと添えて。お供にいつものウィンナーと目玉焼き。
 
大好物の塩パンもお土産品で、こうして日記を書いてることもあるとはいえ親しい人に私の嗜好がまるっと筒抜けな事に笑ってしまうやら有り難いやら。
塩気強め、表面カリカリ中はもっちりなパンは、カレーとかに添えても美味しそう。
チーズ(Mon Pere Coulommiers)
ロメインレタスのサラダ
チャーシュー&ゆで卵
2日目のポークカレー
 福神漬&らっきょう
ビール(サッポロ 銀座ライオンスペシャル)
今日は2日目ポークカレー。
ちょっと量が心許ない気もしたから、今日はゆで卵作って、ついでに半端に残ってたチャーシューも温めて。
 
ロメインレタスもちぎってきゅうりを刻み、チーズも出したら……まあ、これで満足できるかな?と。
 
圧力鍋に作ったカレーというものは大変に大変に焦げやすくて(しかも今回、なんでかかなり粘度の高いカレーになった)、温め時にちょっと焦がしてしまったのが非常に残念。
 
「ごめーん……苦くなったー」
という私に、大丈夫だよ問題ないよ美味しいよと男連中はこぞって言ってくれたけど、次は焦がさないように注意します……。

2019年2月14日木曜日

バレンタインと家カレー

ミルクフランスとか、イングリッシュマフィンとか
ヨーグルト(チチヤス 低糖)
カフェオレ
今朝は幸せに美味しいパンいくつかで朝御飯。
 
友人宅の地元にできたという新しいパン屋さんのミルクフランスと、玉緒さんが買ってきてくだすったプレーンなパン。イングリッシュマフィンっぽいぽってり丸いパンの方は、横に両断してシュレッドチーズを乗せてトーストしてみた。
 
どちらも粉の香りが良い具合に漂う美味しいパンで、ミルクフランスは先日食べた沢村さんのものに方向が似てるもの。黄色い濃厚なクリームは砂糖の粒をシャリシャリを感じる食感で、練乳ベースというよりバターベース。バター好きにはこれもたまらない美味しさだった。
 
友人は私がしょっちゅうミルクフランスミルクフランス言ってるものだから、「こういうのかな?」と初めて買ってみて「美味しい!」と思ったのだそうで。
でしょ、美味しいでしょと何故か得意気になる私。
ポークカレー
 福神漬・らっきょう
ビール(サッポロクラシック)
 
「VISAVIS」の
 特撰バターケーキ
カフェオレ
先日の三連休、久しぶりに家カレーが食べたいねということになった。
 
買ってきたのは、どーんと800gサイズの豚バラブロック。今日はこれを使って8皿分のカレー作り。ごくごく当たり前の家カレーにしたくて、市販の固形ルーを普通に使った。
 
豚バラは大ぶりの一口大に切ってから軽く塩胡椒とカレー粉を揉み込んで、フライパンで全面をこんがり焼いて。適当に脂が出たところで玉ねぎの半量と人参を加えて炒めたら、分量の湯が沸いた圧力鍋にそれを加えて圧をかけること15分。
 
火を止めて圧を抜いたらじゃがいもと残りの玉ねぎを入れて15分ほど煮込み、ルーを溶いたらできあがり。ちょっと早めに仕込んで常温にまで冷ましておいた。
 
今日はとにかくカレーだけをたんまり食べたくて、スープも無し、サラダも無し。
 
家族皆でおかわりしながら食べたら、明日には余裕で鍋も空っぽになりそうな勢いだった。
肉ごろごろも良い感じで、美味しくできたな。家カレーの幸福はなかなか他の料理では味わえない。
 
で、食後は「VISAVIS」の特撰バターケーキももぐもぐ。
 
端っこのバターたっぷりの部分のカットが含まれるので、
「じゃんけんね!じゃんけんして買った人から好きな皿を選ぶのよ!」
と気合いを入れてじゃんけん勝負に挑んだら、私が最初に負けるという安定のお約束を見せつけたりもした。
 
良いのよ……このケーキは、別に、端っこじゃなくても美味しいし……。
 
そうして、今日はバレンタインデー。
 
わざわざデパートの催事まで見に行ったというのに、私がだんなにあげたのはチョコ専門店のものではなく、帝国ホテルのビタータブレットのセット。
 
職場で頭を使っている時にチョコレートが恋しくなることが多いそうで、じゃあ個包装になっていて食べやすいのが良いのかな、変に柔らかいものじゃなくて、だんな好みのビター系で……と探したのだけれど、これというのが見つからず。帝国ホテルのブースで「あ、こういうの!こういうのおおお!」と見つけたから、数年ぶりにここのものにしてみたのだった。
 
ちなみに、私も一緒に食べる用に、イタリアの「Guido Gobino」のチョコも買ってきてある。試食してみて美味しかったのと、ビター系タブレットがセットになっていたのとで、「タブレットは食べてね。他のは半分こしようね」ということで。
 
めでたく、いくらか職場で貰ってきたチョコレートもあるそうで、ありがたいことです(←食べる気満々)

2019年2月13日水曜日

友人来たりて。

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「danish Bar」の
 ハムチーズ
 いちご 1/2本
朝食りんごヨーグルト
カフェオレ
今日の朝御飯は、昨日さらっと地元エキナカで買った「danish Bar」のハムチーズと、季節限定商品の「いちご」。
 
ハムチーズは1人1本、いちごはだんなと半分こ。
 
ハムチーズは、時間をかけて温めると表面がさくっとなってとても良い感じ。
いちごはそのまま食べたけど、これは中にいちご果肉入りのミルク風味クリームが詰まっていた。春らしい甘酸っぱさ。
 
そして今日の午前中は真面目にお掃除。
私の友人知人の"綺麗好きヒエラルキー"のほぼ頂点位置に君臨する玉緒さんが遊びに来てくれるということで……でも、もう何度も来ていただいてるので、だんだん緩んで手抜きになってきた感も、あったりする(このところ寒かったし……)。
 
でも、猫のブラッシングもしたし窓も床もせっせと拭いたし、何より、これを機会に汚れがなかなか取れないうえに皺が出来て気になっていたトイレのクッション床材(元の床があんまり汚くて、引っ越し当初に貼ったもの。これも自力でやった)を板張り風のものに貼り替えた。トイレの棚に飾ってたかすみさんとりゃんりゃんの猫写真も入れ替え、みーちゃんも加えたものに変更して。
西船橋「すし銚子丸」にて
 劇団セット たらふく一座
 なめろう軍艦
 まぐろほほ肉炙り握り
 焼きたて玉子焼き
 はまち握り
 いわし握り
 ランチあら汁
 お茶
今日は友人がもう一人来る(私の高校時代からの友人Aちゃん。玉緒さんともレッスンや外食や旅行で既にお馴染み)予定だけど、彼女は午後からということで、我々は一足先に待ち合わせて、一緒に回転寿司ランチ「すし銚子丸」を。
 
「お昼、銚子丸はいかがですか?久しぶりでしょう?」とお誘いしたら、ぜひぜひと快諾いただけて、回転寿司経験が未だ薄い玉緒さんと2人飯。うん、お茶のお湯入れる方法とか、他の飲食店ではまず見ないし難しいですよね……と、笑ってしまう場面もちらりと挟みつつ。
 
今日の銚子丸、劇団セットも充実の内容で。 今提供中の劇団セットは、ちょっとお高めで、でも内容充実。
 
中とろ、とらふぐ、オーロラサーモン、いか、あじ、赤海老、真鱈白子軍艦という組み合わせで、平日無料のランチあら汁も合わせれば、これだけでそこそこお腹一杯になるもので。
 
あとは、レーンを流れてきたなめろう軍艦と、ちょうど焼き上がりだった玉子焼き、季節メニューからまぐろのほほ肉炙り。
 
仕上げにとばかり、はまちといわしも貰って、おおむね玉緒さんと1貫ずつ分け合って食べたら、良い感じの満足感。
 
今日は良い感じに全体美味しくて、お誘いした甲斐もあったかな。あじとかいわしとか、青魚が殊に美味しかったように思う。あら汁もたんまり2杯飲みました。
玉緒さんお手製 トルタ・パラディーゾ
パンいろいろ
金平糖とかバトンドールとか
凍頂烏龍茶とか紅茶とか
津田沼は100均天国なんですよと、昼食後は青山には少ないだろう(ていうか皆無じゃないかな)の100円ショップに御案内などしながら、我が家に到着。
 
今日の一番の目当て(?)のみーちゃんのお披露目などをしていたところで、Aちゃんも我が家にやってきた。
 
笑ってしまうことに、2人ともお土産にパンを手にしていて、しかもミルクフランス系のクリームパンが入っていて。
そんなにあれですか、私はミルクフランスの女ですか、と笑ってしまいながらその心遣いにめちゃくちゃ感謝しながら、いくらかはおやつに切って、午前中のみのバイトで帰ってきた息子も交えて皆で食べた。
 
我が家からは「この微妙ながっかり感を共有してください」とお値段3000円の苺ミルク金平糖を出したり、都内ではなかなか買えない「バトンドール」なども並べてみたり。
 
でも、おやつのメインは玉緒さんお手製の「トルタ・パラディーゾ」。
 
粉糖でお化粧された可愛いケーキ、カットオレンジも持参していただいて。
 
ロンバルディア州の郷土菓子だそうで、澄ましバターを作ってそれを更に冷まして固めて……で作るそう。バターがかなりの量入っているそうだけど、でも澄ましバターだからか口当たりはさして重くなく、肌理の細かい生地は風味豊か。幸せ味のおやつだった。
 
そして猫は大はしゃぎ。いっぱい遊んでもらったね。
生ハム w/シロップ煮桃、チーズ
低温調理 和牛もも・鶏のむね肉
ロメインレタス・フルーツトマト・香菜
 トリュフ醤油・トリュフマヨネーズ・トリュフ塩
 葱ソース・マヨネーズ
だんな特製 チャーシュー炒飯 w/中華スープ
日本酒(秋田 新政 亜麻猫スパーク 白麹仕込 純米酒)
苺リキュール(鳳凰美田)
そして玉緒さんは「ああ、炒飯……」と後ろ髪引かれつつも夕方帰宅。
Aちゃんは「夕飯食べてく?お肉と炒飯が出せますが。あと生ハムも」と伝えたら「食べて帰ります!」ということで。
 
手間なしで良いよねと、支度したのは例によっての低温調理肉(←低温調理器の布教も兼ねてる)。
鶏むねは葱ソースで。これはちょっと小さめブロックになってしまったけど、和牛もも肉は野菜を添えてトリュフ系調味料あれこれで。
 
「生ハム、好きなだけ切ってくれたら、食べきれなかった分持って帰ってもいいよ?」
と告げたら、せっせせっせとカットしまくってくれた。ありがたや。
 
そうして、だんなが帰宅するまでの時間はこたつに入って、「最近流行ってる画像メーカー、遊んだことある?」なんて話になり。
 
Picrew」という、画像メーカーが自作できるプラットフォームが実に楽しくて、暇さえあれば私はこれで遊んでいる今日この頃。モンタージュ写真を作るように瞳や鼻や口、髪型やその色、服装や背景を選択肢の中から組み合わせて遊ぶというもので、まあ、好みや性癖が露呈するよね、っていう。
 
「というわけで、遊んでみましょう」
と、各々画像を作成して「せーの」で成果をLINEで送り合ってげらげら笑っていた小一時間。
長年の友人だけあって萌え処が微妙に似通っていて、変に共通項のある仕上がりが随所に見られて大変に楽しかったから記念にまとめてみた。
 
最初はとっても可愛いカメラ目線女子(&男子)が作れる「ガン見してぅるメーカー」から。結果はこちら(以下ずっと、左のが私作、右がAちゃん作)
私「アリス風、かわいかろ?かわいかろ?」
A「やっぱり色々盛りたくなるんですよねー」
私「目玉焼き盛らなくても良くない??」
 
ちょっと色気のある青年が作れる「お隣男子メーカー」の結果は こちら
選択肢豊富だったのに、髪型髪色シャツあたりがお揃いになるこのシンクロみ。
 
自撮り推しメーカー」は、基本は女子顔用だと思うけど、打ち合わせなしで2人とも男キャラにしていた結果は こちら
私「なんで泣いてて赤面してキラキラしてんのよ、あなた」
A「せりあさんは……なんていうか王道ですね」
私「季節感大事にチョコ持たせたよ!(どやぁ」
 
じゃあもっと性癖を追求しましょうかと、「じょそうおにいさんめーかー」の結果が こちら
A「どういう状況かっていう解釈からですよね」
私「私はこう、女装バイト中にクラスメイトに見つかって、的な」
A「こっちはこう、無理矢理脅されて、的な」
私「表情同じだよね……(苦笑い)」
 
別に獣耳メーカーというわけじゃなかったのにねの「ひつまぶしめ~か~」の結果は、互いに獣耳チョイスだったという こちら
私「……並べるとBLみありますな……」
A「案外兎が攻だったりしますよね」
私「わかる……っ!わかる!」
 
これも性癖出そうなメーカーだねと中国の方の作品らしい「我又好了」はこんな感じ。これが一番笑えたかも。
私「ちょ、血染め包帯wwおそろいwww」
A「やはり見せていかないと」
私「腹包帯見せたいあまりに上半身裸にしたよね」
このメーカーは、かっこいい悪魔の羽なんかがつけられるのがキモなのに、全てを無視して突き進んだこの結果。
 
そしてちょっと休憩、「俺の推しラーメン」はこんな結果
私「卵は半熟の2個が基本だよね、わかる」
A「紅生姜必須ですよ!」
私「ワンタンも入れたよ」
A「私も入れてます!……けど、隠れちゃってるなこれ……」
 
これが最後の「ぐずりだんし」は、「手間のかかる子」がコンセプト、結果はこちら
私「サイバーヤンデレかな……」
A「白黒がテーマかな」
私「こういうときに2人してフードの服選んじゃうのが性癖だよね」
 
と、そんなあたりでだんなの帰宅時間が迫ってきたので夕飯の支度に復帰。
 
4人分ですし、お肉をどーんとね。 お肉はどどーんと、こんな感じに。生ハムもどっさり。
 
レタス+トマト+牛肉+トリュフ醤油という定番の組み合わせも良いけど、案外と、レタス+香菜+鶏肉+マヨネーズなんて組み合わせも美味しかったり。
 
適当にまりまりと食べまくったところで、だんなが立ち上がって皆に炒飯を作ってくれた。
急遽炒飯にしようと思い立った事なので、チャーシューは今日買ってきた「角上」のお肉屋のもので(でもこれもとってもおいしい)。
 
一部で(というか玉緒さんに)人気のだんな特製炒飯も。 写真ではいまいちチャーシューが覗き見えないけど、ざくざくたっぷり入ってて。
 
2回に分けて作ってくれて、最初のは台湾で買った帆立ほんだし入り、次のは無し。
 
「どっちが美味しい?」という話になり、コクがあるのはやっぱり前者、後のは、卵の味を濃く感じるよね……なんて話しながらもぐもぐ。炒めた感じは後者の方がパラッと美味しくできあがってた(写真は多分前者の方)。
 
皆のスケジュールが合ったら、来月あたりに玉緒さんのスタジオで新年会(と当初は言ってた)ならぬ"初春の会"(?)をすることになりそうで。
そうしたら我が家(というかだんな)は中華鍋ひっさげて、現地で炒飯を作る予定。私はどうしようかな……て、低温調理肉……?もうちょっと手料理らしいものを持ち込めないか考えます。
 
ああ、今日は楽しかった。