2017年3月23日木曜日

地元ビストロ。

ハムチーズパン
あんぱん
いちご(あまおう) w/練乳&牛乳
カフェオレ
今日の朝御飯は、昨日「角上魚類」で買い物ついでに買ってきた、パン3種類。ハムチーズ系の形状が違うパン2個と、粒あんぱん。
 
パン専用の売り場があるわけではなく、惣菜などと一緒の棚の一角に1個ずつ袋詰めされたパンが並んでいて、すごーく美味しいというわけではないけれど、まあまあお手軽……という感じ。木曜金曜は買い物に出ずに家に籠もるぞ(そしてゲームをするぞ)と、このパンを買ってきてみたのだった。
 
食後に苺もつまみつつ、でも「うーん、やっぱりパンは"普通"な感じだー」と思いながらもぐもぐ。駅近に美味しいパン屋さんの登場が望まれる今日この頃。
津田沼「ビストロコモ食堂」にて
 店長おすすめ洋風モツ煮 \380
 カキフライ 4×\150
 串物(豚バラ串 ネギ) \120
 串物(豚バラ串 ニンニクしょうゆ) \120
 串物(豚レバー レバテキソース) 2×\120
 串物(和牛ハツ) 2×\120
 本日のパスタ \500
 生ビール 3×\480
 白グリ(アップルジンジャー)
午後から遊びに行くよと外出した息子、夕方になってから「ごめーん、夕飯、外で食べてくるー」と連絡が。
 
えー海南鶏飯しようと思って鶏肉3枚買ってあるんだけどなぁ……2人分作ると微妙な感じになりそうだし……と、だんなに連絡して、2人で軽く飲みに行ってしまうことに。
 
地元のお気に入りのお店「ビストロコモ食堂」が数週間前に改装リニューアルオープンしたばかり。リニューアル直後はなかなかの混み具合だったので、そろそろ落ち着いたかな?と行ってみた。
 
店から溢れるように、ビニールシートで壁を作って無理矢理テーブル席を作っていた風なこぢんまりしたお店は、改装しても店のスペース自体が広くなったわけではないけれど、客席スペースはかなりすっきり広くなっていた。カウンター席が6席で残りは立ち飲みコーナー。
 
でも、「座って飲みたい」のお客さんの声が多いこともあって(でも元々からの予定でもあったみたい?)壁際にカウンター席を作る工事をまた別途するそうな。私は立ち飲みよりは座ってまったり飲みたいので、椅子席が増えるのは嬉しいな。
 
メニューも少し様変わりして、「安価な小皿料理をちょこちょこ食べる」系になっていた。自家製サングリアなどのメニューは変わらず。
 
「洋風モツ煮」は、店頭のコンロでぐつぐつ煮ている、いかにも美味しそうなもの。大根や人参などの根菜たっぷりで、ほんのりバジルの香りの洋風味。ビールに良く似合う美味しい煮込みだった。1個380円というお手頃価格も良い感じ。
 
「1個150円」というカキフライは4個揚げてもらった。自家製タルタルソースはビネガーが効いたちょっと大人な味わいで、カキフライに薄くソースがかかっていた。揚げたてさくさくで、サラダ野菜もたっぷり。
 
「下町の食堂」みたいなステンレスの小皿でやってくる、新メニューの「串物」も面白かった。1本単位で注文できて、お勧めは豚バラ。だんなはネギソース、私はニンニク醤油ソースで貰ってみた。あとは豚レバーや牛ハツも。
 
モツ煮込みも間違いのない美味しさだったけれど、レバーやハツも美味しくて幸せだった。
「なんかさ、ビールのアテだよね」
「ワインにも合うけど、なんというか、ビールよね」
と、でも私はこの店名物の季節で内容が変わる「白グリ(白サングリア)」を。今のシーズンはアップルジンジャー。甘さ控えめで、すっきり味。
 
日替わりのパスタは「あさりとベーコンときのこのトマトソースパスタ」だそうで、1皿パスタ50g量ほどの可愛いサイズ。これを最後にさらっと食べておしまいにした。
 
立ち飲みコーナーがあると、さっと行ってさっとつまんでさっと飲んで帰ることができるからそれはそれで使い勝手が良いかも?……でも、私とだんなが2人で行っちゃうと、ついあれこれつまんでしまうのよねぇ。

2017年3月22日水曜日

今日はお魚尽くし

「岩崎本舗」の
 角煮まんじゅう
プーアル茶
まだ冷蔵庫にいくつか残ってるんですよー、ということで、今日の朝御飯は長崎の角煮まんじゅう。
 
「そうそう、都内の催事にけっこう来てるらしいよこのお店。九州フェアとかで」
「あー、見たことあったかも。けっこう高いなと思ってこれまでスルーしてたわ」
 
でも美味しいよね、今度みつけたら他の品もあるみたいだし見てこよう……なんて話しながらもぐもぐ。
 
母も秋田で、春の彼岸に親戚たちが集まった時にこの角煮をふるまったんですって。
「美味しかったわよーまた今度通販しようかなって思ってたくらい」
と昨日メールがあった。
 
旅行先で美味しいものど出会えるのは幸せね。
鯖の味噌煮
鰺のなめろう
新玉ねぎの蒸し煮 肉味噌がけ
海老つみれと芹の吸い物
羽釜御飯
ビール(サッポロラガービール)
今日は第四水曜日の「角上の日」。
 
お気に入りの駅前魚屋さんが、併設の八百屋、肉屋もろとも全品10%オフになる嬉しい日。当然のように、毎月けっこうな賑わいになる。
 
で、朝イチでお買い物に行ってきた。今日はやっぱりお魚料理の夕御飯。
 
1尾400円(の10%オフ)だった真鯖は味噌煮に。1尾160円(の以下略)の鰺は2尾を刺身用におろしてもらってなめろうにした。……で、美味しそうな新玉ねぎは笠原将弘さんのレシピで蒸し煮にして肉味噌添え……って、食べたいものを適当に組み合わせて献立を考えたら、全部が味噌味になっていたという。私、味噌味が恋しかったのかしら……。
 
レシピ(というか材料の分量)をメモ帳で書き出している途中で気付いたので、味噌煮はお酢が少し入ったあっさりめの味のものに変更して、なめろうも味噌控えめて塩味ベースに。汁物はもともと吸い物予定で、海老つみれを買ってきてあったので、これは予定通りに、干し椎茸と芹を入れた春っぽい味のものにした。
 
旅行からのモンハン三昧で、このところさっぱり料理らしい料理ができてなかったので、今日くらいはとちょっと気合いを入れたのだけれど、ゆえに配膳がばたばたしてしまって、うっかり写真を撮るのを忘れてしまっていたという……せっかく鯖の味噌煮もパプリカ入れてきれいめにしたのに……新玉ねぎも柔らかく美味しく煮えたのに……と、この日記書きはじめた時に「写真!ないじゃん!」と気付いてしょんぼりしたのだった。
 
で、写真は、今日の午前中にベランダの鉢に植えた「バコパ」の多色苗。
一昨日のイオンの特売日に、イオンの園芸コーナーで買ってきた。やっとこさ春冬雷ということで、これからもりもり育つと良いな。
 
そして、夕御飯。
「全てが味噌味」からの回避に色々工夫してしまったけど、鯖の味噌煮は普通の味のがやっぱり美味しいし、なめろうも、味噌味ベースが美味しいなと思った次第。

2017年3月21日火曜日

空也のもなか。

ホットサンド(こんたまちー)
苺(あまおう)
カフェオレ
サンドイッチ用のパンが地元で買えない!……と嘆いていた今日この頃。昨日、地元のイオンを覗いたら、あっさり「超熟」の10枚切り食パンがたんまり売られていたのだった。……前に探しに来た時は、無かったのだけど、扱うようになったのかな?(単にその時がタイミング悪くて売り切れだっただけなのかも)
 
なんにせよありがたい、と、サンドイッチ用食パンを買ってきた。そして今日は久しぶりにホットサンド。
 
だんなが一番好きな具材で作ってやろうと、今日は「こんたまちー」。ほぐしたコンビーフと、マヨネーズで和えたゆで卵、そしてチーズ。カロリー方向もデラックスな、満足度高いホットサンドだ。
 
ハムでもソーセージでもベーコンでも美味しいのだけど、やっぱりコンビーフの塩気や油っけが最強たるゆえんなのかしら……と思いつつ、私の分は心もちコンビーフ控えめで。だんなの方はコンビーフ多めで。
「空也」のもなか
抹茶入り玄米茶
で、ホットサンドの具材があと丁度1人分残っていたから、今日の昼御飯はこれを息子に食べさせて、私は適当にコーンフレークとかでもいいや……と思いつつのんびり構えていたら、息子が昼になっても一向に起きてこない。
 
声をかけずにいたらいつまで寝ているのだろうと面白くなってきてしまったので、そのまま放置して私は一人、お茶淹れて甘味でお昼を済ませてしまった。
 
だんながホワイトデーに買ってきてくれていた、銀座「空也」のもなか。
 
配送配達はしない、クレジットカードも使えない、という昔ながらの和菓子屋さんで、人気の「もなか」は10個で1080円とお手頃価格。でも、買うには予約が必須で、電話はかけても繋がらず、「予約のために店頭に赴く」というひと手間が必要な、なかなか厄介なお店なのだった。
 
そして今年のホワイトデー、だんなが「どうしようかなー」と言っていたので、「だったら空也のもなかにしましょう!予約なら私が行ってくるし!」ということで、事前に私が銀座に行って予約をしてきた次第。
 
なんてことない外見の小ぶりのもなか。「焦し皮に小豆のつぶし餡」という組み合わせで、そのサイズ感とか甘さとか皮の香ばしさとか、色々とバランスの良い味なのだった。2個食べちゃえーともぐもぐ一人でやってみるも、一向に息子は起きて来ない。
 
結局、息子が起きたのは午後3時。何時まで夜更かししていたか知らないけれど、さすがに寝過ぎだろう。息子よ。
すき焼き丼
わかめと長ねぎの味噌汁
麦茶
午後3時に昼御飯でもないし、かといって午後7時まで待たせたら息子が飢えそうだし、私も「昼御飯=もなか」だったのでそろそろお腹空いてきたし、そしてだんなの帰りは遅いらしいし……ということで、今日は午後5時過ぎに夕御飯。
 
息子と2人の夕御飯、ありものをなんとかしてしまおう、と、残っていたすき焼き用の牛肉と他の具材(これも幸いひと通り残っていた)を使って、まんま「すき焼き丼」にしてしまうことにした。作り方も、先日の「すき焼き」と全く同じ。
 
御飯の上に、肉、豆腐、椎茸、しめじ、えのき、長ねぎ、そして春菊を盛りつけて、上に半熟に茹でた温泉卵風のゆで卵……のつもりが、なんだかグシャッとなってしまって、見た目がいまいちに……(だから写真には残せなかった……)。
 
並行してささっと作った味噌汁を添えて、そんな感じで夕御飯にした。見た目はほんのり残念だったけれど、味は上々。日常の御飯用にはまず買わないランクの国産牛、ありがとうございましたー!という美味しさだった。贅沢な味。