2016年9月27日火曜日

パスタ&パクチーモヒート

チーズエッグトースト
アイスカフェオレ
今日は久しぶりに息子の弁当作りのために朝5時半起き。学校の行事合わせで、いつもは学食を利用のところ、弁当が必要だということでサンドイッチ弁当を支度した。
 
  • 卵サンド・ハムチーズサンド・ジャムバターサンド
  • 「もり山」の唐揚げ・カニクリームコロッケ
  • ポテトサラダ
  • プチトマト
  • 麦茶
 
ちょうど唐揚げを買ってきていたところだったので、スーパーでカニクリームコロッケを1個買ってきて、メインのおかずは簡単にそれで。
 
ハムときゅうり、人参、玉ねぎ入りで粒マスタードを使ったちょっと大人っぽい味のポテトサラダは昨夜作ったもので、あとは今日、3種類のサンドイッチを作ったくらいで簡単に済ませてしまった……つもりなのだけど、久しぶりの弁当作りは要領が悪くて、なんだかんだ30分くらいかかってしまった。しかも久々の早起きで眠い。
 
弁当がパンということで、朝食は米飯を。だんなも今日は早めに出るということで、2人分の朝食を出して、私は後でゆっくりいただくことにした。2人の朝御飯は、卵かけご飯かいくらご飯の2択、豆腐と油揚げの味噌汁、梨、麦茶、という感じで。
 
いよいよ出回りはじめた生筋子、今回はイトーヨーカドーのがお手頃価格だったので大きなパックを買って、ほぐしてもらってから持ち帰った。漬けだれは、醤油と煮切り味醂と煮切り酒、少しのめんつゆを使い、ちょっと甘めの味付けに。
 
で、私の朝食は、2人を見送ってしばらくしてから、食パン(神戸屋スペシャル)に卵サンドに使った残りのマヨ和え卵を塗って、スライスチーズを乗せてからこんがりトースト。すっかりお腹が空いてしまったので、シュレッドチーズも追加トッピングしてしまった。濃厚卵サンド、おいしー。
 
そして私は体中が筋肉痛……。
きのことルッコラ、鶏肉のクリームパスタ
ミネストローネ(キャンベル缶)
パクチーモヒート
弁当持参で今日一日色々やってきたらしい息子、帰宅途中に「お風呂沸かしておいてー」とメールを投げてきて、帰るなり風呂に直行し、風呂から出たと思ったら寝てしまった。……夕飯、未だなんですけども。
 
息子、今日のバイトはさすがに入れてなかったらしく、そして残念ながらだんなの帰宅は遅いらしい。じゃあまあ、息子の好きな方向の夕飯にしましょうか、と、久しぶりにクリーム味パスタを作ることにした。
 
薄切りにんにくをオリーブ油で炒め、一口大に切った鶏肉を加え炒めてから、ひらたけ、しめじを投入。ざっと炒めてから生クリーム(と牛乳も)を注ぎ、煮詰めてから、茹で上げたパスタと和える。ルッコラは火が通っていないない方が私は好みなので、皿に盛りつけてから最後にトッピングした。あとは黒胡椒をガリゴリ、好みで。
 
サラダも添えようかと思ったけれど、1袋300gのパスタを全量茹でたらさすがに多くて、「それにルッコラもたくさん乗せたしなぁ」とサラダは断念。スープは手抜きしてキャンベルのミネストローネ缶を使って用意した。
 
ちょっと手抜きかな、と思ったけど、疲れでフラフラになっている息子にはワンプレートディッシュは有難かったらしく、「パスタうめー」言いながらすごい勢いでクリームパスタを平らげ、そして自室に引っ込んでいった。すごく美味しいきのこ使ってたんだけど、気がついただろうか。絶対気がついてないなアレは。
 
で、そうそう、冷蔵庫にしばらく突っ込んだままだったからと、カルディで買った「パクチーモヒート」を飲んでみたのだけれど、なかなかロックな味わいだった。
 
すごくパクチー。思った以上にパクチー。ミントの代わりにがっつりパクチー。そして、「甘い」っていう。
 
確かにモヒートってちょっと甘さがついているものが多い気がするけれど、それにしても、甘さが違和感だった。パクチー使うんだったら甘さは要らなかった気が。
 
「飲んでみたい」と息子が言うから一口飲ませてやったら、一口飲んで「うげぇ」と言って、
「やっぱり俺、パクチーは苦手だわ」
と断言していた。いや、パクチー好きでもこのパクチーモヒートは……どうなの?……どうでしょう。私はもう、二度と飲まなくていい……かな。
 
ここ最近、パクチーがやたらとブームで、30年以上の年季の入った香菜好きとしては嬉しさもあるけれど困惑の方が強い感がある。
 
「パクチーおいしー」と言ってる女子たち、ほんとにほんとに好きなのか。キヌアやアサイーと同列に、「体に良いらしいしブームだから、なんか知らないけど"おいしー"と言ってみてる」感は微塵もないか。ほんとは嫌いなのに、周囲に合わせて「おいしーだいすきー」と言ってるんじゃないの?違うの?
 
……と、意地悪な事考えてしまうくらいには、パクチーのもてはやされぶりが違和感だったりするのだった。だってパクチー、臭いよね。その臭いのが私は大好きなんだけど、決して万人受けするものではないと自覚してるし。だから、巷に増えまくっているパクチー商品を見るたびに、「これはほんとにパクチー好きな人が作ったものなのかなー。真のパクチー好きが作ったものならきっと美味しいんだろうけど」と疑ってしまうのだった。

2016年9月26日月曜日

鮭ときのこのホイル焼き

「アンデルセン」の
 アップルクリームパイ
アイスカフェオレ
久しぶりの千葉だー!ということで、駅ビル内にある「アンデルセン」で朝ごパンを買ってきた。みんな大好きミルクフランスは1人1本、あと円筒形の「アップルクリームパイ」を買ってきたのだけれど、さすがに両方は要らないよなぁという月曜の朝。
 
で、朝食は、アップルクリームパイだけにしておいた。カスタードクリームにりんごの甘煮を混ぜて、筒状のパイの中に絞ったもので、パイはさくさく、濃厚なカスタードクリームの口当たりが良い感じ。アンデルセンのパイはいつもながら安定感あって大好き。値段と味のバランスとか買いやすさとか、諸々考えて私の一番好きなパン屋チェーンかもしれない。
 
さて、今日は1年ぶりに(!)スポーツジム。
 
昨秋あたりから肩が痛くて(いわゆる四十肩とか五十肩などと言われるやつね……)、そのうちに肩より上に手を上げるのがしんどくなり、まとめ髪をするのにも苦労する始末。地元の整体屋に行ったりしていたのが冬の頃。水泳ならともかく、肩より上にバーベルをぶんぶん持ち上げるBODYPUMPは全然無理な状況なのだった。
 
それが、だんなお勧めの上野の整体師さんに見て貰ってから、完全復活とはいかないまでも、かなり腕の動きが戻ってきたので、「もうこれは、痛かろうが動かなかろうが、自ら必死に動かして血行良くしなきゃいけない流れというやつではないかしら」と思い至り、それ以前にちょっと体力戻したいと思うところもあり、また頑張って通おうかな、と。
 
数ヶ月前に「コナミスポーツクラブ、レスミルズ日本国内総代理店契約を終了」なんてニュースを聞いて、私の一番好きなプログラム「BODYPUMP」が、コナミで出来なくなるのでは、という危惧もあったりしたのだけれど、とりあえず私の通うジム当面BODYPUMPは継続提供してくれるみたい。
 
久しぶりすぎー……と、後ろの方の立ち位置でひっそりと、重りも軽めに、
 
warmup小/squats中/chest中/back中/triceps小/biceps小/lunges小/shoulders小(小)/core無/cooldown無
 
という感じで60分コースのBODYPUMP、頑張ってきた。
 
「この動きは無理!」というのはとりあえず無かったけど、バーベルを肩に担ぐ姿勢の時に手で支えるその腕が一番厳しかったという……(腕が後ろに行ってくれないのよー!もう!)。今日は泳がなかったけど、水泳したら少しは改善してくれるかな。
 
朝に食べなかったミルクフランスは、運動終えて帰宅してから美味しくいただきました。
ルッコラとパルミジャーノのサラダ
ポテトサラダ
「もり山」の唐揚げ
秋鮭ときのこのホイル焼き
豆腐と油揚げの味噌汁
羽釜御飯
ビール(サッポロラガービール)
今日は息子不在でだんなが帰宅の夕御飯。
 
昨日買ってきた美味しい野菜を食べましょう、ということで、立派なひらたけとしめじを使って、秋鮭のホイル焼きがメインディッシュ。
 
ホイルの上に軽く塩した鮭を置き、その上に塩胡椒と白ワインでマリネした玉ねぎと人参。きのこもどっさり添えて、ボルディエの海藻バターを上に落としてから包んで、フライパンで焼くだけ。
 
昨日九州物産展で買った「中津からあげ もり山」の唐揚げは、明日の息子弁当用に2個取り分けてから温めて、1人3個。ポテトサラダも、明日の弁当用に仕込んだものを夕飯にもちょこっと出した。
 
あとは、これも昨日買ってきた美味しそうなルッコラを美味しいうちに食べたいなと、簡単サラダに。
 
ルッコラをちぎって皿に盛り、塊のパルミジャーノ・レッジャーノを皮剥き器で削って散らし、ドレッシングは手持ちの市販のものがいまいち似合わなさそうだったので適当に自家製。バルサミコ酢とりんご酢、はちみつ、塩胡椒、粒マスタード、オリーブ油を適当に混ぜて、ちょっと甘さのあるドレッシングを添えてみた。
 
なんだか味噌汁を作るのも久しぶり。
息子には明日米飯の朝食を出す予定なので味噌汁も多めに支度して、ご飯も多めに炊いておいた。
 
今日みたいな、そこそこ気合いの入った夕飯の日に息子のバイトが無ければ一番良いのだけれど、なかなかうまいことタイミングが噛み合わないのは仕方がない。
 
「ま、息子が不在だと知ってたからあえて鮭買ってきたところはあるんだけどねー」
息子は肉の方が圧倒的に喜ぶから、と話しつつ、良い感じに脂の乗った美味しい鮭をもぐもぐ。秋刀魚も良いけど、鮭も秋の美味。まだ食べられないけど、生筋子も買ってきました。

2016年9月25日日曜日

青空日本酒BAR

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
バタートースト
カフェオレ
今日は久しぶりの雨マークなしの天気予報。そして楽しみにしていた「秋空日本酒BAR」開催日♪
 
去年はこの時期、旅行とぶつかって行けなかったイベント、今年は楽しみにしつつ、がっつり予定を開けて、前売りチケットも買っておいた。ふかふかマットのレジャーシートよーし、折りたたみテーブルの用意もよーし。
 
開始と同時の10時から飲み食いはじめる予定なので、朝御飯はさらっとバタートーストとカフェオレで。
バタートースト、使ったパンがリッチな味の「神戸屋スペシャル」だったので、バターは控えめにしておいた。本当はこのパン、買いたてのを焼かずに齧るのが一番美味しいと思う。
千葉「秋空日本酒BAR」にて
 「Community Space Koinonia」の
     あいよ野菜の揚げ浸し \400
 「Beer O'clock & FUJIMIBARU」の
     自家製スモーク盛り合わせ \500
 「イナノテ」の
     変わりいなり2種 \400
     おつまみ5点盛り \400
 「ピッツェリアスクデット」の
     桜海老とブロッコリーのフジッリ \400
 「美彩や」の
     牛スジトマト煮込み \400
 「いまでや」の
     「木川屋 ホタルイカ姿干し」
 お酒いろいろ♪♪
 
千葉そごう催事「鹿児島 五郎家」の
 おなじみラーメン コク増し \891
 半熟煮玉子 \100
 
千葉そごう催事「天文館むじゃき」の
 白熊(大) \832
向かったのは、千葉パルコ前にある「千葉中央公園」。
 
嬉しいことに、このイベントは「ピクニックエリア」が用意されていて、持参したレジャーシートやキャンプ用のテーブルセットなどを使うことができる。会場側が用意してくれた椅子やテーブルも少しはあるけれど、良い感じに木が多い会場なので、私は木陰にレジャーシート広げて地面に座る方が居心地良くてお気に入り。
 
今日は気温も上がりそうなので木の多い場所にレジャーシートを広げ、いざいざ、と飲み食いしてきた。今日は千葉在住のボードゲーム仲間、現役女子大生Yちゃんが「ご一緒したいですー」と言ってくれたので、3人であれやこれや楽しんできた。
 
このイベント、前売り券が3400円で専用お猪口とドリンクチケット8枚のセット。そのお猪口に注いでくれる形で、ほとんどのお酒はチケット1枚で飲むことができる(時々2枚とか、すごいものは1杯8枚!なんて稀少酒も)。チケットは1枚400円で追加購入可能。
 
周囲に並ぶフード系の店舗は、多くの料理が400円での提供になっていて、チケットで買うこともできるし、こちらは現金払いも可能。
開放感のあるピクニックが楽しめるのと共に、美味しい食べ物が充実しているのも、このイベントの素敵なところなのだった。決して安くはないんだけどね……(今日もなんだかんだ、結局1人5000円以上は飲み食いしていた模様)。
 
「イナノテ」のお惣菜はいつも素敵。これは「おつまみ5点盛り」。 右の写真は、「イナノテ」というお店の「おつまみ5点盛り」。
 
牛ハラミ昆布醤油ステーキ
冬瓜と牛脛肉、干椎茸のスープ煮
手造りつみれのしそおかかあん
なすの肉味噌田楽
葉しょうが生ハム巻
うなぎ骨せんべい(おまけ)
 
という、実質6点盛りという内容で、どれもお酒に似合う幸せな味だった。
 
同じお店の「変わりいなり2種」(今日の一番上の写真に写ってる)は、
彩りきのこご飯と秋鮭と松茸の柚香焼いなり寿司
いくらとスモークサーモン えごまとしその実ご飯のいなり寿司
という組み合わせで、これまた素敵。
 
美味しい野菜を扱っている「あいよ農場」の野菜を購入ついでに、その野菜を使った惣菜を扱っていた「Community Space Koinonia」の野菜の揚げ浸しを買ったり、懐かしの「富士見バル」の燻製盛り合わせも買ってきたりで、テーブルはたいそう賑やかに。使いやすいサイズのテーブルが良い仕事をしてくれた。
 
で、飲んだお酒はこんな感じ↓  
広島 相原酒造 雨後の月 微紅スパークリング
1杯目は、スパークリング酒コーナーにあった、不思議な紅色のお酒を。見た目はロゼシャンパンのようで、味もどこかスモモに似たフルーティー感。赤色酵母を使った、瓶内2次発酵のお酒なんですって。爽やかな酸味があって夏向きのお酒な感じ。
 
栃木 仙禽 クラシック千鈞 山廃 亀ノ尾
果実っぽいさっぱりとした酸味が第一印象だけれど、甘味と旨味もしっかり。米の旨味が感じられる美味しいお酒~♪
 
山形 鈴木酒造 磐城壽 特純電子米あきたこまち
契約栽培米の「電子技法栽培あきたこまち」を100%使って醸したお酒、だそう。あきたこまちは食べるお米として美味しいけど、酒米としてはどうなん……?と思ったけれど、ちゃんとお酒らしいお酒になっていた。あきたこまちを使ってはいるけれど、蔵は福島のものだそうで、東日本大震災で山形県に移ったのだそう。キリッと辛口のすっきり系。
 
愛媛 石鎚酒造 石鎚 特別純米 ひやおろし
そろそろ秋酒を満喫するぞーということで、石鎚のひやおろし。当日残していたメモによると「どしっとした存在感。キレとコク濃厚」だそう。ぬる燗あたりにしたら香りが広がりそう。
 
富山 富美菊酒造 羽根屋 純米吟醸 ひやおろし
私が石鎚を飲んでいるタイミングでだんなが羽根屋を貰ってきて、交換したらお互いが「そっちのが好みだわ」ということになって、お猪口を交換。こちらの方が「優等生」的な味でバランスが良い感じ。ふわっとした酸味が私の好みだった。
 
山形 楯の川酒造 楯野川 純米大吟醸 源流ひやおろし
基本、飲んだことのあるお酒や蔵は避けていたのだけれど(九平次とか紀土とか鳳凰美田とか新政とかもリストにはあったんだけど)、楯野川のひやおろしは飲んだことなかったんじゃないかなと、一杯。フルーティーさと旨味と酸味の良い感じのバランス感。美山錦だそうだけど、優等生過ぎない味わいで(まあ、原酒だそうだし)とても好み。
 
山形 小嶋総本店 洌 純米大吟醸 発泡にごり
気温が上がってきたので、こういう時はこういうのかなと、スパークリング酒コーナーから「洌」の発泡にごり。口当たりはキリッと軽やか、でも米の旨味がふわっと来る、思った以上の見た目はこってり系「濁り酒」、なのに、余韻は軽めでスパッと切れていく感じ。
 
新潟 青木酒造 鶴齢 特別純米 ひやおろし
このへんから記憶がじわじわ曖昧。メモによると「甘酸っぱくてフルーティー!このみー!」ですって。
 
神奈川 泉橋酒造 いずみ橋 とんぼ7号 神力山廃1年貯蔵
1年熟成にしては、良い具合の熟成香。酒色もほんのり琥珀色がかっていてとても綺麗。メモによると「おいしー!」(なんだろうこの私のダメ感……)。
 
愛知 萬乗醸造 醸し人九平次 純米吟醸 PONT NEUF
手元に残ったチケット最後の1枚は、絶対に好みなものにしよう!ということで、九平次を。メモによると「やっぱうーまーいー!!」ですって。そりゃ旨いよ。わかってるよ。もうちょっと言うことはなかったのか、あの時の私。
 
他に、だんなのを味見させてもらって「これは美味しいなぁ!」と思ったのは「山形正宗 1898 生酛純米」「鳳凰美田 赤判 純米大吟醸(これはチケット2枚)」あたり。山形正宗は、美味しかったねぇ……これ、赤磐雄町を醸してるそうだから、それはもう好みでしょうというスペックだったのだけれど、それにしても美味しかった。
 
牛スジトマト煮込み、うーまーしー♪フジッリに乗せて食べるのも、なおよし。 終盤に食べた肴は、こんな感じ。
 
ステーキを売っていた(これも美味しそうだった……)お店の「牛スジトマト煮込み」と、イタリアン惣菜を扱っていたお店の、桜海老入りのフジッリ。
 
フジッリはそのままでも最高に美味しかったけれど、牛スジのトマトソースに浸して食べるのもまた美味しかったりして。
 
午後に友達と約束があるからと言っていたYちゃんとは1時過ぎにお別れして、終盤は私とだんなでちびちびと更に1時間ほどまったりしてから、会場を後にした。今年も楽しいイベントでした。来年も晴れるといいな。
 
そうそう、会場にはお土産物販もけっこうあって、
あいよ農場」の野菜(きのこ3パック、白茄子、ルッコラを買って1200円)と、「越田商店」の「もの凄い鯖」(2枚で500円)、お馴染み「株式会社千葉産直サービス」の魚缶詰数種類を買ってきた。
 
魚缶詰は、値段もそこそこ良いけれど、本当に美味しい。オイルサーディンも良いけど、「とろ青魚缶」はどれも幸せ。いつの間にか「焼き塩さば」缶なんていうのも出ていたから買ってきてみた。大荷物。
 
で、酔っ払った勢いで、
「そごうで九州物産展やってるらしいぞー」
「シメラーメンじゃー!」
と、千葉そごうで開催中の「秋の九州物産展」に向かってしまって、うっかりラーメン。
 
千葉そごうで「五郎家」の鹿児島ラーメン。美味しいな! 期待していたのは、博多ラーメン的な「真っ白系とんこつラーメン」だったのだけれど、イートインコーナーにあったのは、鹿児島ラーメン「五郎家」さん。
 
ちょっと茶色っぽくスープで、でも豚骨ベースではあるんだって。面白いねと食べてみたら、めっちゃ美味しかった。
 
「おなじみラーメンあっさり」と「おなじみラーメンコク増し」の2種類があって、これはもう「コク増し」で。
 
九州の醤油を彷彿とさせるちょっと甘さを感じる醤油だれのスープで、でも、トッピングされているにんにく風味の味噌が良い感じの塩辛さ。これを溶いたらとても良いバランスの味になって、香ばしく美味しいスープになった。
 
なかなかの厚切りチャーシューと、その下に茹でた千切りキャベツがたっぷり。麺は縮れのないタイプ。
 
「これも齧るでしょ?」
とだんなが頼んでくれた「五目にぎり」(各日限定100個販売100円、ですって)も、ラーメンスープと同じ色合いをしたおにぎりで、濃厚味。美味しかった。
 
本場の味の「白熊」、おいしかったー! で、「デザートもいるじゃろ?」と、酔っ払いの勢いで、食後に「白熊」まで、ついつい、うっかり。
 
本系本元「天文館むじゃき」の白熊、通常サイズだとさすがの迫力で、2人でようよう食べきるくらいの分量だった。
 
メロンにチェリー、寒天類、甘く煮た豆に、謎のあんこ菓子……と色々突っ込まれた、「そうそうこれこれ」な白熊。
 
練乳そのままの味ではないシロップは、お店秘伝のオリジナルシロップなのだそう。しっかりミルクで、でもくどいほどの濃厚さでもなくて、たいそう美味しかった。鹿児島も、食べ歩きしてみたい街。酒寿司とか、本場の味を試してみたいな。
 
と、そんな飽食飽飲続きで、帰宅は4時頃。もう満腹で、夕飯どころではなくて、早々にお風呂に入った後はベッドに沈没。
息子がバイトを終えて帰ってくるのを出迎えるのがやっとだった。