2017年2月22日水曜日

点天の餃子。ちょっと焦げ。

「サンジェルマン」の塩バター
炒めウィンナー
カフェオレ
昨夜日付が変わってから、だんな、出張から無事帰宅。
 
今朝はいつもの時間に起きて出勤だそうで、「眠くない?大丈夫?食べられる?」と言いつつ、だんなの分の目玉焼きを用意し、ウィンナーは私もお相伴。
 
先日「サンジェルマン」で買ってきた塩バターパン、ちょっともっさりした食感でバター感はそれほど強くなく、サンジェルマンの他の品の完成度に比べると、これはあまり好みな方向ではないんだなぁ……という感じ。
 
悲しいことに、地元のサンジェルマン、今月一杯で閉店なのだそう。別のパン屋さん(できればアンデルセンあたり……!)が代わりに入ってくれると嬉しいなと思いつつ、さほどパン屋の選択肢が多くないこの街、ますますスーパーで大手メーカー製のパンに依存することが増えてしまいそうなのだった。
帆立バターおかき
「点天」のひとくち餃子
白菜と合いびき肉の重ね蒸し
きのこと豆苗のスープ
羽釜御飯
ビール(サッポロラガービール)
 
「りくろーおじさん」のチーズケーキ
カフェオレ
だんなの出張土産は、「点天」のひとくち餃子と、「りくろーおじさん」のチーズケーキ。
 
なんばでしか扱いがないあんまんを買ってくれようと、わざわざ「551蓬莱」にも寄ってくれようとしていたのに、あいにく月に一度の休業日と重なってしまって、「もういい!通販しよう!」と、豚まんあんまん(あと焼売)は通販してしまうことに。あと、大阪の地酒も後日家に届くそうで。
 
というわけで、夕飯は、「じゃあ餃子を焼いて食べましょう」と、そういう方向の夕飯に。「白菜とひき肉」だなんて、餃子と丸かぶりな材料が手元にあったのだけれど、それは金華ハムのスープキューブ使って、ほんのり中華味の重ね蒸しにした。
 
ちょっと焦げちゃった一口餃子は、温めたフライパンに適度に間隔をあけつつ餃子を並べ、すぐに水40ccを注ぎ入れて蓋して4分、だそう。先に並べた側の餃子があっさり焦げたけどその甲斐あって(?)食感は良い感じのパリサクに。
 
いつもはねっちり具沢山、あんたっぷり系餃子を好んで食べているけれど、点天の餃子は、またちょっと別の方向に美味しいなと思う。結婚したばかりの当初、新宿伊勢丹で買えたこの餃子を、けっこう頻繁に食べていた記憶がある。
 
大阪の餃子を堪能した後は、デザートに大阪のチーズケーキをもぐもぐ。
 
「1/6ですか?……1/3ですか?」
「1/3でいいんじゃね?」
「……やっぱりそう思う?」
と言いつつ、1人120度の鈍角カットで。
 
シフォンケーキのようなふあふあ食感だから、普通に1/3カットで食べ切れてしまう。1人分200円ちょっとの幸せ。

2017年2月21日火曜日

お好み焼きと台湾風肉豆腐

お好み焼き
とんぺい焼き
麦茶
昨日、息子とスーパーを歩いていて、天かすや青海苔などがセットになった「お好み焼きの素」と目が合った。
「……これいいな」
「うん、お好み焼き、いいね」
ということに。
 
だんな不在2日目の朝食、もとい昼食は、昼からホットプレート出してお好み焼きを作って食べた。
 
ちょうど使いさしのキャベツも手元にあったところで、買い足したのは薄切り豚バラ肉くらい。いつか食べようと買ったまま食べていなかった「とんぺい焼きの素」も手元にあったので、お好み焼き2個ととんぺい焼き2個を次々焼いて食べることに。
 
お好み焼き粉を水で溶いて、天かす入れて、卵も入れて、キャベツも加えたらざざっと混ぜて焼くだけの簡単仕様。生地を丸くホットプレートに落とした後に豚バラ肉を乗せて、ひっくり返しながら表面がカリッとするように焼いていく。仕上げは「おたふくソース」とマヨネーズ、鰹節、青海苔もたっぷり。
 
「とんぺい焼き」の方は、まず豚バラを鉄板に並べて、天かす入り(キャベツは入らない)の生地をその上にドーナツ状に落として、中央に生卵を割り、黄身を軽くつついて崩してからひっくり返して両面焼いていく……という感じ。外で食べた事はあるけれど、家で焼いて食べたのはこれが初めてだったかも。
 
キャベツたっぷりのふわっとした口当たりのお好み焼きとはまた違うとんぺい焼き、期待以上に美味しかった。小麦粉ベースの生地は簡単に作れそうだし、お好み焼きより手軽に気軽に作れそう。
いんげんの胡麻和え
台湾風肉豆腐
きのこと豆苗のスープ
羽釜御飯
麦茶
夕飯は、初めて作ってみた枝元なほみさんレシピの「台湾風肉豆腐」。
 
最初に揚げ玉ねぎを支度することからレシピが始まっていて、「あ、つまりこれ、油葱酥の事だよね?」と合点して、油葱酥を使うことに。
 
八角と赤唐辛子を最初に炒めて、牛肉を炒め、調味液絡め、スープを注いでから豆腐を入れて軽く煮込む感じ。煮込みはじめと仕上げに、それぞれ揚げ玉ねぎを加える。調味はちょっと甘めの醤油味醂ベース。
 
仕上げに五香粉も加えたら、なんだか「後一歩で魯肉飯」みたいな感じの肉豆腐になった。
 
仕上げには、油葱酥と共に大量の香菜をトッピング。
 
魯肉に比べると味はちょっと薄めだけれど、これそのまま、ご飯にかけても似合いそう。
 
「おお……うまいね」
「牛肉が、アメリカンビーフの美味しそうなやつだったしね」
この牛肉で肉じゃが作るのもすごく美味しそうだなーまた買って来よう、と思いつつ、もぐもぐ。
 
せめてもとスープは野菜具沢山、いんげんの胡麻和えも添えて。

2017年2月20日月曜日

ゴールドまであと300g!

津田沼「いきなり!ステーキ」にて
 乱切りカットステーキ300g \1650
今日はだんな不在の朝で、思うさま朝は寝てるぞ!……と思っていたのに、結局いつもとさほど変わらない朝7時前に起床。
 
今日は20日、イオン系スーパーの特売日なので、
「ティッシュとトイレットペーパーとシャンプーとか色々買いに行くよー!」
荷物持ちよろしく!と息子を昼前に叩き起こし、昼食食べがてら地元のイオンモールに行ってきた。
 
昼御飯は、平日昼ならやっぱりこれでしょと「いきなり!ステーキ」。
 
安価なセットメニューもあるけれど、正直なところ、「米飯食べるくらいならその分肉をたくさん食べたい」と思ってしまうので、前回に続き、今日も乱切りカットステーキを単品で。
 
様々な部位の切れ端をカットステーキ風に炒めたもので、これが一口ごとに味が色々変わって楽しくて良い感じ。とうとう「肉マイレージ」カードも2700g台になり、あと1回300gステーキを食べたらゴールドカードにランクアップし、以後、食べるたびに黒ウーロン茶(かソフトドリンク)を無料で1本飲めるようになる。
 
当初はフードコートでやっていけるのかなと心配していたけれど、すっかり根付いたようで、今日はステーキを受け取るまでに15分以上待たなきゃいけなかったほどの盛況ぶり。座って食べられるのが本当にありがたい。
レタスのサラダ
バターコーン
鶏肉のホイル焼き
羽釜御飯
ビール(キリン ブラウマイスター)
「夕飯何食べたい?あと、明日の昼御飯とかも」
「んー」
「献立考えるのも、なかなかめんどくさいんで、協力してください」
「んー……かつ丼?肉じゃが?」
「……なるほど」
 
肉じゃがはねー明日、肉豆腐しようと思っていたから同じ方向なんだよねー……と、相談続けつつ、本日の夕飯は「鶏肉のホイル焼き」ということに。明日の昼御飯は、「お好み焼き」に決定した。
 
学校給食でよく食べた「鶏肉のホイル焼き」。
 
本来は、1人100gほどの鶏むね肉で、溶けにくいプロセスチーズをアルミホイルでくるんでオーブンで焼いたような料理だった。でも、どうせだったら美味しく作りたいなと、小ぶりの鶏もも1枚を丸ごと使って、チーズも美味しいものに。きっちりくるんで、魚焼きグリルで焼くこと約20分。
 
今日も美味しくてできて、そして今日も「給食で食べたのは、こんなに美味しいホイル焼きじゃなかった!」という微妙に理不尽な感想を抱くことになった。
 
ホイル焼きの添え物に、バターコーン用意して、あとはレタスのサラダ、息子にはインスタントスープ。