2018年1月19日金曜日

湯豆腐ちゃんこ♪

コッペパン つぶあん&マーガリン
ふんわりチーズブレッド
自家製ヨーグルト w/いちじくジャム
カフェオレ
年末だったか、冷凍庫を片付けていて、「あ、また豚まん残ってるじゃーん」と思って。
 
豚まんあるある大丈夫、と、先日一応パンも買ってきたけど、今朝はそれを蒸かして食べようと鍋に火にかけ、中国茶用の湯も沸かそうとして、そして気付いた。
豚まんだと思ったものが、ラードの塊だったということを。
 
なかった、豚まんなかった。1個も無かった……としょんもりしつつ、パンを買ってきたのはこの予兆もあったからかなと、そのままそれを食卓に。セブンホールディングマークのついた、ヨーカドーで買ってきたスーパーブランドのパンは、テーブルロールサイズのチーズブレッドと、ちょっと小ぶりのつぶあん&マーガリンコッペ。
 
なかなか美味しくて、コストパフォーマンスも良い品だったけど、でも、ああ、豚まんが食べたかった。
去年は2月に送料一律キャンペーンをやっていたみたい。今年もやってくれるかな。あんまんが買いたいです。
湯豆腐ちゃんこ
日本酒(長野 尾澤酒造場 十九 Snowflake 澱がらみ純米生原酒)
dマガジン」を愛用して、早や数年。
 
読みたい記事が読めない(あえてそこだけ切り取られてる)こともあるけど、読みたいものをつまみ食いするのに大変に便利。
図書館で借りて読んでいた『きょうの料理』『ELLE gourmet(旧ELLE a table)』あたりはほぼ全文読めるし、文春や新潮のスクープ記事も大体読める。
 
がっかりするほど削られてるのは、『dancyu』や『ねこのきもち』あたり。
『オレンジページ』『レタスクラブ』あたりもメイン記事が7割くらい削られていたりして。
 
……と、そんな感じだけど、月額数百円で複数台の端末からログイン可能というのはとってもありがたい。で、先日読んだ『オレンジページ』にとても美味しそうな鍋料理のレシピが掲載されていたのだった。佐渡ヶ嶽部屋の「湯豆腐ちゃんこ」(リンク先はNHK記事)。
 
たれに卵を使うのが特徴とのこと。
4~5人前レシピに「卵10個」と書いてあって軽く目を疑ったのだけど、でも、すき焼きすると卵1人2個くらいは使うから、納得の個数かなとも思う。
 
昆布だしでいちょう切りにした大根と鶏肉(鶏もものぶつ切りで良いらしいけど、だしが出るかなと骨つきのぶつ切りを買ってきた)を煮て、そのスープでつけだれも作る。他の具材は白菜、ほうれん草、今回入れなかったけど小松菜、しめじ、えのき、そして豆腐たっぷり。鶏団子が好きなので、鶏ひき肉も買ってきてすり胡麻入りの団子を作って投入した。
 
たれは、スープに醤油と酒、鰹節を入れて煮立てた小鍋を湯せんにかけて、卵の黄身をとろとろ入れつつ混ぜていく、というもの。最後に刻み葱も混ぜたらできあがり。
残った卵白は、塩と酢を入れた熱湯に垂らしてふわふわのかき玉を作り、それも適宜鍋に入れつつ食べる。
 
というわけで、こんな感じに取り分けて、もぐもぐ。
 
こってりした卵だれが、とても良い感じ。
 
スープに御飯入れて、このたれかけて食べる雑炊もまた格別だそうで。
 
結局、卵6個使って作ったたれが最後はちょっと足りない感じで、「次は家族3人分で卵10個使ってたれ作ろうと思います」と心に決めてみたりした。
 
湯豆腐大好きだけど、ちょっと物足りなさを感じたりもするわけで、これは目先が変わって良い感じ。普通の鰹醤油だれと2種類用意しても良いかもだ。
 
で、合わせたお酒は大好きな十九の「Snowflake」。
 
澱がらみの生酒、ふわっと甘くて微発泡、「お米のスパークリングワイン」という感じでくいくい飲める。
 
品質維持のために氷点下の外気の気温下で瓶詰めからラベル貼りまでするそうで、雪の結晶模様のボトルもとても綺麗。中がふんわり白く濁っているのもいかにも品名そのまんまという感じで。
 
で、一升瓶しか手に入らないこのお酒、ついつい杯が進んでしまって、だんなが止めてくれなかったら一升飲みきる勢いだった。
「次も美味しく飲みたいでしょ?ね?」
と諭されて、ようやく飲むのを止めたけど、もうとっくに5合以上は飲んでいたような。
 
一升瓶危険。すんごく危険。ていうか、このお酒が危険。

2018年1月18日木曜日

低温調理でラムチョップ

ハムエッグトースト
ヨーグルト(オハヨー おいしく果実国産みかんヨーグルト)
カフェオレ
昨日と同じ食パンを、昨日と同じ調理法にしてもね……と、今朝はハムエッグトースト。
 
マヨネーズ絞ってチーズを散らしたパンをトーストし、ハムは火を通さず、別途目玉焼きを支度して。あとはささっと重ねて組み立てたらできあがり。おかずとしてのハムエッグにはマヨネーズは添えないけど、トーストサンドにする時にはマヨネーズは良い「つなぎ」になってくれる。
 
で、今日のヨーグルトは市販品。
見慣れないものがあるなとみかんヨーグルトを買ってきたのだけど、口にするとみかんじゃない不思議な食感が舌に触った。馴染みのあるその食感はナタデココ。
 
けっこうな量入っていて、「えー、みかんとヨーグルトだけで良いのに。なんでナタデココ入れちゃうかなー。えー」と不満な私だった。もう買わない……。
いわし缶のフレンチ風ポテトサラダ
低温調理ラムチョップ
ズッキーニとパプリカのオリーブ油炒め
牛すじと大根の洋風スープ
羽釜御飯
ワイン(チリ テラ・ノブレ メルロー)
近年購入して、もっとも「買って良かった」と思っている低温調理器。
昨日に引き続き、今日もうっかり低温調理にしてしまった。年末の肉福袋に入っていたラムチョップを使い、「女子うけ抜群な男のラムチョップ」のレシピを参考に、ラムチョップに火を入れた。
 
レシピでは1切れずつにカットしたものを調理していたところ、手元にあるのはブロックのものだったので、かける時間は3時間ほどにして、温度設定は同じに。
 
食べる時間に合わせて火を入れて、最後、湯から引き上げたところで表面の脂身のところにだけフライパンで火を通す。カットして盛りつけて、赤ワインやバター、ケチャップ、ウスターソースなどを合わせたソースを添えた。
 
その下には、ハーブソルトとオリーブ油で炒めたズッキーニとパプリカ。
 
魚料理も1品欲しいなと、買い置きのいわし水煮缶を使って作ったのは「サバ缶フレンチ風ポテトサラダ」のいわし版。
茹でたじゃがいもと合わせて、オリーブ油と粒マスタード、塩胡椒で和えたもの。
 
残っていた下茹で済の牛すじは大根と共に洋風スープにして、
「この献立だったらワインじゃないですかね?」
と、年末に買ったチリのメルローを1本開けた。
 
ラムチョップも昨夜の鶏肉同様、「しっとり柔らかく、ジューシー」としか言いようのない素敵な食感。
 
難点はと言えば、「放置で調理できるからいまいち"料理をした"という感覚が得られない」ということと、「外食で低温調理肉が出てきても、感動が若干薄い」ということくらい?でも、家でも低温調理をするからこそ、外で食べた時にソースや食材の工夫が面白く、参考になることもあったりして。
 
豚スペアリブに比べると若干小さめに見えたラムチョップは、でも1人3本の分量があって、見た目以上に食べ応えがあった。少し甘めの手作りソースも食べやすい味で悪くなく。

2018年1月17日水曜日

鶏むねの低温調理

チーズトースト
みかんゼリー
カフェオレ
だんなと息子にはソーセージや目玉焼きを出しつつ、私はチーズトーストの朝御飯。
 
体調崩していた時にだんなが買ってきてくれていたみかんゼリーも1個冷蔵庫に余っていたので、これももぐもぐ。
 
ここ最近、またふんだんに使うようになったチーズは、送料無料キャンペーン中に通販で買った「無添加こだわる大人のとろける配合」のお気に入りシュレッドチーズ。
 
微妙にチーズ同士がくっついていたり、何より1kgパックだから到着直後に小分けして冷凍が必須だったりと扱いに手間はかかるけど、高いものではないし(gあたりにするとスーパーの大手メーカーのよりむしろ安いかもしれないくらい)、本当に重宝。チーズもりもりチーズトーストの幸せさよ。
豆苗のツナあえ
低温調理鶏むね肉のねぎしょうがソース
椎茸とスナップえんどうの中華風かき玉汁
羽釜御飯
ビール(ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール 初摘みホップヌーヴォー)
 
「BAKE」のチーズタルト
カフェオレ
今日は鶏むね肉を低温調理。
 
蒸し鶏のねぎしょうがソース」を参考に、鶏むね2枚に塩胡椒して葱、生姜、胡麻油でマリネして1時間ほど火を通してみた。
 
定番のたれでまずはいただいてみましょうかねと、レシピ通りに刻み葱に生姜や塩、胡麻油を混ぜた塩だれを用意して、あとはこんもり香菜もたっぷり。
 
葉もの野菜の価格高騰がまだ続いているので、安定価格の豆苗はさっと茹でてツナ和えに。調味料はすり胡麻と醤油少々。
 
中華風かき玉汁は、せめてもとスナップえんどうと椎茸を入れて、それでもまだまだ野菜が足りないなーと思いつつ……早く春キャベツあたりがごろごろお安くなる季節にならないかしら。ていうか白菜が安くならないかしら。スーパーの白菜のカットがどんどん細分化されていく……(1/4カットどころじゃなく、ついに1/8カットまで店頭に並んでるし……)。
 
副菜は「野菜!」とそれなりに頑張ったけど、食卓の中央に鎮座ましますのは、どーんと鶏むね2枚分の蒸し鶏風メインディッシュ。
ふわっと柔らかで肉汁たっぷり、「え、これほんとに鶏むねですか?鶏むねですね?」と確認したくなるほどに美味しかった。
 
今回は冬だし、温かいうちに食べたいなと夕食のタイミングに合わせて低温調理器にかけたのもよかったのだと思う。何度か作った鶏ハムよりも満足感が高くて、これは、ちょっと、二度と「サラダチキン」買わなくていいなと思えたほどの美味しさだった。
 
夕食後は、常温で食べた昨日と違い、今度は冷蔵庫で冷やしていただいた「BAKE」のチーズタルト。常温もひんやり冷たくして食べるのも、どっちもここのタルトは美味しいです。凍らせて食べるのもまた一興で。