2018年8月18日土曜日

うどん、銀魂、焼肉

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「やわらかシロコッペ」の
 アジアンマンゴーラッシー \340
アイスカフェオレ
今朝は10時前からお出かけで、ささっとぱぱっと済ませた朝御飯は昨日だんなが出先で帰り際に買ってきてくれた、コメダの「やわらかシロコッペ」のコッペパンサンドを。
 
買うならこれをお願いしますと伝えた私のリクエストは、期間限定商品の「アジアンマンゴーラッシー」。マンゴー果肉とヨーグルト風クリームの組み合わせなんですって。
 
だんなは新商品の「ガパオ」(390円)を。
 
お互い一口ずつ交換して、「おお……けっこう辛い」「こっちは甘い」なんて言いながらもぐもぐ。
 
種類も豊富だし、フィリングもたっぷりだし、このコッペパン屋さん、けっこう好き。
実際、人気があるらしくて、このところあちこちに店舗が急増中。
 
でも、この真っ白なパンがちょっとぺたぺたした食感で(八天堂のパンの感じに似ていると言えば伝わるかな……)私はその方向よりは、昔ながらのごくごくフツーの茶色いコッペパンの方が好き。ごくごくフツーのコッペパンでこのサンドを作ってくれたら、もっとせっせと買うのになと思ってしまうのだった。
「竹清」にて
 竹清うどん(並) \590
今日は家族で映画鑑賞、昨日から公開の「銀魂2」を見に幕張イオンモールへ。
 
ここに来るなら御飯はここよねと、モール内のフードコート、我が家の定番すぎる定番「竹清」で、名物のちくわ天と半熟たまご天のトッピングされた「竹清うどん」を食べてきた。
 
かなりちゃんと高松のあの味がするんです。しあわせ。 映画の半券持っていれば大盛無料ということで、だんなと息子は大盛で。
 
刻み葱と天かすとわかめは、カウンターで乗せ放題。
熱いだしは自分で注ぐスタイルだけど、冷たいのはカウンター向こうで注いでからどんぶりを渡してくれる。
 
卵はしっかり半熟だし、他の天ぷらは揚げおきだけど、この卵とちくわは注文してから揚げてくれるあつあつだし、そしてだしはしっかりいりこの風味。ほんと、幸せ。
 
そうして、親子3人並んで見てきた銀魂は、前作以上にいけないところに踏み込んだギャグが山盛りだった。具体的にはジブリとか、ガイナックスとか。佐藤二朗は佐藤二朗でしかなかった(よき)。
 
原作のノリのシリアスとギャグの塩梅もほどよくて(アクションシーンのカメラワークとか、いまいちこなれてないなーと思うところはあったものの……監督さん、アクション畑からは遠い人だもんね)、もとより私は真選組が好きだから今作は文句なしのエピソード。「イケメンの無駄遣い」と公式が言う通りに、たいそう豪華なお祭り映画だった。
 
どうしよう、ブルーレイ出たら買っちゃおうかな。
秋葉原「万世牧場」にて
 ナムル \540
 サンチュ \518
 カルビ&牛タン大 2×\5378
 にんにくバター焼き \561
 お食事セット \540
 韓国のり \302
 ミニソフト 2×\250
 生ビール(マッスルジョッキ) 4×\810
 コーラ 2×\345
そして夕飯は肉祭り。ファミリー会員向けに自宅に届いた葉書を持って、秋葉原の「万世牧場」に行ってきた。
 
なんでも、神田駅前店がリニューアルオープンして、2階に焼肉専門店ができたのだそう。そのキャンペーンで、神田店及び秋葉原の万世牧場で、通常価格6480円の和牛カルビ三昧盛合せが3980円、通常価格9480円の和牛カルビ&厚切り牛タン大皿が4980円になるという嬉しい案内だった。
 
予約の電話を入れる時に、「これ、どちらか一品といった制限がありますか?」と聞いてみたら、どちらでも何皿でも、最初に頼まなくても追加注文でもお好きなだけどうぞとのこと。太っ腹だなおい!ということで、それはもう、たらふく食べてきた。具体的には、和牛カルビ400gと厚切り牛タン230gの計630gを、家族3人で2セット、1260gを平らげた。
 
結果、「もう暫くタン塩は食べなくていいや……」「和牛カルビも、しばらく口にしなくていいや……」と思うに至る、なんとも贅沢な事に。
 
「万世牧場」にて。このナムルのボリュームで540円は、なかなかお値打ち。 肉ばっかりじゃね、と、ナムル盛りも頼んだし、サンチュやにんにくバター焼きも注文。
 
ナムル、このボリュームで540円なら、なかなかお値打ちだと思う。
 
生ビールは「中」の上に「マッスルジョッキ」という、持ち手がマッチョマンの腕のジョッキがあって(500ml容量ですって)、だんなも私もそれを2杯ずつ。
 
どーんと和牛カルビ、400g。これが2皿あるのよ……。 そしてどーんと、お肉。
 
今日の一番上の牛タン写真と、このカルビの写真は、これで1セットだからこの倍量がテーブルに一度に来たのだった。
 
我が家で焼き肉といえば、たいていアメリカ牛の赤身っぽいところ。
脂多めの肉はすっかりご無沙汰気味だったから、「高級な味がする……」「高級すぎる味がする……」と、後半はちょっと口が疲れてしまった。牛タンはいくらでも食べられそうな感じだったのだけど。
 
それでも、レモンを多めに貰って塩レモンで食べたり、御飯と一緒にサンチュに巻いて食べたり、上質なお肉はどう食べても美味しくて、最後はだんなが男らしく残った数きれを食べてくれ、私と息子はひっそりミニサイズソフトクリームも堪能したのだった。
 
久々に焼き肉を「食べ疲れる」まで食べた夜。

2018年8月17日金曜日

渋谷で串揚げ

※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「HEART BREAD ANTIQUE」の
 とろりんチーズフランス \529 1/4個
ヨーグルト(朝食みかんヨーグルト)
アイスカフェオレ
HEART BREAD ANTIQUE」で買ってきたパンで朝御飯。
 
子供の顔くらいの巨大なサイズのチーズパン、「とろりんチーズフランス」を半分に切って魚焼きグリルで温めて、それを更に半分にしてだんなと1切れずつ。
 
とろんと溶けたチーズは、モッツァレラがベースだそうで、中には更に角切りの、ゴーダチーズも入ってるそう。チーズ感たっぷりで、これはなかなか美味しいパンだった。満足。
渋谷「串揚げ専門店 串音」にて
 プレミアム串揚げ12本と牛しぐれ煮茶漬けのコース
     \7884→\3050
今日は、6月に買ってあった、「【52%OFF/120分飲み放題】牛ロースザブトンや海老の大葉巻きなど、旬食材×熟練の職人技が生み出す珠玉の逸品《プレミアム串揚げ12本と牛しぐれ煮茶漬けのコース》サクッ、ふわっと香ばしく、音までも美味しい串揚げ」という共同購入クーポンを持って、だんなと2人で渋谷の串揚げ屋さん。
 
当時、「LUXA」のキャンペーンで、1500円分の割引券があったもので、3800円で売られていた7884円の飲み放題つきコースのクーポンが1人あたり3050円になり、それならお得じゃないかしらと買ってみたもの。
 
共同購入クーポンのお店、渋谷エリアは地雷なお店が正直多かったりするのだけれど(当たりのお店もあったけど、クレームつけるレベルに最悪な店も多い感……)東急本店すぐ近くにある「串揚げ専門店 串音」は、良いお店だった。美味しかった。
 
元の値段が7884円というのはちょっと首をひねってしまうけれど(そこそこ似た感じのプランが一休で\5700→\4950という感じだったし)、それでも3050円なら、文句は無いなと。
 
キリン一番搾りの生ビール飲み飲み、途中からは私は芋焼酎飲み飲み、がっつりたっぷり楽しんできた。
 
野菜がたっぷり食べられたのも良い感じ。 料理の内容は、
 
  • 前菜3種盛り
  • 野菜盛り合わせ
  • 季節の串12本
  • お口直しの一品
  • 牛しぐれ煮茶漬け
  • 季節のソルベ
 
という感じ。
 
海鮮醤っぽい味噌を添えた生野菜盛りと、続いてきたのは前菜3種盛り。
 
枝豆と、夏野菜の揚げ浸し、おろし生姜を添えたさつま揚げ(自家製……かな??)。
 
そしてゆるゆる、1本ずつ揚げてはカウンター上に置かれた網つきの小皿に置かれていく串揚げ。
 
こんなスタイルの串揚げはいつぶりだっていうくらい久しぶりで(串カツ田中はすごい行ってるけどねぇ……)、それぞれ「塩がお勧めです」「醤油でどうぞ」なんて言ってくれるのもありがたく。
 
卓上には粗塩、自家製ソース、だし醤油が置かれていて、他にもわさびやマヨネーズなど、好みで持ってきてもらうことができる。
野菜用にマヨネーズも貰ったのだけど、串揚げにちょっとマヨネーズつけたりするのも楽しくて、美味しい。
 
出てきたのは、12串。
 
海老の大葉巻き、ししとうの豚巻き、牛ひれ、とうもろこし、鱧、ムール貝のクリームコロッケ、淡路島産玉ねぎ、イチボ、サーモンタルタル、キス、鶏むねの柚子胡椒風味、うずらの煮卵
 
という流れだった。肉と魚介、卵に野菜とまんべんなく出てきて、好物だらけ。鱧とかサーモンタルタルとか、良かったなぁ……ほっこり揚がった玉ねぎも。
 
生姜風味の牛しぐれ煮茶漬け。 最後は鶏ささみのポン酢和えの口直しが出てきて、牛しぐれ煮茶漬け、最後のソルベは柚子味で。
 
刻み葱と刻み海苔、おろし生姜がやってきて、1人1つのだしポットも卓上に。
 
揚げ物食べてしっかりお酒飲んでのシメがお茶漬けというのはとっても嬉しい。
 
普段はおまかせの串10本、串12本のコースの他、ストップというまでひたすら揚げ続けてくれるコース(1串210円ですって)というのもあるみたい。
 
ストップ言うまで食べてみたいような、ちょっと(お会計が)怖いような。

2018年8月16日木曜日

豚肉と空心菜

「HEART BREAD ANTIQUE」の
 発酵バター パン・オ・ショコラ \237
 フランクロール \162 半分
梨(千葉県産幸水)
アイスカフェオレ
お盆ということをすっかり忘れていた昨日。
 
「……そっか、個人商店みたいなところは、お休みなんだ……?」
と、地元パルコの地下のいつもの店で、すっかすかのパン売り場を見て私は絶望していたのだった。クリームパン、買いに来たのになぁ。
 
んで、スーパーの大手メーカー製のパンを買う気にはなれずに、イオン内にある「HEART BREAD ANTIQUE」に寄って久々にこの店のパンを。チョコリングが名物の店なのだけど、正直、値段ほどには美味しくない……という、イメージ。
 
久しぶりに訪れたら品揃えも微妙に変わってて、惣菜系のパンが多くなっている印象。フランクロールはだんなと半分こするつもりで、あとはパン・オ・ショコラや巨大なチーズパンを買ってきてみた。
 
パン・オ・ショコラはもふもふ食感。水分をそれなりに含んだふかっとした生地で、チョコの分量は少々物足りなく感じる分量。可も無く不可も無く……という感じのパン・オ・ショコラだった。
んんんー……やっぱり、こう、「この店が好きなの!」という決め手にかける印象にある、パン屋さんなんだな……。
たぬき冷や奴
豚バラと空心菜の甘味噌炒め
生ハムとか昨夜の前菜盛り残りとか
羽釜御飯
ビール(サッポロラガー)
あんまり、漫画の実写映画化というのは興味が無いし見にいかないのだけれど、うっかり見に行ってしまった昨夏の「銀魂」は、すごくすごく楽しかった。大人が全力で学芸会をやりきりました……みたいな楽しさ。キャストはやたら豪華だし、ギャグが振り切れてて危険な域にいく時もある原作のあのノリがいかんなく実写化されてたし。
 
で、明日から「銀魂2」が公開で、週末に家族で見に行くべく既に映画館の席の予約までしている我が家だったりして、今日は1作目の地上波初放映。
 
「全部流すかな、あのヤバいネタ、全部」
「いや……無理じゃない?さすがに無理じゃない?ガンダムとか、ジブリとか」
 
なんてそわそわしながら、早々に帰ってきただんなも一緒に家族で夕御飯。8時に番組が始まる前までに、さらっと食べ終えることができた。
 
メインのおかずは、焼き肉用の豚バラ肉スライスと空心菜の甘味噌炒め。
 
豚肉はしっかりめに、表面に焼き色がつくまでに焼き付けつつ染み出た油は捨てて、甜麺醤と醤油と紹興酒でこっくり味に調味。肉に味を絡めた後で、最後に刻んだ空心菜をばさばさ加えて、火が通るまでささっと炒めたらできあがり。
 
空心菜といえば塩炒めかオイスターソース炒めにすることが多かったけれど、ワタナベマキさんレシピを参考に作ってみたこれ、すごく美味しかった。ビールにも御飯にも似合う。
 
あとは、半端に残っていた天かす使って、たぬき冷や奴。
絹ごし豆腐に刻みきゅうりをどっさり、その上に天かす。添えるのはめんつゆとポン酢をお好きな感じに。
 
豆腐がすごく大きなもので、「でもいいや、出しちゃえ」と一丁どかんと出したのだけど、メインのおかずより早くなくなってしまった。主に息子の功労で。
 
「息子、あれでしょ。あんた、豆腐が好きってより、揚げ玉が好きなんでしょ」
「うん。揚げ玉とめんつゆの組み合わせが好き……」
 
そんなやりとりしつつも、豆腐は豆腐でがっさー持っていくものだから、ほんと、あっという間になくなってしまった冷や奴。私、冷や奴好物だからこんなに食べてくれるならせっせと豆腐(と揚げ玉)買って来ちゃおうかしら、なんて。
 
ネットで見たところによると、この組み合わせに鰹節たんまりとか、柚子胡椒添えなんていうのも似合うそう。
 
で、お風呂は後回しにしてがっつり映画鑑賞の食後。カットシーンはそれなりにあったけど、他漫画やアニメをネタにした危ないシーンはほぼ全部流してくれた。あと、モザイクつきの勘九郎全裸素振りのシーンも普通に流れた。
 
「これ、ほんとにいいのか 絶対に手を出してはいけないところに踏み込んではいないか」
「絶妙じゃろ。絶妙~にアレしない感じじゃろ」
 
あたりの、スタジオジ〇リのパクリシーンは何度見ても面白くて。
 
いやあ、良かった良かった。明後日見に行く映画も楽しみ。